| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ギンタロウの目の疾病のまとめ

ギンタロウの目の異変に気が付いたのは、今年の1月初旬...いつもお散歩が大好きだったのに、夜のお散歩になると、時々、脚を止めて動かなくなったりしたことから。

普段から甘えん坊のギンタロウは、年が明けてからさらに甘えん坊になり、私の膝の上に乗ってくることが多くなったのも「おかしいなぁ」と思った。

1週間ほどすると、今度は家の中でも物につまづいたり、当たったりするようになったので、「ひょっとして目が見えていないのでは?」といつもの獣医さんへ駆け込んだ。

****************************************

「確かに目が見えにくくなっているようですね」と獣医さん。が、詳しくはそこでは分からないとのことで、すぐに大きな動物病院「ネオベッツVR センター」を紹介され、1月中旬に目の検査を受けることになった。

ここは、急患で昨年1月に逝ってしまったコタロウ君も一度連れてきたことがあるところ。

****************************************

検眼鏡での検査を受けた結果...目の瞳孔の反応はある(光が当たると黒目が小さくなる)が、網膜にある血管が通常よりも細くなっており、網膜が鏡のように変質していっている....

これは「進行性網膜萎縮」の疑いがあるとのこと。

担当獣医に詳しく聞いてみると「進行性網膜萎縮」は遺伝性の病気で、現在治療法はなく、目に栄養を与えて少しでも進行を遅らせることしかできないという。

「何でこの子が...。」と絶句した。

ただ、ダックスフンドの場合は、発症が早い例がほとんどということ(ギンタロウは誕生して今年で7年目。)、また、「進行性網膜萎縮」の場合は、遺伝子検査をしてみないとハッキリした原因が不明とのことで、遺伝子検査を受けることになった。

****************************************

帰宅後、彼の唾液を検査具に擦りつけて検査機関に郵送...1週間ほどで結果が返送されてきた。

結果は「キャリア(carrier)」つまり、「罹患(affected)」していないということだった。

この結果を、ネオベッツの先生に伝えると、脳の方も原因を探ってみては?と提案されたので、再度MRI等の検査を受けることに。

****************************************

2月中旬、まず、網膜電位図の検査を行いすぐに結果が出たが、1月中旬に連れてきたときよりも網膜の反応がない...光を若干感じている程度、しかも、かなり明るい光(LEDを直視したような光)しか感じないようになっていた。

この時点でかなり盲目が進んでいる...。

脳に何かあってはいけないと思い、その後、MRI検査と髄液検査を受け、MRIの結果は当日に、髄液検査の結果は2週間ほどで知らされたが、どちらも異常なし...。

「網膜だけが、突然変異して異常を来たした」という結果になってしまった。

****************************************

たった2ヶ月間で完全に見えなくなってしまったギンタロウ君、突然、自分の目が見えなくなり戸惑っていたのであろう....毎日楽しみにしていたお散歩も嫌がったが、ここ数日は慣れてきたのか、ようやく自分でも進んで歩くようになってきた。

また、私たちも、家の柱の角や家具に「安心クッション」を貼り付け、ギンタロウがぶつかってもケガをしないように対策をした。

あとは、お散歩時に何かに当たらないようにするために、「触覚のようなもの」を彼の頭に取り付けてやろうと考えている。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウの対策...

100218_222559.jpg

今日、時間を見つけてホームセンターで買ってきた「安心クッション」をリビングの柱の角に貼り付けた。

これで目の見えなくなったギンタロウが当たっても大丈夫だろう...。

今夜の散歩は、最初は思いっきり行きたがったのに、途中から嫌がって立ち止まること数回...。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウの検査

100217_120813.jpg

本日午前中に先日、ギンタロウが検査を受けた病院へ再度...。

血液検査、歩行検査、網膜検査、そして、MRIまで。

結果、原因不明で網膜の細胞が急激に減っているらしい。

脳も視神経も、そして、身体のどこにも異常は無いのだが。

網膜細胞の減少をとどめることはもちろん、回復することはほとんど不可能だという。

gintarou_mri.jpg

| ギンタロウの疾病(目) | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウ君の視力

gin041222.jpg

ギンタロウ君、ほとんど見えていない様子。散歩に連れて行くと、勢いよく飛び出すのだが、途中で慎重になって急に立ち止まったりする。

1ヶ月ほど前はこんなことなかったのに...。

呼びかけると顔をこちらに向けるのだが、私が黙っていると雰囲気は分かっているようだが、顔があさって方向を向いている...。

どんな感じなんだろう。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウ君の遺伝子検査の結果

gintaro_dna.jpg

先日、遺伝子検査を依頼していた機関から、検査結果が届いた。

やはり、進行性網膜萎縮症(PRA)の「キャリア」という診断だった。

よく考えてみると、「キャリア」ということは、発症していないということではないのか?

高校の時の生物の授業を思い出してみる...。

進行性網膜萎縮は、遺伝性疾患だが、同一個体の中に特定の「劣性遺伝子」が二つそろわないと発症しない(ほとんどの場合は劣性遺伝だが、すべてではない)らしく、つまり、アフェクテッドではないので、発症はしていないことになる。

では、彼が見えていないことはどういうことだ...。

また、精密検査をお願いすることになった。

どうなる、ギンタロウ!

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進行性網膜萎縮症?-ミニチュア・ダックス-

100106_2.jpg

先日、かかりつけの獣医から紹介された高度動物医療 ネオ・ベッツVRセンターへ、ギンタロウを本日夕方連れて行った。

この動物病院は夜間診療も行っているので、昨年、コタロウも連れて行ったことがあるところ。

で、診察・検査...。

獣医からの診断は、総合的に診ておそらく「進行性網膜萎縮症」とのこと。完全に目が見えなくなってはいないが、左目が右目より酷いようだ。

この病気は「遺伝」するもので、「遺伝子治療」もようやく行われ始めたが、海外の大学病院でしかその治療はされていない、すなわち、日本国内ではその治療が受けられず、「遺伝子」を調べてみないとはっきりしたことはいえないとのこと...。

ただ、6歳だと完全に見えなくなっているワンコが多いらしく、ギンタロウのような症状を担当医師も見たことがないこと、また、この病院の関係検査機関では、ミニチュアダックスに関する遺伝子検査を行っていないこともあり、「おそらく」ということになってしまった。

進行を遅らせるために対処療法として、サプリメントを与える方法しかない。

とりあえず、遺伝子検査を行っている機関を紹介していただいて、はっきりした診断を受けることにする。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウ君(その3)

検査の日程が決定。

来週の火曜夜。

本犬はいたって健やかなのだが...。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウ君...(その2)

ギンタロウ君を朝一でかかりつけの獣医に連れて行ったのだが、専門医を紹介された。

一体どうなるんだ...。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギンタロウ君...



我が家のギンタロウにちょっと異変?

明日、獣医へ連れて行くことに...。

| ギンタロウの疾病(目) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |