2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

G-FORCE / GARY MOORE LIVE AT THE MARQUEE

G-FORCE

<DISC 1>
G-FORCE / G-FORCE (1980)

1. You
2. White Knuckles / Rockin' And Rollin'
3. She's Got You
4. I Look At You
5. Because Of Your Love
6. You Kissed Me Sweetly
7. Hot Gossip
8. The Woman's In Love
9. Dancin'

<DISC 2>
LIVE AT THE MARQEE / GARY MOORE (1983)

1. Back On The Streets
2. Run To Your Mama
3. Dancin'
4. She's Got You
5. Parisienne Walkways
6. You
7. Nuclear Attack
8. Dallas Warhead

本日もCDコレクションから。学生の頃、嬉しがって輸入版ばかり購入していた時期があり、タワーレコードに出かけては物色しておりましたが、ある日、見つけて思わず買ってしまった2枚組。現在は、上記写真のように1枚ずつ発売されているようですが、これはフランス版で1988年に発売されたものです。

さて、今ではすっかりブルース一辺倒のGary Mooreさんですが、この頃はかなり激しいギターを弾いておりました。もうこんなギターは弾かないだろうなぁと思いながら、このアルバムを聴いていると収録されている曲は激しく、また、エキサイティングな曲ばかりなのですが、少し寂しくなってきます。が、それは本人の気持ちですからどうしようもありませんね。

まぁ、機会があれば聴いてみてください。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FRANK GAMBALE THUNDER FROM DOWN UNDER

Thunder from Down Under

THUNDER FROM DOWN UNDER / FRANK GAMBALE (1990)

01. Humid Being
02. Faster Than An Arrow
03. Samba Di Somewhere
04. Kuranda
05. Obsessed For Life
06. Leave Ozone Alone
07. The Land Of Wonder
08. Obrigado Fukuoka
09. Robo-Roo
10. Forgotten But Not Gone
11. Mambojambo
12. One Not Two

本日は私のCDコレクションから。これは、彼のソロ4枚目の作品。ギターリストのソロアルバムですからギターサウンドが中心ですが、比較的聴き易い1枚だと思います。聴いていて気持ち良いですから。

かつて「ギター・キッズ」だった頃、話の種にと思い買ってきたんですが、「音の粒」を綺麗に醸し出している彼の技術にびっくりさせられました。

私の文章では書き表せないので、例のサイトからこのアルバムの曲を探してきましたよ。
"Leave Ozone Alone"...彼の教則ビデオでの演奏です。



自然に聴けてしまうところが凄過ぎです。

で、今の彼はどうしているのか...と思い、検索してみると公式ページがありましたので載せておきますね。興味のある方はどうぞ。

Frank Gambale

これもびっくりです↑。

| 愛聴盤F | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

In My Starange Dream

変な夢を見ました。

*******************************************************

何故か私が高校2年生の2学期の頃にタイムスリップし、他の教科の授業はきちんと出席し単位は取れているのに、体育だけは全く授業に出席していないという状況になっていました。それでも所属していたバスケットボール部の部活には日曜も休まず練習に出ていたのです。

体育のある日に、ある体育担当の教師に体育教官室に呼ばれ、コンコンと説教され...その説教をしている先生は、何故か私がかつて教員時代に同僚であったあるお方。

私が何故体育の授業に出席していなかったのか、全く理解できませんでしたが、この人に説教されることも理解できず...。

*******************************************************

苦しくなって目が覚め、夢だったと気付き再び寝ると...

*******************************************************

ある日、ゴルフ場に私がいました。カート(ゴルフ場をゴルフバッグを載せて走る車)のところまで行き、私のクラブを見たら、「パター」が入っていません。どうやら忘れてしまったようです。

マスター室に行き貸しクラブを借りましたが、このパター、シャフト(柄)が何故か紙の筒でできており、それも伸縮自在で自分の好みの長さに調整できるのですが、ちょうどいいところで固定できないというもの。他に無いのか尋ねずにラウンドをし、とうとうグリーン上では、スイングするとシャフトが長くなったり短くなったりする始末...。

*******************************************************

「何でこんなやつしかあれへんねん」と呟いたときに目が覚めました。

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ELVIS PRESLEY BEST

BEST

BEST / ELVIS PRESLEY (1994)

01. Heartbreak Hotel
02. I Want You, I Need You, I Love You
03. Don't Be Cruel (To A Heart That's True)
04. Hound Dog
05. Love Me Tender
06. All Shook Up
07. Jailhouse Rock
08. Wear My Ring Around Your Neck
09. I Need Your Love Tonight
10. (Now And Then There's) A Fool Such As I
11. G. I. Blues
12. Can't Help Falling In Love
13. You Don't Have To Say You Love Me
14. Suspicious Minds
15. An American Trilogy
16. Burning Love
17. In The Ghetto
18. If I Can Dream
19. It's Now Or Never
20. Are You Lonesome Tonight?

本日は、久々に雨が降りました。冬の雨は、何となく寂しい感じがします。

さて、私のCDコレクションで、唯一ある彼のベスト版。日本企画版のもののようです。

彼が1977年に亡くなってから現在に至るまで、まだまだ新盤が発売され続けているという信じられない状況ですが、このアルバムは彼のことを全く聴いたことが無い人にも聴きやすく、また、有名どころ満載です。

公式音源だけでも約800曲を超えるらしいので、聴いてみたいなと思う方にはオススメの1枚かも?



| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EURYTHMICS GREATEST HITS

グレイテスト・ヒッツ

GREATEST HITS / EURYTHMICS (1991)

01. Love Is A Stranger
02. Sweet Dreams (Are Made Of This)
03. Who's That Girl?
04. Right By Your Side
05. Here Comes The Rain Again
06. There Must Be An Angel (Playing With My Heart)
07. Sisters Are Doin' It For Themselves / with Aretha Franklin
08. It's Alright (Baby's Coming Back)
09. When Tomorrow Comes
10. You Have Placed A Chill In My Heart
11. Miracle Of Love
12. Sex Crime (1984)
13. Thorn In My Side
14. Don't Ask Me Why
15. Angel
16. Would I Lie To You?
17. Missionary Man
18. I Need A Man

久々にCDコレクションからですよ。このアルバム、18曲も入っていてお得感がとってもするアルバムでした。

彼らのことを知ったのは、私が中学生の頃だったでしょうか。MTVかベストヒットUSAだったか、ある日の放送で彼らの映像と音に衝撃を受けました。一番最初に聴いた(観た)のは、このアルバムの2曲目だったような気がします。シンセの太い音とお経のような歌...。何も知らない田舎の子供だった私には刺激が強すぎました。

そういう神秘的?な雰囲気の曲以外にもウキウキするような曲(16曲目など)も発表しており、ある意味「何でもあり」のユニット。

で、例のサイトから。SONY BMG(UK)のレーベルからのUPのようです。

~You Tube~ EURYTHMICS / Sisters Are Doin' It For Themselves

80年代、やっぱり格好良い。



| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日も寒かったですね~。

今朝、コタロウちゃんの鳴き声で目が覚め、窓の外を見るとベランダの手すりの上に薄く雪が積もっておりました。こんな感じで暖かい日と寒い日が繰り返しながら春はもうそこに来ているのかもしれません。

最近、我が家の猫「みみ」ちゃんが、彼女にとって一番暖かい場所を発見したようです。

それは...

DSC00230.jpg


台所の電気ポット!

思わず写真をとってしまいました。撮影していても一向に動じません。

DSC00229.jpg


名前を呼びかけたらようやく振り向きました。

DSC00228.jpg


「何か用か?」と邪魔くさそうです...。


| | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J-SLASH LIVE




本日夕方、J-SLASHのライブがあるということで、大阪アメリカ村のライブハウス「CLAPPER」に行ってまいりました。何時の間にか出来ていたんですね~。と言うより、学生時代は楽器店がまだ数件アメリカ村にあって楽器を覗きに行ったり、当時タワーレコードがアメリカ村しかなかったので、輸入版のCDを探しに出向いたりしていたもんですが、もう最近は年齢層が違うということで自転車でアメリカ村の中心を走ったりするくらいしかこの辺りは知りませんし、もちろん、店に立ち寄ったりすることはほとんどありません。

さて、そのライブハウス、Webサイトがあるので詳しくはこちらから↓

ライブハウス CLAPPER のサイト

J-SLASHのライブ、大阪のライブハウスでは本当に久々で、今回は数多くのバンドが出演する日の中でのライブでした。演奏もしっかりしていて見ごたえ充分!迫力満点!!という感じでした。各楽器のバランスもしっかり取れており、他のバンドを見に来て彼らを初体験された方にも充分アピールできたライブだったと思います。ただ、もう少し注文を言えば、オペレターの人にボーカルをくっきり出して欲しかったなぁ...という思いがありますけれど。

セットリストは、新作「FORCE OF UR ROCK」から4曲と過去の1曲の全5曲だったと思います(はっきりと覚えていないのです)。

1. Always Love You
2. Please My God
3. もうごめんだぜ
4. Rave On
5. Alive On The Earth

もうちょっと聴きたいなぁ...と思わせるところで終わってしまったのが残念でした。


| ライブレポ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタロウちゃんの日々

全国のコタロウちゃんファンの皆様、こんにちは!

昨日、記述しましたコタロウちゃんへの処置、何とか写真に収めることができましたのでUPしたいと思います。

まずは、1枚目。毎日お風呂で「床ずれ」の部分をシャワーしますが、これは「した後」の写真です。どの消毒よりも水で流す方が効果的のようです。

DSC00247.jpg


次は、濡れている傷口をよく乾燥させて「あるゼリー」を塗ります。

DSC00246.jpg


その上からフィルムを貼ります。このフィルムは人間の床ずれ用と同じ物です。

DSC00245.jpg


フィルムの周囲をテープで固定します。テープは経験上、スポーツ用のテーピングテープが、一番良いようです。

DSC00244.jpg


気持ちよくなったのか、この作業の合間に「うんこ」をしてしまいました。

DSC00243.jpg


そして、オムツをかぶせて...

DSC00242.jpg


彼の後足の付け根に出来ている両側の「床ずれ」の部分に「秘密兵器」をかぶせます。これが秘密兵器...。

DSC00241.jpg


引っ付けるとこんな感じです。

DSC00240.jpg


両側に付けた様子はこんなんです。

DSC00249.jpg


「ティエレン」のパイロットがかぶっているゴーグルみたいです。

これを毎日数回繰り返します。

| 老犬介護(コタロウちゃんの思い出) | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のコタロウちゃん

全国のコタロウちゃんファンの皆様、こんにちは。

我が家のCDコレクションばかりUPしていると、コタロウちゃんのご報告をつい...と言いますか、そう変わりないので記事にするにはちょっと...という感じでございました。

1月から2月中旬まで、夜中に叫びはじめることもなく、ぐっすりと寝てくれたので、私たちも睡眠不足になることは無かったのですが、この2~3日前から、何故か夜中、2~3時間に1度くらい叫ぶようになってきました。

彼が叫ぶ原因は、「オムツの交換」、「食餌」、そして、「身体の体勢の変更」を要求することが最近分かってきましたが、夜中にそれをされるとたまりません。近所迷惑になっているだろうなぁ...と思うと。彼の単調な鳴き声が、私たち飼い主をイライラさせるほどですから、ご近所の方にはもっとイヤだと思うのです。

少しずつ暖かくなってきましたので、「動きたい」という要求もあるのかもしれませんが、それにしても「何で夜中やねん...」という感じです。

*******************************************************

彼の「床ずれ」の部分は、かなり小さくなってきました。皮膚がめくれ赤い部分はあるものの、その部分がどんどん小さくなってきているのです。気が向きましたら、現在彼に行っている「床ずれ」対処法の写真をUPしたいと思っていますが、この作業、早くしないとコタロウちゃんが騒ぎはじめて大変なので、どうなるか....。

*******************************************************

激しく鳴き叫ぶ体力を維持しているようなので、まだまだ元気でいてくれそうです。

今夜は、どうなることでしょう...。

| 老犬介護(コタロウちゃんの思い出) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J-Slash FORCE OF UR ROCK FOUR

J-SALSH.jpg


FORCE OF UR ROCK (FOUR) / J-Slash (2008)

1. Always Love You
2. Please My God
3. You Can Rise Time After Time
4. I Don't Wanna Miss All Your Love
5. Rave On-Album Mix-
6. Alive On The Earth

我が義兄弟たちのつい先日、国内発売されたアルバムです。レコード店で見かけられましたら、是非、お買い求め下さい(宣伝)。

詳細については彼らのサイト J-Slash Official Web Site にて。

このアルバムの1曲目がPVで視聴できます。

Always Love You

聴いてみてください~。

| 愛聴盤J | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月度「めだかの会」

DSC00112.jpg

↑写真はイメージです。

本日、月例の「めだかの会」(宴会)が開かれました。

皆様の近況のご報告と訳の分からないお話しに時間があっという間に過ぎてしまい、何故か、グラスにどんどんお酒が注がれて、いつもよりは酔っ払ってしまいました。

もう少し抑えなければ...。

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ELLA FITZGERALD ALL THAT JAZZ

All That Jazz

ALL THAT JAZZ / ELLA FITZGERALD (1989)

01. Dream A Little Dream Of Me
02. My Last Affair
03. Baby, Don't You Quit Now
04. Oh, Look At Me Now
05. The Jersey Bounce
06. When Your Lover Has Gone
07. That Old Devil Called Love
08. All That Jazz
09. Just When We're Falling In Love (Robbins' Nest)
10. Good Morning Heartache
11. Little Jazz
12. The Nearness Of You

こんなのもたまに聴きます。もうすでに他界されています(1996年)が、このアルバムは彼女が70歳の時の作品で、これが最後になってしまったようです。

これを聴きながら洋酒を傾けて...たまにはそんなことをしてみたいものですが、私には似合わない?

| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EMERSON, LAKE & PALMER BLACK MOON

Black Moon

BLACK MOON / EMERSON, LAKE & PALMER (1992)

01. Black Moon
02. Paper Blood
03. Affairs Of The Heart
04. Romeo And Juliet
05. Farewell To Arms
06. Changing States
07. Burning Bridges
08. Close To Home
09. Better Days
10. Footprints In The Snow
11. A Blade Of Grass

イエス、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、ジェネシスと並べられプログレッシブ5大バンドの1992年に再結成時のアルバム。1978年に1度解散し、再結成後、1998年頃までバンドとして活動していたようですが、今はうやむやになっているような感じです。

このバンドのアルバムも我が家に1枚だけしかありません。過去の物もじっくり聴いてみたい気がしますが、ちょっと私には気合が必要です。

まぁ、このアルバムは聴き易い方で、こんな格好良いやつも"Paper Blood"↓。



| 愛聴盤E | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ERIC CLAPTON UNPLUGGED

アンプラクド~アコースティック・クラプトン

UNPLUGGED / ERIC CLAPTON (1992)

01. Signe
02. Before You Accuse Me
03. Hey Hey
04. Tears In Heaven
05. Lonely Stranger
06. Nobody Knows You When You're Down & Out
07. Layla
08. Running On Faith
09. Walkin' Blues
10. Alberta
11. San Francisco Bay Blues
12. Malted Milk
13. Old Love
14. Rollin' & Tumblin'

このアルバムから"UNPLUGGED"(アンプラグド...ジャック(エレキギターなどの電気楽器のコードをアンプに突っ込まない、つまり、アコースティックでということ)もののアルバムが流行りだしたのは過言ではないでしょう。

何故か彼のアルバムは、我が家にはこれ1枚だけしかないのですが、お気に入りの1枚です。

例のサイトから、歌詞入りのものを探してきましたので、一緒に歌ってみてはどうですか?


| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EAGLES THE BEST OF EAGLES

eagles.jpg


THE BEST OF EAGLES / EAGLES (1985)

01. Take It Easy
02. Peaceful, Easy Feeling
03. Desperado
04. Tequila Sunrise
05. Best Of My Love
06. Lyin' Eyes
07. Take To The Limit
08. One Of These Nights
09. Hotel California
10. New Kid In Town
11. Life In The Fast Lane
12. Heartache Tonight
13. The Long Run

1982年に1度解散した後に発表された彼らのベスト版。現在は他の選曲でのベストが出ているようですね。もちろん、我が家には再結成後のやつもありますが、それはまた何時の日か。

ドライブで長い距離を行くときにこれを聴いていると、気持ちも落ち着いてのんびり運転できる1枚。

そうそう、私の初めての職場で結成した謎のバンドで、"Hotel California"をやってしまいました。



↑こんな渋い演奏はできませんでしたが。

| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EXTREME EXTREME

Extreme

EXTREME / EXTREME (1989)

01. Little Girls
02. Wind Me Up
03. Kid Ego
04. Watching, Waiting
05. Mutha (Don't Wanna Go To School Today)
06. Teacher's Pet
07. Big Boys Don't Cry
08. Smoke Signals
09. Flesh 'N' Blood
10. Rock A Bye Bye
11. Play With Me

本日もCDコレクションから。このバンドは2枚目のアルバムが有名です。そのアルバムの中の曲"More Than Words"が、日本でも大ヒットしたことは記憶に新しいですね。今でも時々FMを聴いているとリクエストがかかったりしています。

この彼らの1stアルバム、私も実は彼らの2枚目を聴いた後に購入したのですが、このジャケットが80年代主流だった「LAメタル」バンドのような...「もうちょっとお金かけろよ~」と言いたくなるジャケットですが、音はきっちりと彼らのサウンドを確立させています。

で、このアルバムの1曲目。このPVを見ながら、学生時代バンドでコピーしたことを思い出してました。



| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ERIC JOHNSON SEVEN WORLDS

Seven Worlds

SEVEN WORLDS / ERIC JOHNSON (1998)

01. Zap
02. Emerald Eyes
03. Showdown
04. Missing Key
05. Alone With You
06. I Promise I Will Try
07. Winter Came
08. Turn The Page
09. A Song For Life
10. By Your Side

本日もCDコレクションから。1998年発表のこれは録音されたのが1976年~1978年だそうで、録音したもののレコード会社から発売されず「お蔵入り」していたもの。

彼のギターサウンドは心地よくて、このアルバムもアッという間に終わってしまいます。

「何て綺麗な音を鳴らせるんだろう...」

演奏技術も凄いですが、その凄さの前に心地よさに圧倒されます。

で、例のサイトから。"Zap"このアルバムのバージョンとは違いますが、より洗練されています。




| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EUROPE EUROPE

幻想交響詩

EUROPE / EUROPE (1983)

1. In The Future To Come
2. Farewell
3. Seven Doors Hotel
4. The King Will Return
5. Boyazont
6. Children Of This Time
7. Words Of Wisdom
8. Paradize Bay
9. Memories

本日は、CDコレクションから。これもまた懐かしいやつです。日本語のアルバムタイトルが「幻想交響詩」...ジャケット写真も綺麗ですが、タイトルもまた「様式美」!

日本では、今でもバラエティ番組のBGM等で「ファイナル・カウント・ダウン」がよく使われていますが、その彼のファーストアルバム。聴いて損は無し!!

例のサイトから探してきました。昨年の東京でのLiveから"Seven Doors Hotel"。



いいわぁ。

| 愛聴盤E | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まつしまななこに誘われて

昨夜のお酒が、少し残っているような感じで目が覚めて、午前中は妻と買い物に出かけ、午後は天気が良かったのと、数日前にインフルエンザから回復したので、久々にゴルフの練習に行ってきました。今年は「1週間に1日は練習」と新年早々に決めたのですが、2週間ほど飛ばしてしまっていますが、これからも続けたいと思っています。

本日は、右手の親指にマメができ、それが破れるまで打ってしまいました。どうしても力が抜けません。まだまだ練習が足りません。

いい汗をかいて帰宅し、「本日の夕食は鍋!」と妻が決めたので妻のご両親を我が家にご招待し、一家団欒を過ごしていたところに、昨年の夏にようやく塗り絵を完成させた「まつしまななこ」嬢(?)から電話がかかってきました。「宴会に来て」とのお誘いの電話でした。その電話でかつてお世話になった方々とお話しさせていただき、半ば強引に...。


約15分後には、宴会場に居ました。


1時間程度で今回はお開きでしたが、今回のメンバーも強力の様子。頑張って最後まで乗り切って欲しいと思い、また、私が受講したときからもう2年が経過してしまったんだなぁと。


| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に

本日、久々に大学時代に無茶苦茶やっていた仲間たち数名が集まっての宴会でした。卒業後から毎年、1年に1度は宴会旅行に出かけていたのですが、年齢を重ねるにつれ皆の仕事や家庭に対する責任などが大きくなり、ここ数年は宴会旅行が途絶えてしまいまして、とりあえず、今年は宴会から始めようと、皆に呼びかけて集まった奴等は5名。皆さん、仕事の立場では「部長」や「支店長代理」なんて肩書きがつき、最近、お父さんになったり、すでに2人のお父さんだったり...昔は考えられなかった人になっています。

とりあえず、1次会は「焼肉・冷麺 明月館」。このお店、結構人気のお店でして、休日の食事時はよく「1時間待ち」と言われてしまいますが、何とか入り込むことができました。そこで↓これを食べながら....

niku.jpg


数年前は、食べる量がびっくりするくらいでしたが、今回は控えめになってしまいましたが、呑む量が増えたような気がします。まずは生ビールから始まり、韓国風濁酒、ワインが4本....。

お腹も満足したところで、我が家に集まり、そこでまたワインが3本、ビールも...。
皆さん、へべれけになりながらも終電で帰って行きました。

この仲間と呑む時は、どうしても限界を超えてまで呑んでしまいます。

| 日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE MACHINE HEAD

Machine Head

MACHINE HEAD / DEEP PURPLE (1972)

1. Highway Star
2. Maybe I'm A Leo
3. Pictures Of Home
4. Never Before
5. Smoke On The Water
6. Lazy
7. Space Truckin'

本日も私のCDコレクションから。ハードロックファンは必ず持っているという1枚です。最近は、このバンドの曲をカバーしたものがCM、ある缶コーヒーなどのBGMによく使われています。そんなのが流れると、あんまりTVを見ない方なのですが、TVの画面を見てしまいます。

何故か時々聴いてしまう1枚でした。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAVE WECKL MASTER PLAN

Master Plan

MASTER PLAN / DAVE WECKL (1990)

1. Tower Of Inspiration
2. Here And There
3. Festival De Ritmo
4. In Common
5. Garden Wall
6. Auratune
7. Softly, As In A Morning Sunrise
8. Master Plan
9. Island Magic

本日もCDコレクションから。久々に「ジャズ・フュージョン」の世界です。「超」凄腕のドラマーの作品ですが、もちろん私にはこんなに叩けるはずもなく。

このアルバムにもジャズ界の強烈な人達が参加しています。

ま、聴いてみそ↓"Garden Wall"



凄すぎです。



| 愛聴盤D | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DIRE STRAITS BROTHERS IN ARMS

Brothers in Arms

BROTHERS IN ARMS / DIRE STRAITS (1985)

1. So Far Away
2. Money For Nothing
3. Walk Of Life
4. Your Latest Trick
5. Why Worry
6. Ride Across The River
7. The Man's Too Strong
8. One World
9. Brothers In Arms

本日も私のCDコレクションの中から。MTVが日本でも放映され始めた頃、このアルバムの中に収録されている"Money For Nothing"が放映されていました。なんともいえないボーカルと演奏...。皮肉たっぷりの歌詞。しばらくこのアルバムにはまっていた時期がありました。

さすがにこれはUPされていましたね。↓"Money For Nothing"懐かしいなぁ。



何故か虚脱感を感じます。


| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Demon Kogure GIRLS' ROCK√Hakurai

GIRLS’ROCK√Hakurai

GIRLS' ROCK√Hakurai / Demon Kogure (2008)

01. ヒーロー (Holding Out For A Hero)
02. 愛が止まらない (Turn It Into Love)
03. ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)
04. Mr. サマータイム (Une Belle Histoire)
05. 今夜はANGEL (Tonight Is What It Means To Be Young)
06. 雨音はショパンの調べ (I Like Chopin)
07. NEVER
08. ランバダ (Lambada)
09. チェリー・ボンブ-悩殺爆弾- (Cherry Bomb)
10. SHOW ME
11. タフな気持ちで (Don't Cry)

本日は、つい最近我が家のCDコレクションに入ったこれ。彼の前作も我が家にありますが、それはまた何時の日か...。

今回の新作は、前作と同じようで少し違います。ご存知ない方にご説明いたしますと、欧米で発表された曲を日本の女性シンガー(?)達がかつて歌ったものを、彼がカバーしたというものです。

ただ、カバーするというのではなく、曲のアレンジもかなり変えてあり「うへぇ!」と思わず唸ってしまう...そんな曲ばかりになっています。いい意味で「非常に大袈裟」。私好みであります。原曲が想像できないようなアレンジがされていて、かつての曲を知らない人にとっては、全くの新曲でしょう。

それにしても私は全く知らなかったのですが11曲目の「タフな~」は、渡辺美里さんのデビューシングルのB面であり、ASIAの"Don't Cry"をカバーしていたとは...。

で、1曲目が例のサイトにUPされてました...えーんかいな...。



映画「フットルース」のボニー・タイラーのものとはいい感じで違います...。



| 愛聴盤D | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DARYL HALL & JOHN OATES ROCK'N SOUL PART 1

Rock 'n Soul, Pt. 1: Greatest Hits

ROCK'N SOUL PART 1 / DARYL HALL & JOHN OATES (1983)

01. Say It Isn't So
02. Sara Smile
03. She's Gone
04. Rich Girl
05. Kiss On My List
06. You Make My Dreams
07. Private Eyes
08. Adult Education
09. I Can't Go For That (No Can Do)
10. Maneater
11. One On One
12. Wait For Me (Live)

本日は私のCDコレクションから。やっぱり80年代のアーティストのものを聴くと、今でもウキウキしてしまいます。

私が彼らを初めて聴いたのは、ラジオ、しかも短波ラジオから流れてきた↓でした。
Maneater


その短波放送局は、確か"KYOI"だったか...ハワイ辺りから発信されていた日本語放送で、ずっと音楽を流していたラジオ局でした。短波放送でしたから、昼間は電波の状態が悪く、中々受信できませんでしたが、深夜になるといい感じで受信できたのを覚えています。現在は、どうか知りませんが、私が中学~高校生だった頃、田舎で受信できるFM局は某国営放送のみで、私が聴きたい音楽の番組は、本当に限られていました...。

まぁ、そんなことは置いておいて、やっぱり、これも外せませんね。
Private Eyes


ベースの人がいい感じ...。


| 愛聴盤D | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ数日のコタロウちゃん

全国のコタロウちゃんファンの皆様、こんにちは!しばらくインフルエンザの脅威にさらされ、大人しくしておりましたが、ようやく気持ちも前向きになって参りましたので本日はコタロウちゃんのご報告をさせていただきます。

私がインフルエンザに罹る1日前...そう、ここにご報告させていただこうと思っていたのですが、「しんどい時は睡眠が大事だ!」と寝まくっておりましたので、その機会がなく、ようやく本日、その気になった訳でございます。

コタロウちゃんの肛門付近にできていた腫瘍が見事にポロッ!と取れたのでございます。下が取れた写真↓

DSC00219.jpg


こちらが取れる前の写真↓

DSC00211.jpg


彼の身体の向きが違いますが、雰囲気だけは分かっていただけると思います。上の写真は尻尾の方が左、下は尻尾の方が右になっています。これで、排便時の出血等が無くなりました。

「床ずれ」も壊疽の部分が取れ、まだ皮膚の中が見えている状況ですが、かなり改善されてきています。ただ、反対側の骨のところに「床ずれ」が出来てしまい、彼の腰の両方には、今、クッションを二つつけた状況です。これについては、何時の日かご報告させていただきます。

本当に動物の生命力の凄さには感動しています。頑張ろうね、コタロウちゃん!

| 老犬介護(コタロウちゃんの思い出) | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月