PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Canon PIXUS iP4200 分解掃除?

しばらく前から、インクジェットプリンターは キヤノンの"PIXUS iP4200" という機種を使っているが、最近、印刷すると用紙の縁が黒インクで汚れてしまう症状が出始めた。

気にならないと言えば気にならないのだが、一度、目にするとどうしても気になってしまう...そんな汚れである。

印刷ヘッドが用紙にこすれ、印刷ヘッドに余分についているインクが用紙に付着しているのだろうと思っていたので、いつかは掃除してやろうと思っていたのだが、ようやく本日、インクカートリッジを交換するついでに行った。今回は、プリンター本体の外側のカバーを開けることにした。

(※ 下記を読み、自信がない、また、無理だと判断されたなら、カバーを開けるのはやめること。カバー内部のツメが破損したり故障することは必定。樹脂は寒い時期にすぐ割れてしまうので、寒い時期にも止めた方が良い。)

とりあえず、どこからカバーを開けたらよいのか...検索したら情報がどんどん出てくる。ちょうど、今年になってこういう作業を行った方が多く掲載されている。

iP4200_5.jpg

インターネットには↑のような整備マニュアルもPDFで掲載されている。下記の数種類の写真は上記マニュアルからの掲載(ちなみに"PIXMA"はアメリカでの呼称だそうだ)。

まず、本体裏側と本体側面の青丸で囲んだ部分にある細長い穴にドライバーのようなものを突っ込み、内部のツメを緩める。

iP4200_2.jpg
iP4200_3.jpg
iP4200_1.jpg
iP4200_4.jpg


左右、同時に行うよりは片方から始めた方が良いだろう。本体正面から見て右側手前には、スイッチ部分、ふた開閉センサースイッチがあるので、この部分のカバーを強引に引き抜くとスイッチが壊れてしまうかもしれない。まず、左から始めること。それもゆっくり少しずつ。隙間が空いてきたら、ものさし等をねじ込み、てこの原理で開けていく(私は、クルマ用の「パネルはがし」というツールを使用した)。

上記3枚目の写真のところが、一番分かり辛い(4枚目は左側の接写)。右側部分にもセンサースイッチがあるので注意する。

カバーを外し、インクで汚れているところを確認し、綿棒、ぼろ布、そして無水エタノールで拭く。印刷は無水エタノールが十分乾燥した後に行うこと。

DSC03490.jpg

ちなみにインクヘッドの取り外しは、インクカートリッジを全て取り外した後、下記写真の左側にある灰色の取っ手を上に押し上げた後、取り外すことができる(今回、初めて取り外した)。

DSC03489.jpg

清掃後、取り外した順番の逆に取り付けていく。カバーは前部から始めた方が良いだろう。USB端子がある本体右側後部にも注意する(本体カバーと別パーツ)。

きちんとカバーをセットしたことを確認後、電源ケーブル、USBケーブルをつないでPCからテスト印刷、インクヘッド調整を行って、印刷状態を確認して終了だ。

今回の段階では印刷が綺麗になったが、果たしていつまでもつか...。

ちなみに、私は過去数回、各社から発売されている「互換カートリッジ」を購入し印刷していたことがあった。出来の悪い製品に当たったのだろうか、その互換カートリッジ(会社名は忘れた)を2回目に購入した際、インクが半分以上残っているのにも関わらずインクがかすれて印刷できなかったこと、そして、1つの色のタンクからインクが漏れて、内部のローラー付近が汚れてしまい大変な目にあったことから、ちょっと高いが純正のインクカートリッジを使用している。これからもこんな状態が続くのだろうか...。

| PC関連 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1926-1e1f7aa6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT