2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

≫ EDIT

ワンコの散髪

久々にワンコ。我が家のギンタロウとルルの見た目がかなり貧相になってきたので、9月29日(土)にペットショップで体毛を整えてもらった。

DSC03555.jpg
↑ギンタロウ

DSC03556.jpg
↑ルル

見た目、すっきり痩せたように見えたので体重を量ってみたが、変わっていなかった...。

| | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Canon PIXUS iP4200 分解掃除?

しばらく前から、インクジェットプリンターは キヤノンの"PIXUS iP4200" という機種を使っているが、最近、印刷すると用紙の縁が黒インクで汚れてしまう症状が出始めた。

気にならないと言えば気にならないのだが、一度、目にするとどうしても気になってしまう...そんな汚れである。

印刷ヘッドが用紙にこすれ、印刷ヘッドに余分についているインクが用紙に付着しているのだろうと思っていたので、いつかは掃除してやろうと思っていたのだが、ようやく本日、インクカートリッジを交換するついでに行った。今回は、プリンター本体の外側のカバーを開けることにした。

(※ 下記を読み、自信がない、また、無理だと判断されたなら、カバーを開けるのはやめること。カバー内部のツメが破損したり故障することは必定。樹脂は寒い時期にすぐ割れてしまうので、寒い時期にも止めた方が良い。)

とりあえず、どこからカバーを開けたらよいのか...検索したら情報がどんどん出てくる。ちょうど、今年になってこういう作業を行った方が多く掲載されている。

iP4200_5.jpg

インターネットには↑のような整備マニュアルもPDFで掲載されている。下記の数種類の写真は上記マニュアルからの掲載(ちなみに"PIXMA"はアメリカでの呼称だそうだ)。

まず、本体裏側と本体側面の青丸で囲んだ部分にある細長い穴にドライバーのようなものを突っ込み、内部のツメを緩める。

iP4200_2.jpg
iP4200_3.jpg
iP4200_1.jpg
iP4200_4.jpg


左右、同時に行うよりは片方から始めた方が良いだろう。本体正面から見て右側手前には、スイッチ部分、ふた開閉センサースイッチがあるので、この部分のカバーを強引に引き抜くとスイッチが壊れてしまうかもしれない。まず、左から始めること。それもゆっくり少しずつ。隙間が空いてきたら、ものさし等をねじ込み、てこの原理で開けていく(私は、クルマ用の「パネルはがし」というツールを使用した)。

上記3枚目の写真のところが、一番分かり辛い(4枚目は左側の接写)。右側部分にもセンサースイッチがあるので注意する。

カバーを外し、インクで汚れているところを確認し、綿棒、ぼろ布、そして無水エタノールで拭く。印刷は無水エタノールが十分乾燥した後に行うこと。

DSC03490.jpg

ちなみにインクヘッドの取り外しは、インクカートリッジを全て取り外した後、下記写真の左側にある灰色の取っ手を上に押し上げた後、取り外すことができる(今回、初めて取り外した)。

DSC03489.jpg

清掃後、取り外した順番の逆に取り付けていく。カバーは前部から始めた方が良いだろう。USB端子がある本体右側後部にも注意する(本体カバーと別パーツ)。

きちんとカバーをセットしたことを確認後、電源ケーブル、USBケーブルをつないでPCからテスト印刷、インクヘッド調整を行って、印刷状態を確認して終了だ。

今回の段階では印刷が綺麗になったが、果たしていつまでもつか...。

ちなみに、私は過去数回、各社から発売されている「互換カートリッジ」を購入し印刷していたことがあった。出来の悪い製品に当たったのだろうか、その互換カートリッジ(会社名は忘れた)を2回目に購入した際、インクが半分以上残っているのにも関わらずインクがかすれて印刷できなかったこと、そして、1つの色のタンクからインクが漏れて、内部のローラー付近が汚れてしまい大変な目にあったことから、ちょっと高いが純正のインクカートリッジを使用している。これからもこんな状態が続くのだろうか...。

| PC関連 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UNISONIC Special guest GOTTHARD

DSC03454.jpg

GOTTHARD、いい曲なのに、PAオペレーターの腕が悪いのか、音が全部混ざってしまって、曲が台無し。ベースドラムの音圧がひどすぎた。CD揃えようと思う。

120908_164138.jpg

同じPAスピーカーを使っているのに、UNISONICが演奏し始めたら「何で?」という印象。


サプライズは、3メートルほど近くの客席に、Michael Kiskeが降りてきたこと、そして、彼がKai Michael Hansenがステージ上に横たわりながらギターを弾いている腹の上に馬乗りになったこと。

このバンドがこれからも続くことを願う!よかったよ!

【追記】

当日の音がYou TubeにUPされていました...。

GOTTHARD LIVE IN OSAKA JAPAN Sep. 8, 2012


UNISONIC LIVE IN OSAKA JAPAN Sep. 8, 2012

| ライブレポ | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結婚披露パーティーに出席

数年間お付き合いをされていた友人のペアが、2012(平成24)年9月1日に入籍された。本日9月2日にその披露ということでパーティーが催され、私も出席させていただいた。

DSC03442.jpg

2週間ほど前、そのパーティーで「盛り上げて!」との依頼があり、恥ずかしながらギターの演奏をさせていただくことになった。

数年前に、エレアコ(エレクトリック・アコースティック・ギター)を使って、パーティーでかき鳴らして以来。その際は音が小さく、私が満足できなかったので、今回はエレキ+伴奏BGM付きでやろうと計画。

2週間で何とか、BGM(ギター演奏抜き、および歌抜き)を作成し、当日を迎えた。

会場は、大阪市内の「隠れ家」のようなお店。初めて出向いた店だったので、どこから入ったらいいのか迷ったが何とかたどり着き、すぐにアンプ等のセッティング。今回は、VOX VT40+で充分だろうと思っていたのだが...。

DSC03443.jpg

私の出番は、パーティーの終わりの方。2人の幸せそうなお顔を拝見しながら食事、およびアルコールも進んで、かなりへべれけになった頃。呼び出されて演奏開始。

(写真は撮影できなかったので無い。)

他の出席者の皆さんもかなりご機嫌だったので、訳の分からない状態に。当然、私も更に訳が分からなくなっていった...。会場が思っていたより広く、BGMが会場の皆さんの「声援?」でかき消されてしまったのも原因だろうが、次回、こういう場に呼び出されたら、もう一つの大きなギターアンプを持って行こうと決意した。


それにしても、幸せな2人の顔にはこちらが照れてしまうくらい素晴らしいパーティーだった。

これからの2人の生活に幸多かれ!

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月