PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その59 Revison E 5・1ページ)

ReE51.jpg

(ページ5・1)
フットスイッチとコントローラーの設定

この章では、コントローラー・ビュー・パネルについて解説します。このパネルでは、POD HD500プリセットで使用するペダルコントローラーとフットスイッチの割り当てを設定することができます。加えて、あなたのPOD HD500本体のフットスイッチとペダルにMIDIコントローラーとしての機能、つまり、POD本体からMIDI信号を他のMIDI機器を制御するために送信するために割り当てを設定することができます!

コントローラー・オプションとフットスイッチ・オプション

ReE51_2.jpg

ここでは、今表示しているプリセットのアンプモデル、エフェクトモデルにオン・オフ・スイッチを割り当てたり、各種設定値を演奏時に変更できるよう、ペダル・コントローラーを割り当てることができます。この画面では、POD HD500本体の「コントローラー割り当て画面」と同様のことができます。「FOOTSWITCHES」表示部では、一目で確認できるようFS1からFS8の状況がオン・オフの状況も含めて表示されています。この部分であるFSボタンをクリックすると、それに対応する本体のFS1からFS8のスイッチを押したことと同じです。これらの設定については下記のとおりになります。

フットスイッチにエフェクトモデル、アンプモデルを割り当てるには

保存されたプリセットを読み込むか、あるプリセットにアンプモデルやエフェクトモデルを追加することからはじめます。ここでは、Dynamics-Boost CompエフェクトモデルをFS1スイッチに割り当て、フットスイッチを通じてオン・オフできるように設定します。

注)POD HD500本体にあるフットスイッチFS5からFS8は、「ペダルボード・モード(各ボタンに割り当てられたモデルをオン・オフできるモード)」か「プリセット・モード(このボタンを使いバンクABC、あるいはDを呼び出すことができるモード)」としても使用可能です。POD HD500本体で「Setup:Utilities」画面で確認してください。

「CONTROLLERS」表示部では、各設定窓が空の状態で表示されています。これが、各モデルを割り当てる前の基本状態です。

42_2.jpg



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1853-2b51c1d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT