FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ここ数日読んだ本

友人が、Twitterで私には懐かしい本を最近読んだと呟いたので、以下4冊の本を読み返してみた...。

高校時代に読んだ本で、何気に書店で表紙が格好良かったので買ったのだったが、これがまた面白かった。航空機サスペンスものだ。筆者は、当時現役航空機パイロットであったThomas H. Block。

超音速漂流 (文春文庫)
超音速漂流
(原題:MAYDAY)
あらすじは、アメリカ軍が試作ミサイルの実験中にその試作ミサイルが航空機に当たり...というもの。航空機内の描写が凄く、登場人物を引き立てている。現在、改訂されて終わりが変わっているらしい。

亜宇宙漂流 (文春文庫 (275‐20))(原題:ORBIT)
超音速航空機が、何故か大気圏を飛び出してしまって衛星軌道をまわる...その飛行機は一体どうなる?というお話。これも登場人物の間のやりとりが面白い。

盗まれた空母 (文春文庫 (275‐22))(原題:FORCED LANDING)
上、2つから少し離れて、今度はテロリストのような盗賊が登場。綿密に計画されたハイジャック(実は金塊を奪うだけ)が、映画のように見事に失敗するお話。飛行機が登場するのは退役空母に強行着陸する部分まで。

影なきハイジャッカー (文春文庫)(原題:SKYFALL)
ハイジャックものだが、中国軍が犯人。これにアメリカの国務長官の私欲がからんで、飛行機に乗っている乗客の運命は一体どうなるの...というお話。

20数年前に読んだきりだったため、話の筋は忘れていたが、一気に読めたのは1作目だけ。あとの3冊は、最初と最後が面白いが中身がダルイ。そんな感じ。でも、全体を通すと面白いと思う。

| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kiyoshinakano.blog9.fc2.com/tb.php/1525-8d721461

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT