PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide" 翻訳に挑戦(その33 Revison E 表紙・目次) 

"POD HD500 Edit Pilot's Guide"の"Revision E"(改訂版 E)がしばらく前に入手できるようになったのと、修正しようという気になってきたので、追加掲載していきたい。が、いつまで続くか、自分でもよく分からない。

POD HD500 Edit Revision E 00

【表紙】
LINE6

POD HD500 Edit

導入手引書

"POD HD500 Edit"ソフトウェアの特徴と機能についての利用者手引書



POD HD500 Edit Revision E 01

【ii】(表紙の裏側)

目次

作業の流れ 1・1
どういう利点があるのか? 1・1
作業の流れ・概要 1・1
コンピューターとの接続性 1・2
POD HD500 Edit-オフライン・モード 1・3
ダイナミックDSP 1・4
POD HD500 プリセットファイルの保存方法、開き方 1・4
POD HD500 -ルーパーの機能 1・6
MIDIコントローラーとしてPOD HD500を使う 1・6 (改訂版Dと違う部分)

グラフィカルユーザインターファイス(GUI)概要 2・1
シグナル・フロー・ビューの特徴 2・5
メニューコマンド 2・8

FX(エフェクター)とアンプの編集 3・1
FX(エフェクター)エディットパネルの使い方 3・1
アンプ・エディットパネルの使い方 3・5

ミキサ・ビュー 4・1 (改訂版Dと違う部分)
ミキサーブロックとヴァリアックス・オプション 4・1
L6リンク オーディオ・オプションとコントロール・オプション 4・2
テンポ同期・追従オプション 4・3

フットスイッチとコントローラーの設定 5・1 (改訂版Dと違う部分)
コントローラーとフットスイッチのオプション 5・1
MIDI割り当てオプション 5・4

セットリストとプリセット 6・1
メイン・プリセット・パネル 6・1
セットリスト・ビュー・パネル 6・2

Line 6 Monkeyとその他 7・1
"Line 6 Monkey"の使い方 7・1
その他 7・2

「Line 6」「POD」「DT50」「CustomTone」「Variax」「L6 LINK」「Line 6 Monkey」はLine 6社の登録商標です。その他全ての製品の名前、登録商標、アーティストたちの名前は、それぞれの所有者の財産であり、Line6社と関連あるいは提携しているものではありません。

著作権表示 2011年 Line 6社



各ページへのリンクは下記から(翻訳が完成した後にリンクします)。

1・1
1・2
1・3
1・4
1・5
1・6

2・1
2・2
2・3
2・4
2・5
2・6
2・7
2・8

3・1
3・2
3・3
3・4
3・5
3・6
3・7
3・8

4・1
4・2
4・3

5・1
5・2
5・3
5・4
5・5
5・6

6・1
6・2
6・3

7・1
7・2

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

DTMのソフトですか? 英語を見ただけで拒否反応が。。。(笑)

| ノロッチ | 2011/06/27 21:50 | URL |

拒否反応ですか?(笑)

DTMのソフトの範疇に入りますね。ハードウェア(楽器
を制御するソフトウェアでしょうか?

難しいような感じですが、やっぱり、難しいです。(笑)

| きよっさん | 2011/06/27 22:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1827-ddd7344f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT