2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

ASIA Phoenix



PHOENIX / ASIA (2008)

01. Never Again
02. Nothing's Forever
03. Heroine
04. Sleeping Giant / No Way Back / reprise
05. Alibis
06. I Will Remember You
07. Shadow of a Doubt
08. Parallel Worlds / Vortex / Déyã
09. Wish I'd Known All Along
10. Orchard of Mines
11. Over and Over
12. An Extraordinary Life
13. I Will Remember You [acoustic remix]



ようやく聴くことができました!先日、日本国内でも発売になったオリジナルメンバーによるASIAの新アルバム!!彼らがクラシックロックと言われようと、私にとっては、永遠の輝きを放つ(大袈裟ですか?)グループです。再結成して日本にやって来た時は( 2007(平成19)年3月6日の記事で書きました。 )、同窓会的なもので、まさか、アルバムまで製作するとは思いませんでした。

プレーヤーにCDを乗せ、再生ボタンを押すと、私が彼らのアルバムを初めて聴いた時に感じたあの「ときめき」が、1曲目から私の脳内で爆発してしまいました。こんな瞬間って最近、ほとんどありません。かつての私の思い出、体験...そういうものが余計にそう思わせてしまったのかもしれませんけれど。

確かに彼らの声や演奏している音は、より大人に聴こえますが、1stアルバムを彷彿させ、2ndアルバムの荘厳さをより煌びやかに...そんなアルバムです。

"You are my HERO, All that matters to me..."

やっぱり、音楽っていいですね。

私の評価は88点。微妙~。

| 愛聴盤A | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィークだからと言って...「昭和の日」の巻

今日は「昭和の日」という祝日。朝から天気も良くて我が愛犬たちの散歩も時間を長めにして、近所の公園めぐりをしてきました。

そんなに行かないところだったので、彼らははしゃぎまくって、埃や草花を沢山体毛に引っ付けて帰宅しました。あまりに汚いので、身体を洗ってやると気持ちよかったのでしょう、終わった後、家の中をいつもより余計に走り回っていました。

さすがに朝から暴れると疲れるようで、昼にはすやすやとお昼寝。そんな彼らを見ていると、つい私も寝てしまっていました。

やらなければならないことが沢山あったのに。

明日、必死でやろう...。


| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィークの狭間?

昨夜のことが「夢か?」と思うほど、朝から走り回ることになりました。自転車で1時間も走ったら、太もも、パンパン。

また、こういう時には必ずと言っていいほど、色んな連絡が入ってきてあたふた....もう、大変。

そういえば、街中を自転車で走っていても、ゴールデンウィークの狭間なのか、歩く人たちの顔も少しは穏やかに見えましたが、実際のところ、どうなんでしょう...。


| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai




今夜、大阪アメリカ村にあるライブハウス「BIGCAT」で開催された"DEMON'S ROCK TOUR √Hakurai"に行ってきました。

閣下のライブは、お客さんの年齢層が幅広く、会場に入るといつも和やかな気持ちになります。

今回のは下記のアルバムの曲を中心に、かつて発表されたものも交えての構成でした。激しいやつは、やっぱり燃えますね...首が痛くなるほどに。

GIRLS’ROCK√Hakurai(初回限定盤)(DVD付)

詳しくは、こちらで↓
デーモン小暮閣下のサイト

それにしても、今回のメンバー・スウェーデンのミュージシャンの2人は凄かった。風貌は、普通の人とそんなに変わらんのにね。

彼らのバンドの作品はこちら↓。メロディアスなハードロック...しかも北欧!いい感じなハズ!!

The Enemy Within


| ライブレポ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜中に...

さぁ、就寝しようと思っていたら、我が家の近所で事件発生!
詳しいことは書けませんが、しばらく眠れませんでした。

鮮やかな(と記述するには不適切かもしれませんが)やり方。

それにしても自転車で駆けつけて来るとは....。


| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やりがいのある仕事

ときどき仕事では「ポカ」してしまって反省も多い私ですが、今日は言葉にできない出来事がありました。詳しくは書けませんけれど...。

この仕事を選択して間違いは無かったと思います。

ですが、別件で「ポカ」してたんですよね...(泣)

まぁ、人間だから仕方ありません。


| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KATMANDU KATMANDU

Katmandu

KATMANDU / KATMANDU (1991)

01. THE WAY YOU MAKE ME FEEL
02. GOD PART II
03. LOVE HURTS
04. SOMETIME AGAIN
05. WHEN THE RAIN COMES
06. HERAT & SOUL
07. READY FOR THE COMMON MAN
08. ONLY THE GOOD DIE YOUNG
09. LET THE HEARTACHE BEGIN
10. MEDICINE MAN
11. PULL TOGETHER
12. WARZONE

ネパールの首都ではなく、グループ名です。1960年代は、ヒッピーの聖地だったところだったらしいですね。

このアルバムは、グループの名前jから予想されるような音では全くありません。重厚なコーラス、煌びやかなボーカル...私のお気に入りの1枚です。

こんないいバンドなのに、これ1枚で終わってしまったのは非常に残念です。

それでは、1曲目"THE WAY YOU MAKE ME FEEL"。探せばあるもんですね~。



ちなみにこのバンドのギターリスト、マンディー・メイヤーさんは下記のアルバムでもギターを弾いています。

Astra

GO / ASIA

| 愛聴盤K | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男の修行 山本五十六




今夜、近所の居酒屋のトイレの壁に貼ってあったもの。

彼の有名な言葉「やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、ほめてやらねば、人は動かず。」はご存知の方が多いと思いますが、これは初めて拝見しました。

*******************************************************

苦しいこともあるだろう。
云い度いこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣き度いこともあるたろう。
これらをじつと、古らえてゆくのが男乃修行である。

*******************************************************

まだまだ修行が足りません....。


| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

John Mellencamp Whenever We Wanted

Whenever We Wanted

Whenever We Wanted / John Mellencamp (1991)

01. Love And Happiness
02. Now More Than Ever
03. I Ain't Ever Satisfied
04. Get A Leg Up
05. Crazy Ones
06. Last Chance
07. They're So Tough
08. Melting Pot
09. Whenever We Wanted
10. Again Tonight

本日は私のCDコレクションから。今年22枚目?のアルバムを発表しているようですが、これは11枚目。ギターサウンドを中心としたRockに仕上がっています。

私が抱く彼のイメージは、何故か「オーストラリア出身」。ですがこれは私の誤りで、彼はアメリカ人でした。

ストレートなギターサウンド(ちょっとアンプを歪ました音)がお気に入りの方には、お勧め。隠れた名盤かもしれません。歌詞もストレート勝負!って感じです。

このアルバムからの1曲目をご紹介。下記リンク先からどうぞ。

Love And Happiness / John Mellencamp (You Tube)



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

踊らないとやっていられない....

早朝のFAXから始まった本日は、やることが多くて、こんな状態でした↓いやぁ、ホンマに。



「しつこい」と言われようが、載せてしまいます。

作り方はこちらのサイト 「かんたん!マイコラ」 でチェック!


| 音楽関連の話題 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

身体のあちこちが痛かった一日

昨夜、我が義父の家で飼っている犬たち(2匹、ラブラドール・レトリバー、ミニチュアダックス)を我が家に宿泊させました。私一人が犬たちと寝ることに。

左側に我が家の犬たち(ギンタロウ、ルル)が、右側に上記の2匹が私にぴたっと寄り添って寝てくれました。

犬好きにとってこんなに幸せなことはありませんでしたが....。

明け方4時30分頃、急に彼らが「運動会」を始め、起こされました。まだ眠かったので、叱り付けて再び就寝。午前7時過ぎに起床したのですが、身体のあちこちが痛いのに気付きました。彼らのせいで、寝返りが打てず、緊張したまま寝ていたようです。しかも、眠気が取れず...。

朝の犬たちの散歩をして、朝食を摂った後、再び寝てしまいました。天気が良くて、1週間ぶりにゴルフの練習に行こうと思っていたのに、睡魔に勝てませんでした。

「こんな日は、掃除するに限る!」と奮起して執務室を徹底的に掃除しました。

明日からも頑張れ!自分!!

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一安心

ここ数日の懸念事項が良い方向へと進み、また、喜んでいただけたのでホッとしています。

頑張れ!自分!!

| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタロウちゃん、久々に獣医に行く

DSC00255.jpg


本日、コタロウちゃんの鳴き叫ぶことについて相談と診察を兼ねて、久々にかかりつけの獣医へ彼を連れて行きました。

上の写真は、コタロウちゃんの右側の腰に出来ていた「床ずれ」の部分です。こちらはようやく皮膚が全体を覆ってきて、獣医からも薬等の処方は必要ないと言われました。ただ、左側に出来ている「床ずれ」はまだこんな状況です。↓

DSC00258.jpg


周囲は赤くなっていますが、5ミリほど皮膚が被さってきています。真中の水ぶくれのような部分は、まだ穴になっているのです。

「もうちょっとやねぇ~」と先生もニコニコしながら呟いておりました。

コタロウちゃんが鳴く件については、身体のどこかが身体が冷えることが原因の痛みのせいで、痛み止めを処方する方法もあるが、それよりも足を温めてあげたほうが良いとのことでした。今後は、雨の日や寒い日に、私が使い古した「靴下」を彼に履かせようと思います。

頑張れ!コタロウちゃん!!

続く....

| 老犬介護(コタロウちゃんの思い出) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ数日のコタロウちゃん

全国のコタロウちゃんファンの皆様、こんにちは!
ここ数日、天気の移り変わりが早く春本番という感じですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、当のコタロウちゃんですが、天気の良いうららかな日には、身体の痛みも少ないのか、叫ぶのはほとんど「ウンコが出る~!」と「オシッコが出た~!!」と私たちに教えてくれるときだけですが、本日のような天気の悪い日には身体のあちこちが痛いのでしょうか、ずっと鳴き叫びます。本日は、所用で自宅に居たのですが、朝から夜までほとんど(途中2~3時間は昼寝していましたけれども)叫び通し。たまたま、へヴィーな出来事があり、それについて熟考しようと思いましたが、彼の単調な叫び声に「イライラ~」としてしまいました。

「何が不満やのん!」と叱ったところで、ボケてしまった彼には通じるわけもない。無駄だとは理性で分かっていても感情が追いつかない。

*******************************************************

今では寝たきりになってしまいましたが、かつて、彼がきちんと立って歩くことができた頃は、ほとんど鳴いたりせず大人しかった彼。今では正反対で我が家の暴君。

まぁ、気長にやりましょう...。

頑張れ!コタロウちゃん!?

続く


| 老犬介護(コタロウちゃんの思い出) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JANET JACKSON'S RHYTHM NATION 1814

リズム・ネイション

JANET JACKSON'S RHYTHM NATION 1814 (1989)

01. Interlude: Pledge
02. Rhythm Nation
03. Interlude: T.V.
04. State of the World
05. Interlude: Race
06. The Knowledge
07. Interlude: Let's Dance
08. Miss You Much
09. Interlude: Come Back Interlude
10. Love Will Never Do (Without You)
11. Livin' In A World (They Didn't Make)
12. Alright
13. Interlude: Hey Baby
14. Escapade
15. Interlude: No Acid
16. Black Cat
17. Lonely
18. Come Back To Me
19. Someday Is Tonight
20. Interlude: Livin'...In Complete Darkness

本日は、我が家のCDコレクションから。先日のお兄さんの件があったのでついでに。

このアルバム、1曲の間にTVコマーシャルのようなものが入っています。"Interlude"というものがそれ。画面を見ずにTVの音だけを聴いているような感じです。それでもこのアルバムのテーマはシリアスかつ元気良過ぎ....。

この中から、私の思い入れの強い曲"Black Cat"↓学生時代を思い出します。




| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横暴なオヤジ

cyogori.jpg

(↑写真はイメージです)

本日、夕方から私が所属している支部総会に出席した後、懇親会、そして、強制的(笑)に2次会へと漂いました。

詳細は書けませんが、なんだかよく分からなくなりました...。決して酔っ払っていたのではありません。むしろ、酔いは覚めていました。はぁ。

皆様と別れた後にうどん屋に引き込まれ、これも強制的に食べさせられて....。

帰宅時には、別の意味でヘロヘロ。ダメージの回復にしばらく時間がかかりそうです。


| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見張り....




↑本日の一コマ。私がPCで書類を作っていると、我が家のミミちゃんがモニターの上に乗ってしまいました。見張りのようです。「サボるなよ~!」と言われているようで....。

今時、こんなブラウン管のモニターを使っている人もかなり少なくなってきたと思いますが、割とこの形式のやつ、熱を発するんですよね。その暖かさがお気に入りのようです。


| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日って

日曜日って、あっという間に終わってしまいます。

朝、天気が良かったので、愛犬たちと近所の公園を長めに散歩。何故かいつもはほとんど人がいない公園なのに、今日はバーベキューを始める人達で賑わっていました。

帰宅後、家の掃除...普段はしないところまでとことんまでやってしまいました。

午後は、久々にゴルフの練習場へ。これも親指にマメができるまでやってしまいました。

夕食もたらふく食べて。

コタロウちゃんの介護やら色々していたら、いつの間にか日付が変わって...そんな一日でありました。
(最近のコタロウちゃん、文句が非常に多く、一日の半分は鳴いています。)


| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少しずつ...

私の仕事は知識はもちろん必要ですが、自分には「より沢山の経験」が必要だと実感した一日でした。

また、「とことん突き詰めて行く」ということを決意した日でもあるかもしれません。

ちょっとまじめなことを考えた一夜でした。


| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君も「マイケル」になって踊ってみないか!

ちょっと息抜きに、そして、久々に音楽情報をチェックしていたら、こんなページがありました。

マイケル・ジャクソン、「スリラー」のマイケルがあなたの顔に!?

「ほう、面白そうやん!」

*******************************************************

で、踊ってみました 作ってみました。




恐過ぎる...。皆様からのコメントをお待ちしております。m(__)m。

| 音楽関連の話題 | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEFF BECK TRUTH

Truth

TRUTH / JEFF BECK (1968)

01. SHAPES OF THINGS
02. LET ME LOVE YOU
03. MORNING DEW
04. YOU SHOOK ME
05. OL' MAN RIVER
06. GREENSLEEVES
07. ROCK MY PLIMSOUL
08. BECK'S BOLERO
09. BLUES DE LUXE
10. I AIN'T SUPERSTITIOUS

本日は私のCDコレクションから。今となっては「古臭い」のかもしれませんが「格好良い」のは変わりません。若かりし頃のロッド・スチュワートがボーカルですが、現在とほとんど変わらない彼のスタイルもまた「格好良い」です。

ジェフ・ベック...彼のトレードマークとなっている「フェンダー・ストラト・キャスター」というギターですが、このアルバムでは、それではなく「ギブソン・レスポール」を弾いています。温かみのある音を出していますね。

で、例のサイトで探してみました。あるもんですねぇ、古いものですけれど。
↓"SHAPES OF THINGS"。若いですよ~。



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悪いやつら...

帰宅したら、リビングの床が大変なことになっていました。

写真ではお見せすることはできませんが、買い溜め(いつも1カートン・10箱入りを買ってくるのです)していた新しいタバコを、保管場所から引っ張りだして、カートンの箱を開け、しかも、個包装まで噛み砕いて...タバコの葉が散乱していたのです。

「アカンやろ!」

すぐに動物病院に彼らを連れて走りました。
(悪いやつらはこちら↓。こんな顔していますが、悪すぎ...)

gin_ruru.jpg


病院で吐かせる処置をしてもらいましたが、幸いなことに嘔吐物の中にタバコの葉は細いのが1~2枚だけで大丈夫でした。

彼らの手(口)に届く所に置いていた私が一番悪いのですけれど、今まで何もしなかったのに、突然、そんないたずらをするなんて...。

高い反省料を支払わされて、疲れた一日でした。

タバコの誤飲について書かれたページを見つけましたので、そちらから引用します。

 子どもが誤って食べる事故で一番多いのがタバコです。特に8から12か月児が最も多くなっています。
 ニコチンの幼児の致死量は10から20mgで、これは市販のタバコの半分から1本に相当します(タバコ1本あたりのニコチンは約20mg)。タバコの葉を食べた場合は、ニコチンが溶け出るのと吸収されるのに時間がかかるので、中毒症状はまれです。しかし、タバコの吸殻が入っていた灰皿の水や、缶のジュースを飲んだ場合、速やかに吸収されてニコチン中毒の症状が出ます。30分ぐらいで吐き気、嘔吐が出現し、症状が強い場合は顔色が青白くなり、けいれんや興奮が見られます。
 食べた量が2cm未満なら特に吐かせずに様子を見て、4時間たって症状がでなければ大丈夫でしょう。食べた量が不明であっても、症状がなければ同様です。タバコの葉を2cm以上食べた場合には、水や牛乳を飲ませずにのどに指を入れて吐かせて、灰皿の水などを飲んだ場合には水や牛乳を飲ませたあとに同様に吐かせて、急いで小児科を受診しましょう。小児科では胃洗浄といってチューブを入れて胃の中を洗う処置をします。



くれぐれもご注意を...。

| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続、無法地帯?

今夜、近所の居酒屋でチビチビ呑んでおりましたところ、店の前の道路の方から車のクラクションが聞えてきました。どうやらクラクションを鳴らしながら走行しているようでした。

次第に、クラクションが強力に大きくなって(近づいて)きたので、「何や?」とふと店の窓から外を見ると、1人の若者が全速力で車道を走っていました。その直後を、その車が追い駆けていました。

アッという間の出来事で、その若者も車も視界から消えてしまったのでどうすることもできませんでした。

一体、何が起こったのか....。その後もニュース等で何も報道が無かったので、大した事件ではなかったのかもしれませんが、ここ数日、重ねて変な出来事に遭遇することがあったので記事にしました。

出来事があった場所はここ↓。

大阪府大阪市天王寺区東高津町の地図

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に歯の健康診断に行きました

本日、久々に歯の検診に行きました。以前行ったのは、このブログを始めた頃だったようです。

(過去の私の記事)

最近、歯に色素が沈着してきたのと、嫁に 「早よ、行け!」 と言われていたので渋々...。

レントゲン撮影や歯周病の検査やらで、長い時間口を開けるのは大変しんどいですね。まだ歯茎は大丈夫でしたが、比較的軽い虫歯が奥歯に2箇所発見され、歯並びの悪さを「軽く」指摘されたりとうれしいような悲しいような...精神的にダメージを受けて帰ってきました。雨が降っていたせいもあります。

*******************************************************

治療中に座っているあの歯科の椅子の右側に、色んな器具を置いてある机があって、その上にちょうどレントゲン写真を飾る台(あれってなんていう名前なんだろう)に私のレントゲンが置いてあったので、治療の合間に何気なく眺めていたのですが、私の右前上顎、ちょうど鼻と歯の間に白い塊が写っていました。気になったので、治療後、先生に質問してみると...

「生えていない歯です。たまにいるんですよ。」

『「たまに」って先生...』と思いながら、説明を続けて聞くと、反対方向に向いているとのこと。つまり、上の歯が下向きに生えるのではなく、上の歯が上向きに口の中にあるということです。

こんな私ですが、どうかよろしく....。

| 病い・ケガ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上六無法地帯?!

今夜10時頃、我が愛犬たちと散歩しながら「上町筋」(大阪市道赤川天王寺線・大阪城から南へ真っ直ぐ伸びる道路)を歩いていた。

「上本町6丁目(通称「上六」)交差点」に近づいた時だった。前の方から男性の咆哮が聞えてきた。

「開けんか!こらぁ!!」

他に何か叫んでいるようだが、よく分からない。

「事件か!」と思い、近づいて見たら、ある長髪の男性(自転車を持ちながら)が市バスの搭乗口を執拗に蹴っている。

すぐさま、警察に電話を入れ状況を説明していると、その男性は鶴橋方面に自転車で逃走した。

警官が数名、自転車で駆けつけて来たが、その後はどうなったのか分からない。

もし、そのバスに私が乗っていたら...などと考えながら帰って来た。本当に物騒だ。

大阪府大阪市天王寺区上本町6の地図

| 日記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BLUE MURDER BLUE MURDER

Blue Murder

BLUE MURDER / BLUE MURDER (1989)

1. RIOT
2. SEX CHILD
3. VALLEY OF THE KINGS
4. JELLY ROLL
5. BLUE MURDER
6. OUT OF LOVE
7. BILLY
8. PTOLEMY
9. BLACK-HEARTED WOMAN

John Sykes...技能・才能に優れているギターリストですが、不遇だと思うのは私だけでしょうか?ホワイト・スネイクの大ヒットアルバム「SERPENS ALBUS」で、格好いいリフ、フレーズを弾いているのにも関わらず、そのアルバムの録音後脱退した後に出たPVでは後に加入したエイドリアン・ヴァンデンバーグとヴィヴィアン・キャンベルの2人のギターリストが写っているので、まるで彼らが弾いているという...(決して彼らをけなしているのではありませんし、私は彼らも好きなんですよ)。

まぁ、そんなことはどうでも良いのですが、昨年、THIN LIZZYの再結成で中心人物になっているようですね...。頑張っていただきたいものです。

で、このアルバムから1曲。アコースティック・ギターのサウンドから始まる格好いい曲です(いつの間にかパワー・バラードに変わってしまいますが)。



| 愛聴盤B | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOE PASS VIRTUOSO

バーチュオーゾ

VIRTUOSO / JOE PASS (1973)

01. NIGHT AND DAY
02. STELLA BY STARLIGHT
03. HERE'S THAT RAINY DAY
04. MY OLD FLAME
05. HOW HIGH THE MOON
06. CHEROKEE
07. SWEET LORRAINE
08. HAVE YOU MET MISS JONES
09. 'ROUND MIDNIGHT
10. ALL THE THINGS YOU ARE
11. BLUES FOR ALICAN
12. THE SONG IS YOU

"VIRTUOSO"...「巨匠」とタイトルがつけられたこのアルバム。ジャズ・ギターの名盤中の名盤。1994年に他界しましたが、他のギターリストに多大なる影響を与えました。

このアルバム、すーっと聴けてしまいますが、実際、こんなメロディで弾けません。

↓は、後年のライブでこのアルバムの10曲目に収録されている"ALL THE THINGS YOU ARE"。年齢を重ねても、こういう具合にギターが弾けたら幸せですね...。



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN NORUM FACE THE TRUTH

Face the Truth

FACE THE TRUTH / JOHN NORUM (1992)

01. FACE THE TRUTH
02. NIGHT BUZZ
03. IN YOUR EYES
04. OPIUM TRAIL
05. WE WILL BE STRONG
06. GOOD MAN SHINING
07. TIME WILL FIND THE ANSWER
08. COUNTING ON YOUR LOVE
09. ENDICA
10. STILL THE NIGHT
11. DISTANT VOICES

本日もCDコレクションから。再結成「EUROPE」のギターリストの2ndソロアルバムです。このアルバムは、ちょうどバンド(EUROPE)を飛び出した後、しばらく色んな活動をした後に出したものです。

ハードでノリノリ(笑)な曲、メロディアスでロマンティックな曲があったりと隠れた名作だと私は勝手に思っているのですが、彼の師匠のようなフレーズが時々見え隠れするのです。

このアルバムの中から、比較的明るいものを↓

YOU TUBE "WE WILL BE STRONG"

この曲だけ、このアルバムで浮いてるような...。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOE SATRIANI NOT OF THIS EARTH

Not of This Earth

NOT OF THIS EARTH / JOE SATRIANI (1986)

01. NOT OF THIS EARTH
02. THIS SNAKE
03. RUBINA
04. MEMORIES
05. BROTHER JOHN
06. THE ENIGMATIC
07. DRIVING AT NIGHT
08. HORDES OF LOCUSTS
09. NEW DAY
10. THE HEADLESS HORSEMAN

久々にCDコレクションから。「ギター1本あれば何でもできる。人間の心、感情を全て表現できる」と言い切る彼の1st。今はもう12枚目が日本でも発売予定だそうで...精力的に活動されています。

この時のジャケット写真では、髪がふさふさしていますが、現在の彼はスキンヘッド!つるつるです。まぁ、そういうことは関係ありませんが、これの次のアルバムが、ギターサウンド中心のアルバムにジャンル別けされた中で滅茶苦茶売れたという彼。今後もどんどん作品を作りつづけていくことでしょう。

このアルバムの中から3曲目の"RUBINA"のライブ映像がありましたのでご紹介しましょう。



う~ん、心地よいサウンドです。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

労働保険料の申告納付が始まりました

年度が変わり、計算が遅い私にとって頭の痛い季節がやってまいりました。

そこで、「ちゃっちゃっ」とできるファイルを作成しました(ただし数字は入力する必要があります)。

詳しくは こちら から...。

画面はこんな感じです。

20080403153220.png




| 社会保険労務士・社労士 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月