PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その36 Revison E 1・3ページ)

ReE13.jpg

(ページ1・3)
「OK」をクリックすると、POD HD500 Editソフトウェアを「オフライン・モード」で起動することができます(ページ1・6を参照してください)。USBでPCとPOD本体を接続するか、あるいは接続していたが、POD本体に電源が入っておらず、電源を入れた場合、POD HD500 Editソフトウェアは、POD本体にあるプリセットデータを読み込むかどうか確認します。

7.jpg
プリセットデータを受信するか促す画面

POD本体をPCと切り離すか、POD本体の電源を切れば、PCの画面に下記警報が点滅し、POD本体との接続が切れたことをソフトウェアの中で表示します。本体を再接続すると上記「プリセットデータを受信するか促す画面」が表示されます。「Yes」をクリックすると、本体内部メモリーから全てのプリセットデータを読み込みます。また、「No」をクリックすれば、プリセットを読み込まないで作業を続けることができます。

8.jpg
POD本体とPCが切断された表示

POD HD500 Edit オフライン・モード

場合によっては、保存したセットリストなど、POD本体に読み込むことなく設定を変更したり、名前を付け替えたり、順序を変更したりしたいかもしれませんが、問題ありません。POD本体を接続せずにPOD HD500 Editソフトウェアを起動させます。そうすれば、下記のようにソフトウェアが「オフライン・モード」で起動するというお知らせが画面に表示されます。「OK」をクリックすれば、ソフトウェアが起動します。

9.jpg
「オフライン・モード」お知らせ画面

「開く」をクリックし、お好みのプリセットなどを選択し、お好みに応じて編集した後、コンピューターに保存してください。POD本体を接続した後、POD本体にそのデータを読み込ませることだできます。一度保存したプリセットを開き、「セーブ・パネル」にある「送信」機能を使い、PCからPOD本体にデータを送信してください。



Revison Eの 目次 はこちら。

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1830-7fdaeaba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT