PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ランディ治療日記(その3)

DSC04093.jpg

2013(平成25)年5月12日16時43分、ランディ永眠。記録として残しておく。

**************************************************************************************

5月3日(金)~5日(日)獣医休診。(何かあれば連絡するとのことだったが、連絡なし。)

5月6日午後獣医へ。状況変わらず。静脈点滴を施すも、一時は血中のナトリウム濃度下がるが、止めると上がる状況。退院できず。

5月7日午後獣医へ。静脈点滴に薬追加で、血中ナトリウム濃度劇的に下がる。ただし、餌を食べないので退院できず。

5月8日獣医休診。

5月9日午後獣医へ。血液成分はほぼ正常値になるも、動かない状況。ただし、呼びかけると尻尾を振って返事する。退院できず。

5月10日午後獣医へ。昨日と変わらない状況。退院できず。

5月11日午後から獣医が休診のため、午前中に獣医へ。横たわっているが、鳴いて返事する。退院できず。

5月12日午前10時30分、獣医より電話。心臓止まる。「胃ろう」の際に急変。獣医の救命措置により回復。その際、返事をする。一時帰宅するが、その後に意識混濁状態に陥った様子。

****************************************************************************************

長い間、本当に辛抱したね。今頃は、ランディが大好きだったミミのそばにきっといるハズ。

| ランディ治療日記(猫腎不全) | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1950-c8f3017c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT