| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Line 6からのメールが届いた

本日、Line6から「Attention POD HD Edit User」という件名の下記のようなメールが届いた。

Dear POD HD Edit user:

A small number of users have recently reported experiencing intermittent high volume events while using the POD HD Editor. We are aware of this issue and are diligently working on a resolution. We will send a follow up communication as soon as a solution is available, which we expect within the next few weeks. In the mean time, we recommend that when using the Editor you take the following steps:

Do not use headphones
Keep the volume of your sound system at a low level

If you have any questions, please contact us directly at http://line6.com/company/contact/podhdeditor_feedback/

Sincerely,

The Line 6 Customer Service Team



で、翻訳してみた。
**************************************************************
拝啓 POD HD Editユーザーの皆様

近日、少数のユーザーの皆様からですが、POD HD Editを使用し演奏している間、断続的に音量が高くなるという症状が出たと報告を受けました。 我々はこの問題を承知しており、解決に一生懸命に取り組んでいます。 解決策が利用できるようになり次第、皆様にお知らせ致します。それはここ数週以内になると思います。 しばらくの間、Editを使用される時は、下記のような対処をされますことをおすすめします。

1)ヘッドホンを使わないでください。
2)あなたの音響システムの音量を低いレベルにしてください。

また、何か質問がございましたら、http://line6.com/company/contact/podhdeditor_feedback/のフォームから直接Line 6社にご連絡をお願いします。

敬具

Line 6 カスタマーサービス・チーム
**************************************************************

爆音に注意!

| LINE6 POD HD500 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調子に乗って録音してみた...。



夜中にこっそりと。

結構、いい感じ?(笑)

| LINE6 POD HD500 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LINE6 POD 2.0 VS POD HD500

音の比較をしてみた。画像をクリックすると音がなる。結構、大きい音がする...。

POD20_20101105232825.jpg

PODHD500_20101105232838.jpg

恥ずかしい。

| LINE6 POD HD500 | 23:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LINE6 POD HD500 音の保存方法

LINE6 POD HD500 を私が購入した時点(2010年10月末)では"Pilot's Handbook"という簡単な取扱説明書しか入っていなかった。また、それには、LINE6のWEBサイトにある 製品マニュアル のページにアクセスし、「アドバンスド・ユーザー・ガイドをダウンロードしてください」と印刷されているが、それに従いアクセスしてみるとPDFファイルはあることはあるのだが、残りのマニュアルは全て英語。本日(日本時間2010年11月4日23時時点)になってもLINE6のWEBサイトには、日本語版がUPされていない。

普段私のように英語を使わない日本人は、多少面喰うかもしれないが、高校教育を受けた者ならば何となくわかるはずである(読めない者はしっかり反省すべきである)。

が、私の忘備録のために、私なりの設定の仕方をここにUPしておきたいと思う。POD HD500を所有している方は、実機をじっくり触ってみて欲しい。設定はごく簡単であり、音を作りこむ方がより複雑だということが実感できるはずだ。また、質問等をコメントでいただいたとしても、正確な返答は期待しないで欲しい。


今回は、最初から設定された音を上書きするのではなく、全くの新規で音を作り、それも、POD HD500にアンプをつながず、PODのみでアンプの音を含めた「歪系」の音作りを目指していく。比較的簡単な部類であろうから、それから作ってみる。

ギターとPOD HD500をシールドで結線し、POD HD500の出力からミキサー等につないでいるのは前提である。

01
01 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

LCD画面左側にあるつまみのボタン(1)を押し、音を設定する「枠」の画面を表示させる。次にそのつまみ(1)を回し、四角で囲まれた"USR1"枠を選択する(2)(ここには最初は何も音が入っていない)。選択すると左側に▲がくるはずだ。次に(3)の"ENTER"ボタンを押して選択を確定する。※のボタンでも選択は可能。

↓下は、確定させたところ。

02
02 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

この後、先ほどの(1)のつまみを押すと下記の画面が表示される。まだ、アンプの形はあるが、アンプを通した音が出ない設定になっている(生の音は出る)。ちなみにLCD画面すぐ下の「1~4」のつまみは、LCD画面下側の黒く表示される「1~4」の部分の設定を変更するようになっている。

03
03 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

↓(1)のボタンを押して、▲をアンプの形のところまで移動させる。

04
04 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

次に、(1)のつまみを回してアンプのタイプを選択する。(2)のところにアンプのタイプ名が表示される。

05
05 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

私はこんな感じで選択した。(1)はアンプのスピーカーを、(2)はスピーカーから出る音をひらうマイクの種類を選択する。

06
06 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

ここまで来たら、アンプの音をLCD画面の右に並んだ各種つまみを回して音を出しながら決めていく。"MASTER"つまみは最大にしておく方がいいだろう(これは、設定を保存しても保存されない)。

07
07 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

上のつまみを回していくと、LCD画面は下記のような表示になる。

08
08 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

一応、音を決めたら、LCD画面の左側にある"SAVE"ボタンを押し、音を記憶させておく(作業の合間に時々行うといいだろう)。次にPOD HD500は「デュアル・トーン」というアンプを2種類(あるいは同じものを2台)同時に出力できる機能があるのでこれを使う設定に移行する。

09
09 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

▲がアンプマークの上にあることを確認し、LCD画面右側にある"MOVE"ボタンを一度押す。するとアンプマークが2重になったように表示される。次に、(3)ボタンでLCD画面(2)の位置に移動させる。すると下記のような画面になる(下に黒いアンプマークが一つ表示される)。

10
10 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

↓先ほど作ったアンプの設定を(1)の位置に固定したいので、再度"MOVE"ボタンを押す。上のアンプマークの下にある黒い影が消えるのが分かる。ちなみにこのアンプのチャンネルは"A"である。

11
11 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

次に、下側のアンプの設定を行うために、▲を(1)の位置に移動させる。設定は今までと同じようにする。

12
12 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

いい感じで音が完成したら、今度は、この音に名前を付けてわかりやすくしておく。変更する前は"new tone"(何の設定がなされていないものは全てこのように表示されるの)だが、今回は"My 1stone"としてみた。"USR1"枠の"1A"棚に入るということだ。中央部に大きく名前が表示される(3)ので、3つまみを回し、文字の位置を移動させて、4つまみを回してアルファベット等を選択する(残念ながら漢字・ひらがな・カタカナは選択できない)。そして、名前が決まったら(4)の"SAVE"ボタンを押して確定させる。

※ちなみに設定をいじってすぐに、LCD画面の右上側(音の番号の下)にアスタリスク「*」が表示されているときは、設定が保存されていないことを表している。

13
13 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

次に、エフェクターを入れてみる。▲を確認して、アンプの前に移動させたり、後ろに移動させたりして、各種好みのエフェクターを入れる。設定は、LCD画面の下にある1~4のつまみで変更することができる。

14
14 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

各アンプのすぐあとにもエフェクターは入れることができる。アンプの後ろのはしごのようなマークは、ミキサーセクションのマークで、これの前にも入れることができる。私はそれぞれにリバーブを入れようとしたが、リバーブの種類によってはDSPパワーをかなり使うようで、他のエフェクターの設定ができなくなった。ある程度妥協することも必要らしい。

↓次に、アンプのマイク設定等を変えてみる。▲マークを(1)のボタンを使って設定を変えたいアンプのところに移動させて、"ENTER"ボタンを押す。

15
15 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

"AMP EDIT"という画面が表示されるので、(2)のボタンを右側に押す。

16
16 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

↓すると、マイク選択画面と、マイク位置変更画面が表示されるので、音を聴きながら変えてみる。

17
17 posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

これで一通り、アンプ設定等はできるはずだ。後は個人のセンスによる。

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

POD HD500 に入っている音の数

POD HD500に入っている音をギターを弾きながら聴いてみた...。私が弾いていて気持ち良いと思えたのは1種類しかない(あとは瞬間的に使うと効果的かもと思える音ばかりだ?)が、ちょっと数を書いておく。

POD HD500 LCD画面(プリセット設定選択画面)
POD HD500 LCD画面(プリセット設定選択画面) posted by (C)きよっさんは「メタルびと」

↑ちなみにこの画面を呼び出すには、この画面の左にあるボタン・ノブを押すと表示され、各四角の枠をノブを回す、あるいはこの画面の右側にある丸いボタンで選択し、同じくこの画面の右側にある「ENTER」ボタンを押すことで音を呼び出すことができる。

中に入っている音だが、フラッシュ・メモリーをアップデートした後で確認したところ、"BEST OF HD500"64種類、"FX HEAVY"64種類、"SONGS / STYLE"36種類、そして、"DUAL TONES"56種類の「220種類」の音が確認できた(FLASH MEMORYのバージョンは1.10。PCのHD500 Editでは確認せず)。

あと"SONGS / STYLE"に28種類、"DUAL TONES"に8種類、そして、"USER"1~4に64種類ずつ小計256種類...合計すると292種類もの音を記憶することができる...。

誰がそんなに作れるか?(笑)

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

到着...POD HD500!

本日、届いた~♪

POD HD500

やっぱり "Made in CHINA"... もういい加減、企業も妄想を払拭すべきときだと思うのだが...。自分で自分の首を絞める...。
Made in China

で、全体写真。

PODHD500

初期型と比べて(比べる方が間違っているかもしれないが)、設定等が「何これ?」というところが多く、しばらく取扱説明書と格闘しなければ....と思ったら簡単なものしか製品に付属していない。詳しいものはWEBからダウンロードだと...しかも、日本語対訳版がない...。

まぁ、ちょっと時間を使ってみようかしらん。

LINE6 POD アンプシミュレーター HD500

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり変。

DSC00468.jpg

何もいじってないのに、こんな表示...。とうとう逝ったか?POD。

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近気になっているもの...。

最近、気になっているものはこれ↓(LINE6 POD X3 LIVE)の後継機。

LINE6 POD X3 LIVE

PODの1番最初のタイプ(赤いやつ)を所有しているが、ここ1年くらい前からスイッチを入れてしばらくすると、音を変えていないのに「EDITランプ」が点灯するようになってしまった(通常は音を変える=つまみをイジルとランプが点灯する仕様)。

また、以前からMIDI接続してもPCで認識しないので、細かい音の作り方ができなかった。

う~ん、どうしよう。

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気に入った音が出せません




「3月19日」がきっかけになって、ここ数日、時間を作って試行錯誤中。彼が出していた音を作るのは穏当に難しい。上の「POD」なるものに我が家にある下記「OD-2」を繋いだら、線が細くなってしまった。

od2.jpg


それで、久々にローランド BOSSのサイトのサイトを覗いてみたら、もう↑これ発売されていないのね。なんか訳の分からん歪系が沢山あるけれど。

その前に鈍った腕を磨かないといけませんなぁ...。

| LINE6 POD HD500 | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また壊れたの?

POD20.jpg

これの↑MIDI OUTが調子悪いみたい...というか信号を送信しない。
てっきりPCとこれをつないでいるMIDIケーブルが断線していると
ばかり思っていたのだが...。

今日、日本橋でパーツを買ってきて、ケーブルを作ってみたんやけど。

ま、凝った音を作らないから、別にえーねんけどなぁ。

修理に出そうにも、正規輸入版でないやつからなぁ。

| LINE6 POD HD500 | 02:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |