FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

STEVE PERRY STREET TALK

Street Talk

STREET TALK / STEVE PERRY (1984)

01. Oh Sherrie
02. I Believe
03. Go Away
04. Foolish Heart
05. It's Only Love
06. She's Mine
07. You Should Be Happy
08. Running Alone
09. Captured by the Moment
10. Strung Out

*******************************************************

発売年を見てびっくり。もうそんなになるんや。そういえば、この人、今年で57歳。うわ~。

渋いデザインのこのアルバム、知らず知らずに手にとってプレイヤーに乗せてしまううちの一つだ。

Journeyというバンド...最近も「海猿」という映画の主題歌?に"OPEN ARMS"が採用されていたようだが、名前を知らなくても歌声を聴いたら「あぁ、聴いたことがあるなぁ」というだろう。

このアルバムは、ラブソングで一杯だが、こんな声で歌われたら男の私でさえ、ドキッとしてしまう。

一番最後の10曲目、 Strung Outが一番好きだ。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんな記事書くから....

夜中に引っぱりだして聴いてしまったやんか。

いろんな意味でのラブソングが一杯ですな、このアルバムは。
私は一時期「Running Alone」を自分のテーマ曲にしていました(笑)。

あと何度聴いても必ず涙するのが「Captured By The Moment」....。
時代の移り変わりを歌った歌ですが、この歌を歌った彼自身ですらそろそろ「伝説の...」という年齢になりつつあるのが時の流れの早さを感じさせ、自らの年齢も重ね合わせつつ涙が(苦笑)....。

 過去の魔法のあの一瞬にとらえられ
 あの時代にこだわり続け
 決して色あせないことを僕は祈る
 あの頃の魔術の、あの瞬間の虜になって....

「彼」の「あの頃」が60年代なら、私にとっての「あの頃」は「彼」等がメインストリームにいた80年代...ここに歌われているジャニスやジミやオーティスにあたる存在が「彼」等...涙のワケはそういうコトです。

いやぁ、なんか久々に噛み締めたいい言葉なのでブログのタイトルバックに入れとこう。。。

| Ken | 2006/05/21 04:42 | URL | ≫ EDIT

夜中に聴くのは

>Kenさん

やっぱりMen At Workでしょう(夜中関係で)。
う~ん、Running Aloneがテーマ曲?渋すぎです(笑)。

「良いもの」は何時までも変わらないもの。そして、何時までも失いたくないもの。

そんな「良いもの」に、これからどれだけ出会えるでしょう?

| きよっさん | 2006/05/21 23:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/216-7069273e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT