PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その47 Revison E 2・8ページ)

ReE28.jpg

(ページ2・8)
・パスA(経路A)におけるアンプ・ブロック(「アンプA」と呼びます。)は、上の図で示されるように、「プリ(前部・前の位置)」あるいは「ポウスト(後部・後ろの位置)」を左右に移動させることができますが、(デュアル・アンプ設定で)パスA(経路A)からアンプAをひとたび経路Aの外に移動させてしまうと、自動的にアンプBがパスB(経路B)から消える設定になっています。また、アンプAをパスB(経路B)に移動させることはできません。

・アンプ・ブロックはパスA(経路A)あるいは、パスB(経路B)の中以外には設定できません(ただし、エフェクト・ブロックをパス(経路)にあるアンプ・モデルの前後に設定することは可能です)。また、アンプBはパスB(経路B)の中以外に設定することはできません。

メニュー・コマンド

ソフトウェアのメニュー・コマンド(画面の左上にあるメニュー)とその機能について説明します。マッキントッシュのシステムとウィンドウズのシステムでは下記のように多少違う部分があります。

POD HD500 Edit (このメニューはマッキントッシュのみに表示されます。)

About POD HD500 Edit-接続した本体とソフトウェアのバージョンを記載した説明ウィンドウを表示させます。
Quit POD HD500 Edit-ソフトウェアを終了します。

File (POD HD500 プリセットファイルの保存方法、開き方 1・4ページも合わせてご参照ください。)

Open-あなたのコンピュータに保存されているPOD HD500 Editプリセットファイル(拡張子.h5e)をソフトウェアに読み込みます。
Save As-読み込んだPOD HD500 Editプリセットファイル(拡張子.h5e)を他の名前を付けて保存します。
Open Bundle-あなたのコンピュータに保存されているPOD HD500 Edit「バンドル」ファイル(拡張子.h5b)をソフトウェアで読み込んでいる全てのプリセットに置き換えて読み込みます。
Save Bundle As-読み込んだPOD HD500 Edit「バンドル」ファイル(拡張子.h5b)を他の名前を付けて保存します。
Open Set List-あなたのコンピュータに保存されているPOD HD500 Editセットリスト・ファイル(拡張子.h5s)を今現在の読み込んでいるセットリストとそのプリセットに置き換えて読み込みます。
Save Set List As-読み込んだPOD HD500 Editセットリスト・ファイル(拡張子.h5s)を他の名前を付けて保存します。
Exit (Windows only)-ソフトウェアを終了します(Windowsのみ)。

Help
POD HD500 Edit Help-この文書(パイロット・ガイド)をPDFファイルとして開きます。
Online Help-ウェブブラウザを起動し、Line6のコミュニティ・サイトの画面を開きます。そこには、追加文書、度々聞かれる質問、ユーザーフォーラム、技術サポート、最新ニュースなどがあります。
CustomTone.com-ウェブブラウザを起動し、Line6のCustomToneサイトの画面を開きます。そこでは、世界中のLine6ユーザーが作成したプリセットファイル等が保存されており、あなたも保存することができます。
About POD HD500 Edit (Windows only)-ソフトウェアと接続されたPOD本体のバージョンが記載された説明ウィンドウを開きます(ウィンドウズのみ)。



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1841-049bad67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT