PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その64 Revison E 5・6ページ)

ReE56.jpg

(ページ5・6)
・VALUEVELOCITY: メッセージの種類に応じて選択できるオプションです。
 ・VALUE(CC): 信号の種類が「CC(コントロールチェンジ)」の時、ここで設定した数値が送信されます(000から127の範囲で)。EXP1EXP2コントロールを設定している際は、ここではペダルの最大値を設定することができます。
 ・VALUE(CC Toggle): 信号の種類が「CC Toggle(コントロールチェンジ・トグル)」の時、000か127の範囲で選択できます。つまり、それぞれ「ON」か「OFF」を選ぶことになります。クリックするごとに、交互に信号を送信します。
 ・VELOCITY: ノート信号をヴェロシティー値として、000から127の範囲で設定できます。
 信号のタイプが「Prog Change」か「Bank Change」の時以外は、利用できません。

・MIN VALUEMAX VALUE: フットスイッチを設定する箇所において、EXP1EXP2が選択されている際には、この2つのノブが利用可能となります。MIN VALUEでは、ペダルを戻した時(かかと部分が最下部の時)の数値を、また、MAX VALUEでは、ペダルを踏み込んだ時(つま先部分が最下部の時)の数値を設定できます。MIN VALUEで000、MAX VALUEで127と設定すれば、ペダルで設定できる変化範囲の最小値から最大値を設定することとなります。

MIDI設定が終了したら、必ずプリセットを保存しておきましょう。



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1859-39578061

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT