2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

BILLY JOEL SONGS IN THE ATTIC

Songs in the Attic

SONGS IN THE ATTIC / BILLY JOEL (1981)

01. MIAMI 2017 (SEEN THE LIGHTS GO OUT ON BROADWAY) *4
02. SUMMER HIGHLAND FALLS *4
03. STREETLIFE SERENADER *3
04. LOS ANGELENOS *3
05. SHE'S GOT A WAY *1
06. EVERYBODY LOVES YOU NOW *1
07. SAY GOODBYE TO HOLLYWOOD *4
08. CAPTAIN JACK *2
09. YOU'RE MY HOME *2
10. THE BALLAD OF BILLY THE KID *2
11. I'VE LOVED THESE DAYS *4

彼の初期の作品、*1 COLD SPRING HARBOR、*2 PIANO MAN、*3 STREETLIFE SERENADE、*4 TURNSTILESからの曲を抜き出して、ライブで演奏したものを収録したもの。元のアルバムに収録されていた曲には「何かが欠けている」と判断して収録したらしいが見事にその目論見があたり、凄まじいエネルギーを伴って再生された。アメリカチャート8位を記録。

ライブ版とはいえ、完成度は高い。

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL GLASS HOUSES

Glass Houses

GLASS HOUSES / BILLY JOEL (1980)

01. YOU MAY BE RIGHT
02. SOMETIMES A FANTASY
03. DON'T ASK ME WHY
04. IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME
05. ALL FOR LEYNA
06. I DON'T WANT TO BE ALONE
07. SLEEPING WITH THE TELEVISION
08. C'ETAIT TOI (YOU WERE THE ONE)
09. CLOSE TO THE BORDERLINE
10. THROUGH THE LONG NIGHT

これもアメリカチャート1位となったアルバム。一挙に作風が変り、ロック色が強くなった。1曲目からガンガン行くスタイル...私は大好きだ。

例のサイトから...。

YOU MAY BE RIGHT・・・You Tube

SOMETIMES A FANTASY・・・You Tube

IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME・・・You Tube

時代は感じるが、良いね!

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL 52ND STREET

52nd Street

52ND STREET / BILLY JOEL (1978)

01. BIG SHOT
02. HONESTY
03. MY LIFE
04. ZANZIBAR
05. STILETTO
06. ROSALINDA'S EYES
07. HALF A MILE AWAY
08. UNTIL THE NIGHT
09. 52ND STREET

アメリカチャート1位を記録したアルバム。ヒットした下記の曲以外もとにかくPOPで格好良い。

↓少々音量が小さいが...。
BIG SHOT・・・You Tube

↓ここからボリュームを元に戻して!
HONESTY・・・You Tube

MY LIFE・・・You Tube

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL THE STRANGER

The Stranger

THE STRANGER / BILLY JOEL (1977)

01. MOVIN' OUT(ANTHONY'S SONG)
02. THE STRANGER
03. JUST THE WAY YOU ARE
04. SCENES FROM AN ITALIAN RESTAURANT
05. VIENNA
06. ONLY THE GOOD DIE YOUNG
07. SHE'S ALWAYS A WOMAN
08. GET IT RIGHT THE FIRST TIME
09. EVERYBODY HAS A DREAM

アメリカチャート2位を記録したアルバム。トラック02は、日本独自でシングルカットされ、Honda 初代CR-VのCMとして使用されたこともある。当時のディスコでは統一した振り付けで踊ることがあったそうな。そして、トラック03はTOYOTAエスティマのCMに現在使われている。

私はトラック06が一番好きだ。

例のサイトから探してみた...沢山有り過ぎで困る。(笑)

THE STRANGER・・・You Tube

JUST THE WAY YOU ARE・・・You Tube

ONLY THE GOOD DIE YOUNG・・・You Tube

| 愛聴盤B | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL TURNSTILES

Turnstiles

TURNSTILES / BILLY JOEL (1976)

01. SAY GOODBYE TO HOLLYWOOD
02. SUMMER< HIGHLAND FALLS
03. ALL YOU WANNA DO IS DANCE
04. NEW YORK STATE OF MIND
05. JAMES
06. PRELUDE / ANGRY YOUNG MAN
07. I'VE LOVED THESE DAYS
08. MIAMI 2017 (SEEN THE LIGHTS GO OUT ON BROADWAY)

"TURNSTILES"とは、「腕木を回転させて人をひとりずつ通す入口」のこと。ニューヨーク生まれの彼が、デビューチャンスを掴み、ロスアンゼルスに引越し、再びニューヨークへと帰ってきた頃の作品。アメリカチャート122位。

あまり評判はよくなかったようだが、私は彼の初期の作品ではこれが一番好きだ。

SAY GOODBYE TO HOLLYWOOD (LIVE 1977)・・・You Tube

NEW YORK STATE OF MIND (Live at BBC,14th March 1978)・・・You Tube

渋すぎ...。

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL STREETLIFE SERENADE

Streetlife Serenade

STREETLIFE SERENADE / BILLY JOEL (1974)

01. STREETLIFE SERENADER
02. LOS ANGELENOS
03. THE GREAT SUBURBAN SHOWDOWN
04. ROOT BEER RAG
05. ROBERTA
06. THE ENTERTAINER
07. LAST OF THE BIG TIME SPENDERS
08. WEEKEND SONG
09. SOUVENIR
10. THE MEXICAN CONNECTION

前作"PIANO MAN"が大ヒットした後の3rdアルバム。アメリカチャート最高35位。

彼の詞はかなりシニカルに街の人々を描いているが、これにもそんな曲が入っている。

THE ENTERTAINER・・・You Tube

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BILLY JOEL PIANO MAN

Piano Man

PIANO MAN / BILLY JOEL (1973)

01. TRAVELIN' PRAYER
02. PIANO MAN
03. AIN'T NO CRIME
04. YOU'RE MY HOME
05. THE BALLAD OF BILLY THE KID
06. WORSE COMES TO WORST
07. STOP IN NEVADA
08. I F I ONLY HAD THE WORDS(TO TELL YOU)
09. SOMEWHERE ALONG THE LINE
10. CAPTAIN JACK

今年還暦を迎えたビリー・ジョエル。俳優シルベスター・スタローンに顔が似ていると思っているのは私だけだろう。

↓このビデオ、観た事がありませんでした。

PIANO MAN・・・You Tube

この曲以外にも楽しい曲がたくさん詰まった1枚。アメリカでは最高27位を記録した。

| 愛聴盤B | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銭湯...

今日は画像がありません。(^^ゞ

昨日までの旅行中に温泉に行きたかったのですが、道路の渋滞が酷く、温泉へ行くまでに大変なことになりそうだったので、急遽取りやめたのです。

でも、大きなお風呂に入りたくて...

銭湯へ行ってきました。

本当に久々...。

しばらくハマりそうです。

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆高原へ♪

9月19日(土)から22日(水)まで伊豆高原へ行って来ました。

090920_8.jpg


FITに乗って、朝5時に自宅を出発...現地到着までに約10時間の走行...ワンコ達を連れてのドライブで休憩を沢山入れたのと、何といっても「1,000円」効果は凄い。

090919_1.jpg

夜のBBQや宴会...スローライフを満喫してきました。

090920_10.jpg

ワンコものんびり...。

DSCF2279.jpg

帰りの渋滞も経験しましたが、ほどよい疲れ。思いっきりリフレッシュしましたよ~♪

| HONDA FIT GE6 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE : TRIBUTE TO AEROSMITH



TRIBUTE TO AEROSMITH / NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE (1999)

01. BACK IN THE SADDLE
02. RAG DOLL
03. CHIP AWAY THE STONE
04. LAST CHILD
05. SWEET EMOTION
06. DREAM ON
07. WALK THIS WAY
08. DRAW THE LINE
09. SAME OLD SONG AND DANCE
10. NO SURPRIZE
11. TOYS IN THE ATTIC



数多くのヘヴィ・メタル、ハードロックミュージシャンの有名どころが集められ、エアロスミスの楽曲を収録したアルバム。1999年当時、こういう「トリビュート」物が大流行した頃で「え~、こんなのも出るの?」ってなったこともあったが、このアルバムは中々良い。原曲の雰囲気を壊すことがなく収録されており、エアロスミスファンも機嫌を損ねることはないだろう。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AEROSMITH JUST PUSH PLAY





JUST PUSH PLAY / AEROSMITH (2001)

01. BEYOND BEAUTIFUL
02. JUST PUSH PLAY
03. JADED
04. FLY AWAY FROM HERE
05. TRIP HOPPIN'
06. SUNSHINE
07. UNDER MY SKIN
08. LUV LIES
09. OUTTA YOUR HEAD
10. DROP DEAD GORGEOUS
11. LIGHT INSIDE
12. AVANT GARDEN
13. WON'T LET YOU DOWN
14. I DON'T WANT YO MISS A THING




AEROSMITHの通算13枚目のアルバム。このアルバムからは"JADED"がヒットした。アメリカチャート最高2位を記録。

キャッチーなメロディなどで割と聴き易いが、これが「エアロスミス」でないというファンが続出したらしい...。私はこんなのもいいなあと思う。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PACO DE LUCIA AL DI MEOLA JOHN MCLAUGHLIN THE GUITAR TRIO



THE GUITAR TRIO / PACO DE LUCIA AL DI MEOLA JOHN MCLAUGHLIN (1996)

01. LA ESTIBA
02. BEYOND THE MIRAGE
03. MIDSUMMER NIGHT
04. MANHA DE CARNAVAL
05. LETTER FROM INDIA
06. ESPIRITU
07. LE MONASTÈRE DANS LES MONTAGNES
08. AZZURA
09. CARDEOSA



"PASSION, GRACE & FIRE"から14年ぶりに集結したギタートリオの作品。スタジオ録音版だが、これもまた強力。

私もそろそろ、夜、ほんのりと明かりを照らし、こういう音楽を聴きながら片手にバーボン...っていうスタイルが似合うように...そんなこと決してありません。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE AL DI MEOLA PROJECT KISS MY AXE



KISS MY AXE / THE Al Di Meola PROJECT (1991)

01. SOUTH BOUND TRAVELER
02. THE EMBRACE
03. KISS MY AXE
04. MOROCCO
05. GIGI'S PLAYTIME RHYME(Interlude #1)
06. ONE NIGHT LAST JUNE
07. PHANTOM
08. EROTIC INTERLUDE(Interlude #2)
09. GLOBAL SAFARI
10. INTERLUDE #3
11. PURPLE ORCHIDS
12. THE PROPHET(Interlude #4)
13. ORIANA(September 24, 1988)



前作の後同じレーベルから出されたアルバムで、今回はエレキギターサウンド、シンセサウンドが満載。複雑なリズムとメロディだが、そう感じさせないのは今回も同じ...。

こんな演奏を目の前で見ることができたら...熱くなるだろうなぁ。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA WORLD SINFONIA



WORLD SINFONIA / AL DI MEOLA (1991)

01. Perpetual Emotion
02. Orient Blue
03. Tango Suite Part I
04. Tango Suite Part III
05. Falling Grace
06. Last Tango For Astor
07. No Mystery
08. Lustrine
09. Little Cathedral
10. La Cathedral



"SCENARIO"から"Cielo e Terra" (1985年)、"Soaring Through a Dream" (1985年)、"Tirami Su" (1987年)というアルバム発表しているが我が家には無いので、今日はこれ。彼のアコースティックギターの凄まじい演奏を聴くことができる。

「バンドネオン」というアコーディオンに似た楽器を奏でるDino Saluzziとの絶妙な音の絡み合い...。こういうのを簡単に演奏してしまうのが凄い。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA SCENARIO



SCENARIO / AL DI MEOLA (1983)

01. MATA HARI
02. AFRICAN NIGHT
03. ISLAND DREAMER
04. SCENARIO
05. SEQUENCER
06. CACHACA
07. HYPNOTIC CONVICTION
08. CALLIOPE
09. SCOUNDREL



このアルバムでは、ギターの早弾きは全く聴こえない。ギターシンセを多用し、今までのアルバムからは作風を変え、よりワールドミュージック風に変化した。エフェクトも多用され、ゆったりとした曲調の中にも複雑な音階が絡み合う作品となっている。

ちなみにこのアルバムには、BILL BRUFORD, PHIL COLLINS, JAN HAMMER, TONY LEVINが参加している。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は久々に、笑っていただきましょう!

昨日、夜にネットを徘徊していたら、「何じゃこりゃ!」という経験をしました。

面白かったのでご紹介。

のりかえキャンペーン | SoftBank

このサイトの「お兄さんが描くのりかえ顔メーカー」で、「お兄さん」に似顔絵を描いてもらってください。

必要なもの...貴方の携帯電話番号とちょっとした時間。



私がやってみたところ、こんな顔を描かれました。↓

「お兄さん」が描いた似顔絵

面白いやら腹が立つやら...。

| 日記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA, PACO DE LUCIA PASSION, GRACE & FIRE



PASSION, GRACE & FIRE / JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA, PACO DE LUCIA (1983)

01. ASPAN
02. ORIENT BLUE SUITE (Part I, II, III)
03. CHIQUITO
04. SICHIA
05. DAVID
06. PASSION, GRACE & FIRE



「激情、優雅、そして、情熱」...ライブ版で聴かせてくれた3人がまた集合して作り上げた傑作。まさに、彼らの激情、感情がぶつかり合い、壮絶な音の流れの中にも優雅さが漂っています。

こんなのがBGMで流れる店なら、絶対通うんだけどなぁ...。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は思いっきり良い天気!



一夜明けたら、とんでもなく良い天気になりました。

こんな日は、お出かけしないと「損」!ということで、何も考えずクルマの運転だけに集中して、見晴らしの良いところへと...。

目的地は思ったほどでもなかったのでがっかりでしたが、帰宅途上の林道が気持ちよくて最高!

山道を走行したのに何故か燃費計の数値が上がりました。凄いぞ!

| HONDA FIT GE6 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は雨で...

ギンタロウとルル

今日は、久々に雨が降りました。

雨がいたのは昼間の数時間...その間しか、お散歩に行けませんでした。

こんな目で見つめられると、締め付けられます...。

| 日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA TOUR DE FOECE-"LIVE"



TOUR DE FORCE-"LIVE" / AL DI MEOLA (1982)

01. ELEGANT GYPSY SUITE
02. NENA
03. ADVANTAGE
04. EGYPTIAN DANZA
05. RACE WITH DEVIL ON SPANISH HIGHWAY
06. CRUSIN'



前作を収録したメンバーで1982年2月4日に録音されたライブ版。

「凄まじい」の一言に尽きる。

| 愛聴盤A | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA ELECTRIC RENDEZBOUS



ELECTRIC RENDEZVOUS / AL DI MEOLA (1982)

01. GOD BIRD CHANGE
02. ELECTRIC RENDEZVOUS
03. PASSION, GRACE & FIRE
04. CRUISIN'
05. BLACK CAT SHUFFLE
06. RITMO DE LA NOCHE
07. SOMALIA
08. JEWEL INSIDE A DREAM



今日は久々にJAZZ系です。このアルバムもさらっと聴けば、あっという間に終わってしまうのですが、じっくり聴くととんでもないテクニックの嵐...。

タイトル01はあの懐かしい「勇者ライディーン」のライディーンがゴッドバードに変身する際の叫び声をヒントにタイトルにした訳ではない。

| 愛聴盤A | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HUEY LEWIS AND THE NEWS FORE!

FORE!

FORE! / HUEY LEWIS AND THE NEWS (1986)

01. JACOB'S LADDER
02. STUCK WITH YOU
03. WHOLE LOTTA LOVIN'
04. DOING IT (ALL FOR MY BABY)
05. HIP TO BE SQUARE
06. I KNOW WHAT I LIKE
07. I NEVER WALK ALONE
08. THE POWER OF LOVE
09. FOREST FOR THE TREES
10. NATURALLY
11. SIMPLE AS THAT

本日は私の所有する「レコード」から。1987年ビルボード1位になったアルバム。

タイトルの"FORE!"はゴルフで球を打ったとき、前に人がいる際に「球がそっちにいったぞ!気をつけろ!」という意味。彼らメンバーがゴルフを良くするらしく、その意味と「(トップアーティストたちに)俺たちが前に行くから注意しろよ!」という意味をかけたとか...。

で、例のサイトから。↓

映画のサウンドトラックになったやつ。有名すぎ。
THE POWER OF LOVE・・・You Tube

STUCK WITH YOU・・・You Tube

HIP TO BE SQUARE・・・You Tube

JACOB'S LADDER・・・You Tube

DOING IT (ALL FOR MY BABY)・・・You Tube

このアルバムと前作があれば、十分かも...。

| 愛聴盤H | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HUEY LEWIS AND THE NEWS SPORTS

SPORTS(紙ジャケット仕様)

SPORTS / HUEY LEWIS AND THE NEWS (1983)

01. THE HEART OF ROCK & ROLL
02. HEART AND SOUL
03. BAD IS BAD
04. I WANT A NEW DRAG
05. WALKING ON A THIN LINE
06. FINALLY FOUND A HOME
07. IF THIS IS IT
08. YOU CRACK ME UP
09. HONKY TONK BLUES

来年、還暦を迎えるらしい、Huey Lewis氏がリーダーのバンドのアルバム。これが発売された当時、あのマイケル・ジャクソンのスリラーの次までビルボードのチャートが上がったらしい。今、聴いても格好いい!

以下、シングルとして発売された曲。↓

ビルボード8位
HEART AND SOUL・・・You Tube

ビルボード6位...映画「ゴーストバスターズ」のテーマソングと似ているとかで裁判沙汰になった。
I WANT A NEW DRAG・・・You Tube

ちなみに、Wierd Al Yankovicもパロッてた...。
I WANT A NEW DUCK・・・You Tube

ビルボード6位
THE HEART OF ROCK & ROLL・・・You Tube

ビルボード6位
IF THIS IS IT・・・You Tube

ビルボード18位
WALKING ON A THIN LINE・・・You Tube

| 愛聴盤H | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HELLOWEEN PINK BUBBLES GO APE

ピンク・バブルズ・ゴー・エイプ

PINK BUBBLES GO APE / HELLOWEEN (1992)

01. PINK BUBBLES GO APE
02. KIDS OF THE CENTURY
03. BACK ON THE STREETS
04. NUMBER ONE
05. HEAVY METAL HAMSTERS
06. GOIN' HOME
07. SOMEONE'S CRYING
08. MANKIND
09. I'M DOING FINE, CRAZY MAN
10. THE CHANCE
11. YOUR TURN
12. SHIT AND LOBSTER

前作から約3年6ヶ月ぶりに発表されたアルバム。所属するレーベルとの関係で、ギターリストが独り抜けたり、このアルバムの発表直前に裁判等も抱えていたことなどがあり、ファン待望のアルバムであったが、前作までのような曲がほとんどなく、ファンをがっかりさせた一枚(私もこれ以降買っていない)。

久々に聴いたが、いい曲もあるんだけれど、やはりこのバンド名では、すっ飛ばしサウンドを聴きたいのは私だけか?

で、例のサイトから。↓

KIDS OF THE CENTURY・・・You Tube

これでもちょっと違う気がする...。

| 愛聴盤H | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に早起きした日曜日

日曜だというのに、朝5時30分に起床して、7時にクルマに乗って...。

その後、掃除やら買い物やら全部午前中に済ませて、後は最近ハマっているクルマを洗車したり、ちょっと弄ってみたり...。

090814_FIT5.jpg

そんな感じであっという間に日が暮れてしまった日曜でございました。

| 日記 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HELLOWEEN Keeper Of The Seven Keys Part II

Keeper of the Seven Keys, Pt. 2

Keeper Of The Seven Keys Part II / HELLOWEEN (1988)

01. Invitation
02. Eagle Fly Free
03. You Always Walk
04. Alone
05. Rise And Fall
06. Dr. Stein
07. We Got The Right
08. Save Us
09. March Of The Time
10. I Want Out
11. Keeper Of The Seven Keys

このアルバム、聴いていると楽しくなってきてたまらない。演奏しているほうもきっと楽しくってどうしようもない感じなんだろうなぁ。

で、早速例のサイトから。

Eagle Fly Free・・・You Tube

I Want Out・・・You Tube

Dr. Stein・・・You Tube・・・ギターソロで終わってしまう...。

| 愛聴盤H | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先ほど、支部の「ボーリング大会」から帰宅....

スコア

(↑写真はイメージです。)

ボーリングの球の穴の小さいのには辟易します。

指が抜けない!

何で皆さん、あんなにスムーズに投げることができるのか?

私が投げると、レーンで球が跳ねてます。

何年かぶりの久々のボーリングで思ったことでした。(^^ゞ

親指だけが太いのよん。

| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家の「ルル」ちゃん、膀胱炎...

ルル

久々に...

『チャン、チャン、チャラ~ン、チャ~ン、チャン♪ 今日のワンコ』

メタルびとのオサ~ンのうちにいるルルちゃん、昨夜からトイレでもないところにおしっこをしてしまった上に、尿に血が混じっていたんです。

膀胱炎です。

朝から妻が獣医へ...。

その間、約1時間ほど彼↓はお留守番。

ギンタロウ

ずっと悲惨な声で鳴いて泣いてました。こんなの初めて。

ルルちゃん、しばらく経過観察です。

| | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES NUCLEAR COWBOY

ニュークリア・カウボーイ

NUCLEAR COWBOY / JOHN SYKES (2000)

01. INTRO
02. WE WILL
03. NUCLEAR COWBOY
04. ARC ANGEL
05. NOTHING MEANS NOTHING
06. TALKING 'BOUT LOVE
07. ONE WAY SYSTEM
08. INTERLUDE "ALL GOOD PEOPLE"
09. DEGRADED
10. SICK
11. WISH IT WOULD RAIN
12. RAISING THE DEVIL

前作から約3年ぶりに発表されたアルバム。各曲の特徴としては、この頃、彼が「はまっていた」らしい、「オルタナ系」あるいは「ヒップホップ系」の影響が大きく、かつてのような曲だと思って聴くと少し驚く。

「何だかよく分からない...。」これがこのアルバムに対する私の印象だ。

ずっと聴くのは「しんどい」ね。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES CHAPTER ONE

ベスト・オブ・ジョン・サイクス

CHAPTER ONE / JOHN SYKES (1998)

01. WE ALL FALL DOWN
02. RIOT
03. LOOK IN HIS EYES
04. DON'T HURT ME THIS WAY (Please Don't Leave Me '97)
05. BILLY
06. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
07. BLACK DAYS
08. JELLY ROLL (LIVE)
09. SOUL STEALER
10. DEFCON 1
11. SHE KNOWS (LIVE)
12. THANK YOU FOR THE LOVE
13. SYSTEM AIN'T WORKIN'
14. HOLD THE LINE

JOHN SYKESの80年代後半~90年代後半のベスト版。トラック01・11はアルバム"NOTHIN' BUT TROUBLE"、トラック02・05・08はアルバム"BLUE MURDER"、トラック03・10・13はアルバム"20th CENTURY"、トラック04・12・14は"LOVELAND"、トラック06・07・09は"OUT OF MY TREE"からの選曲。

アルバムを揃えることができるなら、こちらより各アルバムを求められたし。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月