PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Ibanez 540S メンテナンス (5WAY スイッチ交換)

ずっと使っていた"Ibanez 540S"というギター。昨夜、ジャックがゆるんでいたのに気が付いたので、そのゆるみを締めるため、ボディの裏にある回路のところのふたを開き、ねじを締めた。

それと同時に、スイッチやらボリューム等の接点をきれいにしようと、接点洗浄剤を吹き付け、カチカチ...。

DSC02094.jpg

洗浄剤が乾いたところで、音を確かめるためにアンプにつないで音を鳴らした。すると、ピックアップを変えたにもかかわらず、音が変わらなかった。

確認すると、5WAY スイッチ(DM-50)の端子が全く動かない状態になっていた。精密ドライバーの先で、端子を動かしてみた...。

すると、黒い部品が落ちてきた。

DM-50_03.jpg

※↑左の写真の赤い矢印がそれだ。右側が新品のスイッチ(DM-50)。

20年ほど使っているので、壊れて当然といえば当然だ。

本日、大阪日本橋のある電子パーツ店で購入し、交換...。店にちょうど1個しかなかった。

DSC02095.jpg

何だか余計なものも買ってしまったような気がする。(笑)

元のスイッチの配線をメモし、半田ごてで作業。その前に新しいパーツ(DM-50)の必要のないもの(ねじとノブ・写真の矢印のもの)を外しておく。これらは、いつか(本当にいつになるだろう?)使うかもしれないので、保管した。

DM-50_02.jpg

その後、故障したスイッチの配線を全て取り外し、スイッチもギターから取り外して新しいスイッチと交換。配線を半田。そんなに時間はかからなかったのだが...。

ここでまたやってしまった。

新しいスイッチを取り付け固定する際に、ねじを締めすぎたのか、あるいはパーツが弱っていたのか、ねじ穴周辺が少々、割れてしまった。

540S_01.jpg

当然、交換部品はないのでこのパーツを外し、裏から接着剤を塗って、これ以上、割れないように加工?した後、取り付けた。パッと見た感じは、気にならない程度だが...。ちょっと、ショック。

540S_02.jpg

忘備録として、下記に配線のメモと写真を残しておく。

540s_03.jpg

そうそう、ついでに本日購入したパーツはこうなった。もう1本のギターのつまみは、元がこうだった。↓

DSC02096.jpg

交換。

DSC02097.jpg
DSC02099.jpg

なんだか、野暮ったいような感じだが、まあ、これでしばらくいこう。ちなみに、「ミリサイズ」のつまみ。

| GUITAR | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1889-b9de32b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT