PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide 翻訳に挑戦(その26 ページ 4・4)

注)普段、翻訳に携わっていないので間違い等があると思うし、自分のためだけに、しかも、時間のある際にやるのであって、いきなり全ページ完全に完成させたりすることはなく、また、途中で飽きてやめてしまうかもしれない。また、どこからもこれをしたからと報酬をいただいているわけでもなく、これからいただくつもりもないことを申し添えておく。文句があれば、私に直接伝えてほしい。

44.jpg


モデルそれぞれが最大1つのフットスイッチに割り当てられることができるということである点に注意してくだい。言い換えれば、現在あるフットスイッチに割り当てているモデルを選択し、フットスイッチメニューに表示されているフットスイッチとは別のフットスイッチに割り当てると、そのモデルは新しく選択されたフットスイッチに割り当てが移動するということになります。

プリセットにフットスイッチに割り当てたら、一旦プリセットを保存しておきましょう!

エフェクトパラメーターとアンプパラメーターをペダルコントローラーに割り当てるには

何百というアンプとエフェクトモデルの設定値の中から選択して、POD HO500のEXP1あるいはEXP2ペダルそれぞれに割り当てることが可能です!変更したいプリセット(演奏中、EXPペダルで調整したい設定値を含むプリセットです)を読み込むことから始めましょう。

注)POD HD500本体につけられているペダルは、EXP1あるいはEXP2でコントロールすることができます。また、外部ペダルを「PEDAL2」入力に接続した場合、本体のペダルはEXP1に、外部ペダルはEXP2に割り当てられます。詳しくは、POD HD500取扱説明書をご覧ください。

・最初に、ペダルで調整したい調整値を選択します。「CONTROLLERS」部をクリックしてください。現在読み込まれているプリセットに使われているモデルが、「MODEL」メニューをクリックするとリストに並んで表示されます。ここでは、「Delay」・「Tube Echo」エフェクトモデルの「MIX」パラメーターをEXP1で調整する設定を説明します。
44_1.jpg

・モデルを選択した後、「PARAMETER」メニューをクリックしてください。ここで、設定できる設定値がリストで表示されます。ここでは「MIX」を選択します。
44_2.jpg

・次に「CONTROLLER」メニューで、EXP1あるいはEXP2のうちから割り当てたいペダルコントローラーを選択します。ここでは、すでにEXP1あるいはEXP2に割り当てられているものを「OFF」に変更し、ペダル調整できなくすることもできます。
44_3.jpg



目次はこちら

| LINE6 POD HD500 Edit Pilot's Guide "JAPANESE" | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1709-a4f9baa3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT