FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ASIA ASTRA



ASTRA / ASIA (1985)

01. GO
02. VOICE OF AMERICA
03. HARD ON ME
04. WISHING
05. ROCK AND ROLL DREAM
06. COUNTDOWN TO ZERO
07. LOVE NOW TILL ETERNITY
08. TOO LATE
09. SUSPICION
10. AFTER THE WAR



ギター・リストが前2作から変った本作は、エレキギターのハードさを全面に押し出した曲からスタートする。そして、彼らの世界が繰り広げられ、聴いている私たちをその世界へと誘う...。

ちょっとキャッチーな曲も入っているのだが、それは、それ...といくことで。

私の評価は、89点。やっぱり、ギターはハウさんでないと。でも曲は良い。

この作品の前の2作(前のデータが残っていたのでリンクします)
2006年4月16日の記事
2006年4月19日の記事
を作ったメンバーが再結成中...。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Al Di Meola CASINO



CASINO / Al Di Meola (1978)

1. Egyptian Danza
2. Chasin' the Voodoo
3. Dark Eye Tango
4. Señor Mouse
5. Fantasia Suite for Two Guitars
6. Casino



1978年に発表。前作「エレガントジプシー」と同様にギタープレイヤー誌で「年間ベストギターアルバム」に輝いたソロ3枚目のアルバムです。

このアルバムでも、恐怖の「弾丸ピッキング」、実に効果的な「ミュート奏法」、哀愁感あふれるきらびやかな「フレーズ」が満載されています。それでも、しっとりと感じるアルバムなんですよね~。

私の評価は80点。

雨の日は、上の写真のような感じで座って穏やかに過ごしたいもんです。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Al Di Meola ELEGANT GYPCY



Elegant Gypsy / Al Di Meola (1977)

1. Flight over Rio
2. Midnight Tango
3. Mediterranean Sundance
4. Race With Devil on Spanish Highway
5. Lady of Rome, Sister of Brazil
6. Elegant Gypsy Suite



Al Di Meola(アル・ディ・メオラ)の77年に発売されたソロ2枚目。エレクトリックディオメラの最高傑作といわれ、77年の「年間ベストギターLP」。そして彼自身も「ベストジャズギタリスト」に選ばれました。サウンドはロック寄りのフュージョン。ジャズ・フュージョンとはいうもののこのアルバムでの彼のフレーズは、メタリカル、メランコリック、スパニッシュ、ジャジー他、幅広いです。

得意の早弾きはもちろん、3.ではパコデルシアとのアコギバトル!これは強力です。

さらにワキを固めるメンバーは、ヤンハマー、バリーマイルス、スティーブガッド、レニーホワイト等、とんでもないメンバー。

4.なんて初めて聴いた時は、ひっくり返りました。

*******************************************************

本日は「七夕」という感じが全くしない夜空なので、ちょっとこじつけに記述しました。

久々に愛聴版の登場です。気合だけでは弾けないのだ、この人の曲は。

上にも書きましたが、4曲目を私が好きな「あるバンド」がかつてコピーし、びっくりさせてくれた。隠れていた時期に思い切り練習したんか...と思わずホロリ。

ま、こんなの聴く人は、最近はおらんやろな。

私の評価は85点。これはギターリスト必携のアルバムです。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA ALPHA



ALPHA / ASIA (1983)

01. Don't Cry
02. The Smile Has Left Your Eyes
03. Never In A Million Years
04. My Own Time(I'll Do What I Want)
05. The Heat Goes On
06. Eye To Eye
07. The Last To Know
08. True Colors
09. Midnight Sun
10. Open Your Eyes



そう、中学1年の冬休み。お年玉と毎月の少ない小遣いを貯めて、初めて買ったレコードがこれ(もう一枚同時に購入したのもいつかご紹介しますね)。

先日いただいた皆様からコメントの中で「BEST HIT...」や「MTV」でやたらと放送されていたASIAの"HEAT OF THE MOMENT"...これを聴きたくてレコードを買いに行ったら、無くてこれがあったんです。発売されたばっかりだったんでしょうか?(記憶があいまいです。)

「同じバンドやから絶対良いはず...」と思って買って帰り、速攻で聴きました。当時の田舎者の中学生には、強烈でした。この時から、ROCKにはまっていくことになります。ちなみに、パイオニアのシステムコンポのCMのBGMだったんですよね。

このアルバムも、スリリングな曲がたくさん詰められていて、最高!いつ聴いても良い。

私の採点は、もちろん100点!(^^ゞ

やっぱり「キミタチ、サイコダヨ~」...。

| 愛聴盤A | 23:12 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA ASIA



ASIA / ASIA (1982)

1. HEAT OF THE MOMENT
2. ONLY TIME WILL TELL
3. SOLE SURVIVOR
4. ONE STEP CLOSER
5. TIME AGAIN
6. WILDEST DREAMS
7. WITHOUT YOU
8. CUTTING IT FINE
9. HERE COMES THE FEELING



↑これ。
ドラムの人がうんぬんとか、ごちゃごちゃした人間関係だとか、色々あったバンドでしたが、やっぱり格好良いです。

透明感のあるボーカル...ライブ版では「君たちさいこだよ」とノタマワレル方ですが、こんな声を持っていたら、迷わず...。あ、「たら、れば」は無しでした!

私の評価は、90点!1曲目はともかくとして、2曲目以降が素晴らしい。今でも歌詞を覚えています。

おまけ。 ↓
 

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Al Di Meola Land of the Midnight Sun



Land of the Midnight Sun / Al Di Meola (1976)

1. Wizard
2. Land of the Midnight Sun
3. Sarabande from Violin Sonata in B Minor
4. Love Theme from "Pictures of the Sea"
5. Suite-Golden Dawn: Morning Fire/Calmer of the Tempests/From Ocean to the Clouds
6. Short Tales of the Black Forest



アル・ディ・メオラ(Al Di Meola)は、知る人ぞ知るギターリスト。20歳前半に既に彼の演奏技術は完成されていました。

このアルバムには、キーボードがチックコリア、ベースがスタンリークラーク、ジャコパストリアス、ドラムにスティーブガッド、レニーホワイトらの大物ミュージシャンが多数参加しています。

サウンドは、ディメオラ弾きまくりのものから、アコギをつまびくもの、ジャジーなもの、クラシックのカバー等々、バラエティに富んでいます。ディメオラ20代のアルバムだけに、若さ溢れるエネルギッシュな演奏となっています。

最近の「音」に飽きてきた方にお奨めのアルバム(?)です。私の評価は80点。

時々無性にこれが聴きたくなります。聴きながら「こんなに弾けたら楽しいやろうなぁ...。」と思いますが、私がギターを手にすると「ギュイーン。」(笑)

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |