PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その55 Revison E 3・8ページ)

ReE38.jpg

(ページ3・8)
DT50・アンプ・コントロール
ReE38_2.jpg

アンプパネルのこの部分には、DT50コントローラーがアンプA用とアンプB用にそれぞれ設定されています。コントローラーのそれぞれは、選択したアンプモデルでのDT50アンプの真空管パワーアンプ位相パラメーターを設定する際に用いることができます。ここで設定したものは各プリセットに保存されますが、POD HD500本体をL6 LINKを経由してLINE6 DT50アンプと接続しなければ利用できないことに注意してください。(*)

(*)このDT50用設定は、L6 LINKを使って接続したDT50アンプで利用できるパワーアンプ位相設定です。POD HD500のアンプ/プリアンプモデルの「音」と「設定」の信号は、ミキサービューにおけるL6 LINKオプションを用いることで、それぞれ設定されたDT50に入力されます。詳細は「L6 LINK オーディオとコントロール・オプション」(4・2ページ)をご覧ください。

・新しいアンプ/プリアンプのモデルを選択したとき、LINE6でモデリングしたそれぞれのアンプに合った基本的設定をここで設定できる3つの箇所に呼び出します。当然、DT50パネルではこれらの設定を変更することは可能です。あなたのDT50アンプから基本的設定とは全く違うアナログパワーアンプの位相の組み合わせを引き出すことができます!
クラス・スイッチ-DT50パワーアンプをクラスA、あるいはクラスA/Bに設定するトグルスイッチです。
位相調整セレクター-他のパワーアンプ回路設定と同様にDT50ネガティブ・フィードバック・ループ・トポロジー・タイプI,II,III,IVを選択してください。
真空管モード・スイッチ-DT50のパワー真空管(3極管、5極管のいずれか)を選択してください。

このようなDT50アンプとL6 LINK接続の設定についてのより詳しい文書、POD HD - L6 LINKに関する他の文書は http://line6.com/support/manuals/ にて入手できます。

37_2.jpg



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1849-0318314c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT