2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

JOHN SYKES 20th CENTURY

20センチュリー

20th CENTURY / JOHN SYKES (1997)

01. Look In his Eyes
02. 20th Century Heartache
03. I Get Around
04. 2 Counts
05. Defcon 1
06. System Ain't Workin'
07. The Way You Kiss Me
08. Found What I Needed
09. Cautionary Warning
10. Touched By Evil

前作"LOVELAND"から4ヶ月後に発表されたアルバム。こちらは、ギター弾きまくり。日本版のライナーで彼自信のコメントが掲載されているが、

俺にとっては『サンダー&ライトニング』以来のハングリー精神と情熱をもって作られたアルバムと言っていい。



そうである。確かにパワー全開でギターを弾きまくっている。強烈な印象の一枚。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第45回衆議院議員選挙

投票済票

今、選挙速報をテレビで見ながら記述しています。

これほどまでとは...。

私は期日前投票の制度を利用して投票を済ませていましたが、今朝見たテレビである人が言っていた言葉をご紹介します。

「政治を舐めたら、政治に舐められる!」



これを忘れずにこれからもしっかりと見つめ、考えて行きたいものですね。

「これ以上、国民を混乱させないで~!」というのが本音ですが。

【追記】
私の選挙区のある候補、選挙公示前に街宣カーである引越し会社のCMソングをもじって流していましたが、あれには腹が立ちました。参謀がアホなのかどうかは分かりませんが、自分の価値を下げましたね。結果が表明してますよ。有権者を馬鹿にし過ぎだと思います。

| 日記 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES LOVELAND

ラヴランド

LOVELAND / JOHN SYKES (1997)

01. EVERYTHING I NEED
02. DIDN'T WE SAY
03. DON'T HURT ME THIS WAY (Please Don't Leave Me '97)
04. HOLD THE LINE
05. THANK YOU FOR THE LOVE
06. WUTHERING HEIGHTS
07. TILL THE DAY I DIE
08. HAUNTED
09. I'LL BE WAITING
10. DON'T SAY GOODBYE

JOHN SYKESのバラード曲集。これが、案外いいのだ。クルマの中で独り、海辺をドライブするには最高の一枚だと私は思う。

彼の激しいヤツも好きなんだけれど、こういうのをやらせたら天下一品!

機会があれば皆さんにも聴いて欲しい一枚。

| 愛聴盤J | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SYKES I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU

マイ・ライフ

I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU / SYKES (1995)

01. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
02. JELLY ROLL (LIVE)
03. SHE KNOWS (LIVE)
04. STANDING AT THE CROSSROADS (LIVE)

"OUT OF MY TREE"からのシングルとして発表されたもの。ちなみに、アルバム"OUT OF MY TREE"のケースは、このCDの中身を入れることができるように2枚収納可能のケースになっており、ジャケットスリーブを取り出して、このシングルと合わせると大きなポスターになるという...。収集家には、必携?の一枚。

| 愛聴盤J | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SYKES OUT OF MY TREE

アウト・オブ・マイ・ツリー

OUT OF MY TREE / SYKES (1995)

01. SOUL STEALER
02. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
03. SHE'S ALL ACTION
04. STANDING AT THE CROSSROADS
05. I DON'T BELIEVE IN ANYTHING
06. BLACK DAYS
07. JESUS & MARY
08. DO OR DIE
09. IF YOU EVER NEED LOVE
10. SLEEP ON

"BLUE MURDER"から気分一新、"SYKES"という名前に改名して発表されたアルバム。それに伴いレコード会社も代わった。

前作 "NOTIHN' BUT TROUBLE"をかなりの時間を費やして録音したこと、オーバープロデュースだったことを反省し、短時間で仕上たらしい。また、曲調も勢いのあるものへと...プレイヤーから飛び出してきたサウンドに、私も最初から打ちのめされてしまった方だ。「うん、これはカッコウ良い!」

で、例のサイトから。↓何故か"WOW WOW"の番組がUPされていたようだ。

I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU "LIVE"・・・You Tube

STANDING AT THE CROSSROADS "LIVE"・・・You Tube

I DON'T BELIEVE IN ANYTHING "LIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BLUE MURDER SCREAMING BLUE MURDER~DEDICATED TO PHIL LYNOTT~LIVE IN JAPAN 1993

スクリーミング・ブルー・マーダ

SCREAMING BLUE MURDER~DEDICATED TO PHIL LYNOTT~LIVE IN JAPAN 1993 / BLUE MURDER (1994)

01. RIOT
02. CRY FOR LOVE
03. COLD SWEAT
04. BILLY
05. SAVE MY LOVE
06. JELLY ROLL
07. WE ALL FALL DOWN
08. PLEASE DON'T LEVE ME
09. STILL OF THE NIGHT
10. DANCIN' IN THE MOONLIGHT

"NOTHIN' BUT TROUBLE"発表後の日本ツアー(東京)を収録したもので、特にその時の雰囲気を味わいたい人しか面白みはない。各楽器のバランスも何故か悪く、ドラムとベースがうるさいくらい。でも演奏は凄い...。

ちなみに日本企画版。

| 愛聴盤B | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BLUE MURDER NOTHIN' BUT TROUBLE

ナッシング・バット・トラブル

NOTHIN' BUT TROUBLE / BLUE MURDER (1993)

01. WE ALL FALL DOWN
02. ITCHYCOO PARK
03. CRY FOR LOVE
04. RUNAWAY
05. DANCE
06. I'M ON FIRE
07. SAVE MY LOVE
08. LOVE CHILD
09. SHOULDN'T HAVE LEFT YOU GO
10. I NEED AN ANGEL
11. SHE KNOWS
12. BYE BYE

前作"BLUE MURDER"から4年ぶりに発表された"BLUE MURDER"の2作目。トラック02は'67年にヒットしたSMALL FACESのカバー。

サウンドの質としては、"WHITESNAKE"を綺麗にしたような感じ。

いい感じで気合も充分。メロディラインも最高!なんだけど...。

で、例のサイトから。↓映像が動いているものはこれしかないようで。

WE ALL FALL DOWN・・・You Tube

| 愛聴盤B | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES PLEASE DON'T LEAVE ME

プリーズ・ドント・リーヴ・ミー(紙ジャケット仕様)

PLEASE DON'T LEAVE ME / JOHN SYKES (1992)

01. PLEASE DON'T LEAVE ME (ORIGINAL VERSION)
02. DON'T TAKE NOTHING / TIGERS OF PAN TANG
03. BAD TIMES / TIGERS OF PAN TANG
04. ALL OR NOTHING / TIGERS OF PAN TANG
05. DON'T GIVE A DAMN / TIGERS OF PAN TANG
06. PLEASE DON'T LEAVE ME (SHORT VERSION)
07. LAVE TO FREEDOM (LIVE) / TIGERS OF PAN TANG
08. RAISED ON ROCK (LIVE) / TIGERS OF PAN TANG
09. PARADISE DRIVE / TIGERS OF PAN TANG
10. LOVE POTION NO.9 / TIGERS OF PAN TANG
11. PLEASE DON'T LEAVE ME (INSTRUMENTAL)

日本で企画された"NWOBHM"=New Wave Of British Heavy Metalのシリーズの中の1枚。プリティ・メイズがカバーした"PLEASE DON'T LEAVE ME"がヒットした後にこれが発売された。いかにカバーが原曲を忠実に再現しているかが良く分かる。

ボーカルは、Phil Lynott..そう、"THIN LIZZY"のボーカルで、この曲の製作後、JOHN SYKESはTHIN LIZZYへ加入することになる...途中、色々あったみたいだけれど。

で、例のサイトから。まずは、カバーバージョンから。

PLEASE DON'T LEAVE ME by "Pretty Maids"・・・You Tube

こちらが、元のバージョン。ちと短いですが。

PLEASE DON'T LEAVE ME by "JON SYKES & PHIL LYNOTT"・・・You Tube

よくもまぁ、こんな映像が残っていたものです。

| 愛聴盤J | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第41回 社会保険労務士 試験

momoyamagakuin.jpg

本日は、「第41回社会保険労務士試験」でした。

今回「も」私は、少しばかりお手伝い...でしたが、かなり緊張しました。受験してた頃より緊張してたと思いますよ。

帰宅後、ちょっと気になったので、ある受験予備校のサイトを見たら、もう解答速報が出てましたね。しかも、今年は複数回答なし...出題内容はともかくとして、今回ははっきり答えが出たわけです。

私が受験した頃は、一つの問題に答えが二つもあったことと比べれば、段違いです。

受験された方には、本当にお疲れさまでした。日頃の努力が実れば最高でしょう。

出題内容...ちらっとしか見てませんが、今の世の中をしっかり見つめていないと、つまり机上のお勉強では太刀打ちできないのかもしれませんね。

「社会保険労務士」という資格が出来たそのこと自体の経緯、つまり、私たちが資格を名乗って商売しているこの「社会保険労務士」という資格が「社会保険労務士法」という「法律」が出来た経緯は「行政」から立案されたものでなくて、「議員」から出された「議員立法」であるということから考えても明らかです。

ちょっと難しくなりましたね~♪こんな話、大好きなんですよ(笑)。

************************************************

ちょっと懐かしくなったので、私が受験生だった頃に無理言って「日記」を掲載して頂いていたサイトにアクセスして、各々の「日記」をしばらく読ませていただきました。

「頑張ってるな~」と思う方がいらっしゃる反面、試験直近になって「言い訳」を記述される方も多数。しかも「交換日記」もやっぱり存在します。

ま、いずれにしても高い受験料を支払った上に、受験するまでにかけた時間をお金に換算すれば、どれだけの価値を生み出せるのか...。

もう少しシビアに物を考えて欲しいと思います。

************************************************

私もそれに気付くのに何年もかかりましたから。(^^ゞ

| 社会保険労務士・社労士 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE GOOD TO BE BAD

グッド・トゥ・ビー・バッド

GOOD TO BE BAD / WHITESNAKE (2008)

01. BEST YEARS
02. CAN YOU HEAR THE WIND BLOW
03. CALL ON ME
04. ALL I WANT ALL I NEED
05. GOOD TO BE BAD
06. ALL FOR LOVE
07. SUMMER RAIN
08. LAY DOWN YOUR LOVE
09. A FOOL IN LOVE
10. GOT WHAT YOU NEED
11. 'TIL THE END OF TIME
12. ALL FOR LOVE (ALT MIX/DOUG SOLO)
13. SUMMER RAIN (UNZIPPED)

アルバム"RESTLESS HEART"から約10年ぶりに発表されたアルバム。まさに「忘れた頃に...」とやらで、前作とは全く変った作風になった。しかも、20年前に逆戻りしたかのように。

ま、人の心は、コロコロ変ると言うことですわ。私は、こんなん大好きなんですよ。

"BESTを尽くせ!"なんて言うけれど、その時はBESTかもしれないが、時間が経てばそれを超えるものをつくり出すのが人間で、"BETTERを出せ!"という方が正確かもしれない。どこの世界でも。

そんなアルバムです。1曲目から痺れます。私の評価は久々に90点、上げます!

で、例のサイトから探そうと思いましたが、力尽きましたので、↓から探してみて(他力本願)。

WHITESNAKE 2008・・・You Tube

| 愛聴盤W | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE RESTLESS HEART

レストレス・ハート

RESTLESS HEART / WHITESNAKE (1997)

01. DON'T FADE AWAY
02. ALL IN THE NAME OF LOVE
03. RESTLESS HEART
04. TOO MANY TEARS
05. CRYING
06. STAY WITH ME
07. CAN'T GO ON
08. YOU'RE SO FINE
09. YOUR PRECIOUS LOVE
10. TAKE ME BACK AGAIN
11. WOMAN TROUBLE BLUES
12. ANYTHING YOU WANT
13. CAN'T STOP NOW
14. OI

SLIP OF THE TONGUEから約7年半ぶりに発表されたアルバム。最初、スピーカーから出てきた音に驚いた...タイトル01から今までのWHITESNAKEとは全く違うサウンド...ハード・ロックでもへヴィ・メタルでもない...そんな曲が2曲続き、タイトル03でようやく70年代後期のようなかつてのWHITESNAKEのサウンドを発見する。が、その後もこれの繰り返し...。

決して曲自体が悪いのではなく、むしろ完成度は高いし、各楽器の空間がはっきりと分かるレベルで録音されている。この前の""SLIP OF THE TONGUE""WHITESNAKE"などよりそういう面で見ればずっと良い。

ただ、「何で"WHITESNAKE"なんだ?」という個人的に思う。

上記のジャケット写真は、私が持っている日本版だが、下記は欧米で出ているものらしい↓

Restless Heart

アーティスト名が"DAVID COVERDALE & WHITESNAKE"となっている。

私の評価は80点。極めて冷静に現在聴いても格好良い。

この中から最初にシングルカットされたものを例のサイトから。↓

TOO MANY TEARS・・・You Tube

で、このアルバム最初の曲。↓

DON'T FADE AWAY・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE SLIP OF THE TONGUE

Slip of the Tongue

SLIP OF THE TONGUE / WHITESNAKE (1989)

01. SLIP OF THE TONGUE
02. CHEAP AN' NASTY
03. FOOL FOR YOUR LOVING
04. NOW YOU'RE GONE
05. KITTENS GOT CLAWS
06. WINGS OF THE STORM
07. THE DEEPER THE LOVE
08. JUDGMENT DAY
09. SLOW POKE MUSIC
10. SAILING SHIPS

スティーヴ・ヴァイというギター・リストが加入し、ギタートラックが彼の演奏で占められたアルバム。このアルバム自体、出来は悪くはないと思うが、"WHITESNAKE"というバンドである以上、「え?」という感じ方をするファンも当時多かった。

それにしても80年代の"WHITESNAKE"に入っていたギター・リストは可哀想な人が多すぎる。前作"WHITESNAKE"でアルバムを中心になって作成したジョン・サイクスも、前作のツアーには参加せず、また、彼の変わりに入った、ヴィヴィアン・キャンベルはツアーのみ、一緒に加入したエイドリアン・ヴァンデンバーグも、今回のアルバムの録音に怪我で参加できず...。

色々評価は分かれると思うが、私の評価は80点。決して悪くはないと思うが...。

で、例のサイトから、色々。↓

SLIP OF THE TONGUE "LIVE"・・・You Tube

FOOL FOR YOUR LOVING・・・You Tube

NOW YOU'RE GONE・・・You Tube

THE DEEPER THE LOVE・・・You Tube

SAILING SHIPS・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE WHITESNAKE

Whitesnake

WHITESNAKE / WHITESNAKE (1987)

01. CRYING IN THE RAIN
02. BAD BOYS
03. STILL OF THE NIGHT
04. HERE I GO AGAIN
05. GIVE ME ALL YOUR LOVE
06. IS THIS LOVE
07. CHILDREN OF THE NIGHT
08. STRAIGHT FOR THE HEART
09. DON'T TURN AWAY

邦題「サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉」と名付けられた、ビルボード・チャート2位を記録したアルバム。これ以前のアルバムとは全く違うバンドサウンドになってしまっているが、私はこれも好きだ。80年代~90年代のハードロック、へヴィ・メタルが大好きな人には必携盤。

聴いているとドラムのハイハット等の高音が何とも言えないサウンドで、耳が痛くなるのだが、これだけが唯一の欠点か?と思えるが、それを消し去るほどの完成度。

前々作のアルバムからタイトル01と04を再収録・アレンジしなおして収録してあるので聴き比べも面白い。

私の評価は90点。

で、例のサイトからかつてのPVを探してきましたよ。懐かしいねェ。あの時代がよくわかります。

STILL OF THE NIGHT・・・You Tube

HERE I GO AGAIN・・・You Tube

GIVE ME ALL YOUR LOVE・・・You Tube

PVは無かったが、1987年当時のメンバーのライブ...
CRYING IN THE RAIN "LIVE"・・・You Tube

1985年当時のメンバーのライブ...
CRYING IN THE RAIN "LIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤W | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壊れた...かも?

扇風機

約3年ほど使っていた扇風機が、2週間ほど前から途中で羽の回転が止まったりしていたのですが、本日、先ほど完全に停止しました...。

このクソ暑いのに...。

まぁ、安かったので減価償却は終わってるから、あんまり腹は立ちませんけれど。

| 日記 | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE SLIDE IT IN

スライド・イット・イン(紙ジャケット仕様)

SLIDE IT IN / WHITESNAKE (1984)

01. SLIDE IT IN
02. SLOW AN' EASY
03. LOVE AIN'T NO STRANGER
04. ALL OR NOTHING
05. GAMBLER
06. GUILTY OF LOVE
07. HUNGRY FOR LOVE
08. GIVE ME MORE TIME
09. SPIT IT OUT
10. STANDING IN THE SHADOW

私の持っているこれは、アメリカ用にリミックスされたもの(これ以前にヨーロッパと日本で先にリリースされているものがある)。できれば、後者(先にリリースされたもの)を聴きたいのだが、まだその機会に恵まれていない。

タイトル01から前作とは曲風が違った感じの曲が続くが、これはこれで勢いがあって聴いていても楽しい。

私の評価は85点。

で、例のサイトから....。

SLOW AN' EASY・・・You Tube

LOVE AIN'T NO STRANGER・・・You Tube

GAMBLER・・・You Tube

GUILTY OF LOVE・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE SAINTS & SINNERS

セインツ・アンド・シナーズ+3

SAINTS & SINNERS / WHITESNAKE (1982)

01. YOUNG BLOOD
02. ROUGH AN' READY
03. BLOODY LUXURY
04. VICTIM OF LOVE
05. CRYING IN THE RAIN
06. HERE I GO AGAIN
07. LOVE AN' AFFECTION
08. ROCK AN' ROLL ANGELS
09. DANCING GIRLS
10. SAINTS AN' SINNERS
11. YOUNG BLOOD (monitor mix/early vocal)
12. SAINTS AN' SINNERS (monitor mix/early vocal)
13. SOUL SURVIVOR (unfinished, unreleased song)

第一期ホワイトスネイク最後のアルバムとされる作品。前作からメンバーが数人入れ替わって収録された。これに入っているトラック05と06は、後のアルバムでリ・レコーディングされ大ヒットした。

トラック01からハードな曲で結構、いい感じ!私の評価は87点!

で、例のサイトから...。

ROUGH AN' READY・・・You Tube

HERE I GO AGAIN・・・You Tube

CRYING IN THE RAIN・・・You Tube

やっぱり格好いい。

| 愛聴盤W | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に「焼き鳥」...。



近所の焼き鳥屋さんへ久々に。本日夜は「焼き鳥三昧」。ビールが進む進む...。

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に洗車...クルマの話題



今朝、曇り空でしたが、所要で外出して帰宅する頃には気持ちの良い夏空に。

「これはもう、クルマを洗うしかない!」と思い立ち、洗車です。

クルマを洗う際、私はカー用品店等で販売している「カーシャンプー」は鉄粉を落とす際に使う「鉄粉落とし用カーシャンプー」以外、普段は家庭用台所洗剤を使ってます。油汚れが落ちてピカピカになりますよ。なんといっても「安い」から。

綺麗になったついでに写真を撮影してUPしておきます!

| HONDA FIT GE6 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スピーカーケーブルの作成

昨日届いた「ブツ」で早速「スピーカー・ケーブル」を作ってみることにする。

ケーブルほか
まず、ケーブルを適当な長さに切断し、端を加工する。芯線を剥き、先端を「予備はんだ」する。
090813_1.jpg
090813_2.jpg

まずは、「ホーン」プラグ。おのおのはんだする。
090813_3.jpg

次は、「スピコン」プラグ。これはネジで固定するようになっている。
090813_4.jpg

カバーをかぶせて終了!
090813_5.jpg

詳しくは NEUTRIK ノイトリックのページ PDF から。

| 楽器 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ブツ」が届いた...。

ケーブル、パーツもろもろ

今朝、↑の「ブツ」が届きました。

このお盆は、「ケーブル」を作りまくりです。

それにしても、今のパーツ、本当に良くなってますね。安いし。

| 楽器 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE COME AN' GET IT

カム・アンド・ゲット・イット+6

COME AN' GET IT / WHITESNAKE (1981)

01. COME AN' GET IT
02. HOT STUFF
03. DON'T BREAK MY HEART AGAIN
04. LONELY DAYS, LONELY NIGHTS
05. WINE, WOMEN AN' SONG
06. CHILD OF BABYLON
07. WOULD I LIE TO YOU
08. GIRL
09. HIT AN' RUN
10. TILL THE DAY I DIE
11. CHILD OF BABYLON ( alternate rough mix )
12. GIRL ( alternate rough mix )
13. COME AN' GET IT ( rough mix )
14. LONELY DAYS, LONELY NIGHTS (alternate version/rough mix )
15. TILL THE DAY I DIE ( rough mix )
16. HIT AN' RUN ( backing track)

なんと言ってもジャケットデザインがとんでもないアルバム。アメリカでは発売禁止となり、デザインが変更されたという...。

このアルバムも良い雰囲気で収録された様子が感じられる。楽しくもあり、またしみじみと感じたり..。

私の評価は82点。

で、例のサイトから。↓今日はこれだけにして。

DON'T BREAK MY HEART AGAIN・・・You Tube

WOULD I LIE TO YOU・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

当たったよ~ん。Part 3

本日、外出先から帰宅したらポストにメール便が入ってました。

新宇宙戦艦ヤマト復活編オリジナルバッグ

↑これは、先日、あるアーティストのライブチケットを買いに行ったコンビニの「くじ」で当たったもの。

8月8日には、こんなものも届きました。「花王ヘルスラボ(ペットフード)」

090808_14.jpg

8月4日には、こんなものも...「クオカード」

090804_1.jpg

先月から、今月にかけて当たり続けてます。(^^ゞ

これが「宝くじなら...。」と思いますが、宝くじは買ってないの!

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE READY AN' WILLING

フール・フォー・ユア・ラヴィング+5(紙ジャケット仕様)

READY AN' WILLING / WHITESNAKE (1980)

01. FOOL FOR YOUR LOVING
02. SWEET TALKER
03. READY AN' WILLING
04. CARRY YOUR LOAD
05. BLINDMAN
06. AIN'T GONNA CRY NO MORE
07. LOVE MAN
08. BLACK AND BLUE
09. SHE'S A WOMAN
10. LOVE FOR SALE(previously unreleased)
11. AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY(live at the Reading Festival '79)
12. MISTREATED(live at the Reading Festival '79)
13. LOVE HUNTER(live at the Reading Festival '79)
14. BREAKDOWN(live at the Reading Festival '79)

WHITESNAKE、スタジオアルバム3枚目。邦題は「フール・フォー・ユア・ラヴィング」。このアルバムからは1曲目が爆発的にヒットした(後年リメイクされたが...)。

聴き込むほどに味わいが出てくるという表現が正しいかどうかは分からないが、彼らの勢いは止まらなく思える。

私の評価は80点。

で、例のごとく例のサイトから。ライブがやっぱり凄い。↓

FOOL FOR YOUR LOVING(LIVE 1983)・・・You Tube

READY AN' WILLING(LIVE 1984)・・・You Tube

SWEET TALKER(LIVE 1980)・・・You Tube

AIN'T GONNA CRY NO MORE(LIVE 1980)・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE LOVEHUNTER

ラヴ・ハンター+4

LOVEHUNTER / WHITESNAKE (1979)

01. LONG WAY FROM HOME
02. WALKING IN THE SHADOW OF THE BLUES
03. HELP ME THRO' THE DAY
04. MEDICINE MAN
05. YOU 'N ME
06. MEAN BUSINESS
07. LOVE HUNTER
08. OUTLAW
09. ROCK 'N' ROLL WOMEN
10. WE WISH YOU WELL
11. BELGIUM TOM'S HAT TRICK(Andy Peebles Radio Session Recorded 29/3/79)
12. LOVE TO KEEP YOU WARM(Andy Peebles Radio Session Recorded 29/3/79)
13. AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY(Andy Peebles Radio Session Recorded 29/3/79)
14. TROUBLE(Andy Peebles Radio Session Recorded 29/3/79)

WHITESNAKE 2枚目のアルバム。このレコードジャケットのデザインが強烈で、発売当時、発売禁止まではいかなかったらしいが、アメリカではレコード店がステッカーを貼るなどの対応を迫られたという。

ジャケットデザインの割に、中身(歌詞)は、そんなに激しいものではなく、1枚目の方が「エロい」と私は思うのだ。

私の評価は80点。

早速、映像と交えて聴いてもらいたい。↓

LONG WAY FROM HOME・・・You Tube

MEDICINE MAN "LIVE"・・・You Tube

LOVE HUNTER "LIVE"・・・You Tube

良い感じ。

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKE TROUBLE

トラブル+4

TROUBLE / WHITESNAKE (1978)

01. TAKE ME WITH YOU
02. LOVE TO KEEP YOU WARM
03. LIE DOWN (A MODERN LOVE SONG)
04. DAY TRIPPER
05. NIGHTHAWK (VAMPIRE BLUES)
06. THE TIME IS RIGHT FOR LOVE
07. TROUBLE
08. BELGIAN TOM'S HAT TRICK
09. FREE FLIGHT
10. DON'T MESS WITH ME
11. COME ON
12. BLOODY MARY
13. STEAL AWAY
14. AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY


例のサイトを探し回ったら...1978年頃?と思われる映像が!↓

LIE DOWN (A MODERN LOVE SONG)・・・You Tube

DAY TRIPPER・・・You Tube

COME ONE・・・You Tube

BLOODY MARY・・・You Tube

AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY・・・You Tube

当たり前ながら、「若いなぁ...。」と思わず。

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITESNAKW SNAKEBITE

Snakebite

SNAKEBITE / WHITESNAKE (1978)

01. COME ON
02. BLODDY MARY
03. AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY
04. STEAL AWAY
05. KEEP ON GIVING ME LOVE
06. QUEEN OF HEARTS
07. ONLY MY SOUL
08. BREAKDOWN

1976(昭和51)年、ディープ・パープル解散後、ボーカルのデヴィッド・カヴァーディルはソロ活動を開始し、2作を発表。その後"David Coverdale's Whitesnake"というバンド活動を始めた過渡期の作品。

私が持っている上記のCDは現在のアメリカ版で、当時"David Coverdale's Whitesnake"という名義で発表した4曲入りアルバム(01~04)に彼の個人名義で発表した2枚目"Northwinds"からの4曲(05~08)を追加して収録されたもの。ちなみに、現在日本国内で手に入るWHITESNAKEの"TROUBLE"には01~04が収録されている。

ちょっとしたコレクターズアイテムかもしれないが、海外版なのに歌詞カードがきちんと入っているのにはびっくり(私が輸入版をさかんに買っていた当時はジャケット写真の紙切れ一枚だけだった)。

私の評価は79点。良い感じ。

で、例のサイトから。↓

AIN'T NO LOVE IN THE HEART OF THE CITY (LIVE)・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WINGER PULL

Pull

PULL / WINGER (1993)

01. BLIND REVOLUTION MAD
02. DOWN INCOGNITO
03. SPELL I'M UNDER
04. IN MY VEINS
05. JUNKYARD DOG(TEARSON STONE)
06. THE LUCKY ONE
07. IN FOR THE KILL
08. NO MAN'S LAND
09. HELL TO PAY
10. LIKE A RITUAL
11. WHO'S THE ONE

最初から少し重い雰囲気の曲(でも格好良い)が流れ、その印象がこのアルバム最後まで続く彼らの3作目。前作の「バカ騒ぎしたいよ、でも、俺たちバカテクもってるからこんな曲になるの。」という作風からは、正反対で「真面目にキチッと創りました。」という感じ?か。

個人的には、あまり印象に残らず繰り返し聴く1枚ではない。

この後、2007(平成19)年5月7日に書いた彼らのアルバム4作目 "IV"に続くのだが...。

私の評価は70点。

で、例のサイトから探してみた。↓

DOWN INCOGNITO・・・You Tube

SPELL I'M UNDER・・・You Tube

WHO'S THE ONE・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WINGER IN THE HEART OF THE YOUNG

イン・ザ・ハート・オブ・ザ・ヤング(紙ジャケSHM-CD)

IN THE HEART OF THE YOUNG / WINGER (1990)

01. Can't Get Enuff
02. Loosen Up
03. Miles Away
04. Easy Come Easy Go
05. Rainbow In The Rose
06. In The Day We'll Never See
07. Under One Condition
08. Little Dirty Blonde
09. Baptized By Fire
10. You Are The Saint, I Am The Sinner
11. In The Heart Of The Young

WINGERの2作目。2008(平成20)年9月3日の記事で1作目を紹介させていただいてからもう1年か...。

良い曲が多いのだが、1曲目から何故かこの当時流行っていたダンスミュージックの影響が濃く見えるアルバム。前作と同じような感覚で聴くとびっくりするはず。3曲目のバラードなんて秀逸。学生の頃、バンドでコピーしたなぁ...。

私の評価は、83点。もう少し、尖がってて欲しかった。

で、例のサイトから↓

CAN'T GET ENUFF・・・You Tube

MILES AWAY・・・You Tube

EASY COME EASY GO・・・You Tube

しばらく経った後の彼らのライブから...↓上の3曲と風貌が...。

YOU ARE THE SAINT, I AM THE SINNER・・・You Tube

| 愛聴盤W | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN DOKKEN

DOKKEN

DOKKEN / DOKKEN (1994)

01. WHAT PRICE
02. SHADOWS OF LIFE
03. LONG WAY HOME
04. THE MAZE
05. NOTHING LEFT TO SAY
06. LESSER OF TWO EVILS
07. INSIDE LOOKING OUT
08. SWEET CHAINS
09. TOO HIGH TO FLY

再結成"DOKKEN"の1枚目。復活作ということで、当時の記憶を遡ると、「期待して聴いてみた→全く別のバンドに生まれ変わってしまっていた。」という印象だ。「モダン・へヴィネス」という表現がピッタリ?1曲目からガツンとやられてしまう。他のバラードも素晴らしい。より「ライブ向き」の曲が収録されている。

私の評価は79点。これが"DOKKEN"でなかったら、もっと高評価...やはり、あのサウンドをどうしても求めてしまう自分がここにいる。

で↓例のサイトから探してみた。

SHADOWS OF LIFE・・・You Tube

LONG WAY HOME "LIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤D | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LYNCH MOB WICKED SENSATION

Wicked Sensation

WICKED SENSATION / LYNCH MOB (1990)

01. WICKED SENSATION
02. RIVER OF LOVE
03. SWEET SISTER MERCY
04. ALL I WANT
05. HELL CHILD
06. SHE'S EVIL BUT SHE'S MINE
07. DANCE OF THE DOGS
08. RAIN
09. NO BED OF ROSES
10. THROUGH THESE EYES
11. FOR A MILLION YEARS
12. STREET FIGHTIN' MAN

"DOKKEN"解散後、ギターのGEORGE LYNCHがリーダーとなって結成されたバンドの1作目。私はDON DOKKENの"UP FROM THE ASHES"より、こちらの方が音は好み。この人が弾くギターって、本当にスリリングだ。

私の評価は81点。曲自体は素晴らしいが、覚えられない。

↓辛うじてあったので、聴いてみて。

WICKED SENSATION・・・You Tube

| 愛聴盤L | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月