PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その43 Revison E 2・4ページ)

ReE24.jpg

(ページ2・4)

平行した信号の流れA&B:上の信号の流れはA経路で、下はB経路です。エフェクトとアンプ・ブロックをお互いの経路に移動させることや、上下を「平行に」全く同じ流れにすることも可能です。この手引書の他の章で、この部分について説明したいと思いますが、経路A&Bについていくつか説明します。

・2つのアンプを使うには、アンプ・ブロックを経路Aに移動します。すると、自動的にアンプBが経路Bに追加され、アンプBを選択することが可能になります。

・8つのエフェクト・ブロックは、どれでも経路A、あるいは経路Bに置くことができ、アンプ・ブロックを経路に設定した後、前に置くこともできます。

・POD HD500の入力1は経路Aに信号を流し、モノラルエフェクトがプリ・ポジションに挿入されないと、入力2は経路Bに信号を流します。モノラルエフェクトは、2つの入力信号をモノラルにし経路Aと経路Bに均等に流すことになります。(ページ2・2に掲載されているインプット・セレクターを参照してください。)全てのエフェクトとアンプ・ブロックをこの経路から取り去ることができますが、経路は残っていますので、常にミキサー・ブロックに信号は流れています。

・経路Aと経路Bの出力信号の大きさと出力方向(左右)をそれぞれ別々に調整するために、ミキサー・ブロックを使用してください。(ページ4・1の「ミキサー・ブロックとVariaxオプション」もご参照ください。)

ポウスト・ポジション(後ろの部分):ミキサー・ブロックの右側は、「ポウスト・ポジション」と呼びます。この部分にエフェクト・ブロックを設定することは、アンプ・ブロックの後ろに設定することになります。(もちろん、アンプ・ブロックをこの部分に置くことができますが、後部の最初に置かれます。)

このパネルで利用できる全ての機能の詳細については、ページ2・5の「シグナル・フロー・ビューの特徴」をご参照ください!

5.エディット・パネル
GUIのほぼ中央部分には、4つのボタンが配置され、FX(エフェクト構成・調整画面)、アンプ(アンプ設定画面)、ミキサー(音声出力調整画面)、セットリスト(セットリスト確認画面)を切り替えて表示することができます。

24_1.jpg



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1837-0ef37e54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT