PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DAMN YANKEES DAMN YANKEES

Damn Yankees

DAMN YANKEES / DAMN YANKEES (1990)

01. Coming Of Age
02. Bad Reputation
03. Runaway
04. High Enough
05. Damn Yankees
06. Come Again
07. Mystified
08. Rock City
09. Tell Me How You Want It
10. Piledriver

本日は私のCDコレクションから。知る人ぞ知るTed Nugent(Vo. G.)、STYX(「ドモ、アリガット、ミスターロバット」のバンド)のTommy Shaw(Vo. G.)、Night RangerのJack Blades(Vo. B.)、そして当時日本では知られていなかったMichael Cartellone(Drs.)の4人で結成された強烈なバンドでした。だって3人も歌えるんですよ...しかもステージの真中で!

このバンドでは約3年間しか彼らは活動しませんでした(Tedはソロ活動へ逆戻り、TommyとJackは自分のバンドの再結成へと動いて行きます)が、良い曲を残しています。4曲目は日本でもあるジーンズメーカーのCMに使われたりしたようですね。

で、例のサイトから、このアルバムの1曲目"Coming Of Age"。



やっぱり"High Enough"? 最後の牧師さんに注目...。




| 愛聴盤D | 23:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお、これは俺も今でも愛聴してるよ!

しかしスゴいメンバーだよねぇ、まさにオールスター。

俺の中ではBon JoviやVAN HALENなんかよりこういうバンドの方がずっとアメリカ的なイメージが強くてめちゃめちゃ大好きです。

こういうのを聴くとオッサンバンド結成したくなってくるね〜。

---

♪ ヘイ ヘイ あほなヤンキー ♪

♪ オイ あほなヤンキー ♪

---

| Ken | 2008/01/16 19:11 | URL | ≫ EDIT

追伸

こんな牧師さん、おらんやろ〜

          by 大木こだま師匠

| Ken | 2008/01/16 19:15 | URL | ≫ EDIT

「おやじバンド」よりも

「オッサンバンド」の方が響きがいいですねぇ。年末に某日本国営(?)放送の番組で「~バトル」かやってましたが、格好良いことしてるのに、私が「格好悪いなぁ~」という印象を感じたのは「おやじ」の響きからかもしれません。

閑話休題。直訳したら笑えますが、日本で書くと別の意味での「ヤンキ~」から叩かれますぜ。

"Coming Of Age" も最後、意味深ですしねぇ...(恥)。

| きよっさん | 2008/01/16 23:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/692-f3a94640

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT