| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Tribute to 聖飢魔II ~悪魔との契約書~

Tribute to 聖飢魔II -悪魔との契約書-

Tribute to 聖飢魔II ~悪魔との契約書~ (2010)

01. FIRE AFTER FIRE / SEX MACHINEGUNS
02. 蝋人形の館 / SHOW-YA
03. EL DORADO / EARTHSHAKER
04. HOLY BLOOD~闘いの血統~ / GALNERYUS
05. アダムの林檎 / 地獄カルテット
06. SAVE YOUR SOUL~美しきクリシェに背をむけて~ / X.Y.Z.→A
07. JACK THE RIPPER / THE冠
08. STAINLESS NIGHT / Sadie
09. 怪奇植物 / TRICK
10. 1999 SECRET OBJECT / Grand Illusion
11. ARCADIA / RX feat. John Wetton

つい最近発売になったCD。懐かしいバンドの名前もちらほらとあるが、私はほとんど知らないバンドばかり...。

いろんなところに影響?を与えてたんだな...と思う。

面白いけれど...な一枚!

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖飢魔II 悪魔RELATIVITY

悪魔RELATIVITY

悪魔RELATIVITY / 聖飢魔II (2010)

01. GO AHEAD!
02. OVERTURE-WINNER!
03. STAINLESS NIGHT
04. 1999 SECRET OBJECT
05. JACK THE RIPPER
06. REVOLUTION HAS COME
07. OVERTURE-BAD AGAIN "TIME TO BE A MAN OF THE WILD"
08. 俺様はアナニマス
09. BABIES IN THEIR DREAMS
10. LET ME BE YOUR FRIEND
11. DESERTED HERO

A QUARTER CENTURY OF REBELLION-世界的極悪集大成盤-と同時に発布された「教典」。

"RELATIVITY"とは「依存性、関連性」の意味があり、時には「相対性理論」のことも言う。

まぁ、そんなことはどうでもいいが、新曲が4曲(日本語)、後は英詞で再録音された教典である。この新曲の詞が表面上はただの言葉の羅列のように見えるけれども、奥が深いというか、彼らの意図するところを読もうとすると面白い。現代日本の風刺がかなり効いている。

「"悪魔"もこの日本を何とかしたいのかな?」と感じた。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖飢魔II A QUARTER CENTURY OF REBELLION -世界的極悪集大成盤-

A QUARTER CENTURY OF REBELLION “世界的極悪集大成盤”

A QUARTER CENTURY OF REBELLION -世界的極悪集大成盤- / 聖飢魔II (2010)

[DISC 1]
01. EL DORADO
02. OVERTURE-BAD AGAIN "TIME TO BE A MAN OF THE WORLD"
03. OVERTURE-WINNER!
04. STAINLESS NIGHT
05. 1999 SECRET OBJECT
06. JACK THE RIPPER

THE AKUMA SYMPHONY SUITE Number 666 in C# minor
07. Overture
08. The First Movement : STORMY NIGHT
09. The Second Movement : AKUMA NO ANA
10. The Third Movement : KILL THE KING GHIDORAH
11. The Fourth Movement : DEAD SYMPHONY

12. THE HOUSE OF WAX
13. FIRE AFTER FIRE
14. A DEMON'S NIGHT

[DISC 2]
01. CREATE THE NEXT CENTURY
02. THE PRINCE OF JIGOKU
03. ADAM'S APPLE
04. ONI
05. BIG TIME CHANGES
06. MASQUERADE
07. HUMANE SOCIETY
08. BRAND NEW SONG
09. REVOLUTION HAS COME
10. GO AHEAD!
11. BABIES IN THEIR DREAMS

地球デビュー25周年記念で「発布」された「2枚組」の「教典」である。教典「悪魔RELATIVITY」と同時に発布された。

新曲がこれには1曲追加されており、他の曲は全てセルフカバーであるが、歌詞が英訳され新たに録音されたものである。

今度は「5年後」だろうか...。

ちょっと期待してしまう。

ちなみに"REBELLION"とは「反抗、謀反」のことである。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SCORPIONS LONESOME CROW

Lonesome Crow

LONESOME CROW / SCORPIONS (1972)

01. I'M GOING MAD
02. IT ALL DEPENDS
03. LEAVE ME
04. IN SEARCH OF THE PEACE OF MIND
05. INHERITANCE
06. ACTION
07. LONESOME CROW

SCORPIONSのデビューアルバム。「恐怖の蠍団」という邦題がつけられている。

現在の彼らのサウンドとは全くかけ離れたサウンド...あえて言うなら「プログレ・ハードロック」という感じか?
まず、下記の曲を聴いてもらいたい。

"ACTION"…You Tube

"IN SEARCH OF THE PEACE OF MIND"…You Tube

↓これは貴重かも...絵付き!
"I'M GOING MAD"…You Tube

こういう時代もあったんだ...と実感する。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SCORPIONS STING IN THE TAIL

蠍団とどめの一撃

STING IN THE TAIL / SCORPIONS (2010)

01. RAISED ON ROCK
02. STING IN THE TAIL
03. SLAVE ME
04. THE GOOD DIE YOUNG
05. NO LIMIT
06. ROCK ZONE
07. LORELEI
08. TURN YOU ON
09. LET'S ROCK!
10. SLY
11. SPIRIT OF ROCK
12. THE BEST IS YET TO COME
13. THUNDER AND LIGHTNING

2010(平成22)年1月24日に突然、解散を発表したSCORPIONS最後のアルバム。邦題が「蠍団とどめの一撃」...あえて、何も書かないでおきたい。

トラック01から、捨て曲なし!これは買っておかないと損!

最初、解散の報道を聞いたときはびっくりしたが、このアルバムを聴くと更に「何で~!」。

持っていない彼らのアルバム、大人買いしよかな...。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STANLEY JORDAN CORNUCOPIA

Cornucopia

CORNUCOPIA / STANLEY JORDAN (1990)

1. IMPRESSIONS
2. WILLOW WEEP FOR ME
3. AUTUMN LEAVES
4. STILL GOT THE BLUES
5. FUNDANCE
6. WHAT'S GOIN' ON
7. ALWAYS KNOW
8. ASTEROIDS
9. CORNUCOPIA

左手で運指をするのにも難しいのに、このオッチャンはいとも簡単にしかも両手で指板を押さえて、ギターを鳴らします。まずはこれを見たまえ(偉)↓

"AUTUMN LEAVES"・・・You Tube

曲自体は有名な曲で、メロディーはどなたも聞いたことがあろうかと思いますが、なんとまぁ...。エレキ・ギターもこういう風に弾けば、繊細な音になりますね。

それにしても凄過ぎ。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SAMMY HAGAR MARCHING TO MARS

Marching to Mars

MARCHING TO MARS / SAMMY HAGAR (1997)

01. LITTLE WHITE LIE
02. SALVATION ON SAND HILL
03. WHO HAS THE RIGHT?
04. WOULD YOU DO IT FOR FREE?
05. LEAVING THE WARMTH OF THE WOMB
06. KAMA
07. ON THE OTHER HAND
08. BOTH SIDES NOW
09. THE YOGI'S SO HIGH (I'M STONED)
10. AMNESTY IS GRANTED
11. MARCHING TO MARS
12. ETHER
13. WASH ME DOWN AGAIN

アメリカの陽気なボーカリスト、サミー・ヘイガー。1970年代から活躍されていて、1985年、ヴァン・ヘイレンに加入したときはびっくりしましたが、約10年ほどで脱退。今も、頑張っていらっしゃいます。

どんな歌を歌っても底抜けに明るく聴こえる彼の声に、中学生の頃、夢中になりました。

で、このアルバムの中から↓。少し音が小さめか?

"LITTLE WHITE LIE"・・・You Tube

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVIE SALAS COLORCODE STEVIE SALAS COLORCODE

スティーヴィー・サラス・カラーコード

STEVIE SALAS COLORCODE / STEVIE SALAS COLORCODE (1989)

01. STAND UP!
02. BLIND
03. CAUGHT IN THE MIDDLE OF IT
04. JUST LIKE THAT
05. TWO BULLETS AND A GUN
06. THE HARDER THEY COME
07. OVER AND OVER AGAIN
08. BABY WALK ON
09. INDIAN CHIEF
10. COVER ME

ファンキーで、しかもイカレタ(良い意味でです)サウンドを出すギター・リストのスティービー・サラス。このアルバムを出した後、しばらく私は新譜情報等気にしない時期に入っていましたので、彼のことはすっかり忘れておりましたが、今も頑張っているようですね。

このアルバムに入っている曲は、全てエネルギー溢れるサウンドが満開で、最初聴いたときは圧倒されました。

例のサイトで探しましたが、ちょうどこの作品の後、レコード会社とトラブルがあったのか、PVといえるものがなく...↓音だけですけれど。

"BLIND"・・・You Tube

過少評価され過ぎ?

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STARSHIP GREATEST HITS (TEN YEARS AND CHANGE 1979-1991)

Greatest Hits (Ten Years and Change 1979-1991)

GREATEST HITS (TEN YEARS AND CHANGE 1979-1991) / STARSHIP (1991)

01. JANE
02. FIND YOUR WAY BACK
03. STRANGER
04. NO WAY OUT
05. LAYIN' IT ON THE LINE
06. DON'T LOSE ANY SLEEP
07. WE BUILT THIS CITY
08. SARA
09. NOTHING'S GONNA STOP US NOW
10. IT'S NOT OVER('TIL IT'S OVER)
11. IT'S NOT ENOUGH
12. GOOD HEART

本日も私のCDコレクションから。「スターシップ」...このバンドについては、いろいろあるようなので、気になる方は調べてみてください。無茶苦茶ややこしいです。

彼らについては、この80年代のものしか知らないのですが、ちょうど、ポップ色が強くなっていた頃のようで...。こんなのも私は好きなのです。

で、↓は、映画「マネキン」に使われた曲。映画も一度見ましたが、ハッピー・エンドだったような。まさにハリウッドという映画ですね。

"NOTHING'S GONNA STOP US NOW"・・・You Tube

| 愛聴盤S | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The Style Council The Singular Adventures Of The Style Council

シンギュラー・アドヴェンチャー

The Singular Adventures Of The Style Council / The Style Council (1989)

01. You're The Best Thing
02. Have You Ever Had It Blue
03. Money Go Round
04. My Ever Changing Moods
05. Long Hot Summer
06. The Lodgers
07. Walls Come Tumbling Down
08. Shout To The Top
09. Wanted
10. It Didn't Matter
11. Speak Like A Child
12. A Solid Bond In Your Heart
13. Life At A Top Peoples Health Farm
14. Promised Land
15. How She Threw It All Away
16. Waiting

本日も私のCDコレクションから。日本のあるTV番組で使われた8曲目など有名ですね。楽しく聴こえてくる彼らのサウンド...それに乗った非常に奥の深い歌詞。

「こんな難しいことを平気で何と軽快に歌ってしまうのだろう...。」と不思議に思ったりしました。

1990年にバンドの活動は停止してしまったようですが、80年代の英国のサウンドがびっしり詰まった一枚かもしれません。

"My Ever Changing Moods"・・・You Tube

↑は、この中で私が一番好きな曲。映像のコンセプトがよく分かりませんが....。


| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STING The Dream Of The Blue Turtles

ブルー・タートルの夢

The Dream Of The Blue Turtles / STING (1985)

01. If You Love Somebody Set Them Free
02. Love Is The Seventh Wave
03. Russians
04. Children's Crusade
05. Shadows In The Rain
06. We Work The Black Seam
07. Consider Me Gone
08. The Dream Of The Blue Turtles
09. Moon Over Bourbon Street
10. Fortress Around Your Heart

本日は私のCDコレクションから。プレイヤーにかけて再生ボタンを押すと、すっと耳に入ってくる彼の歌声...。このアルバムは、反戦や政治的なことについての曲が多く、考えさせられます。歌の中身を知らなかった人も、今後これを聴くときは、歌詞カード(翻訳)を読みながら聴いてみてはどうでしょうか?

このアルバムで私が一番好きなのは↓。中々渋い映像です。

"Russians"・・・You Tube


| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SCORPIONS BEST SELECTION

BEST SELECTION

Best Selection / SCORPIONS (1994)

01. Pictured Life
02. Speedy's Coming
03. In Trance
04. Top Of The Bill
05. Catch Your Train
06. Robot Man
07. The Sail Of Charon
08. He's A Woman-She's A Man
09. Suspendered Love
10. Steamrock Fever
11. Dark Lady
12. Virgin Killer
13. We'll Burn The Sky
14. Fly People Fly
15. Fly To The Rainbow
16. KOJO NO TSUKI

本日は、私のCDコレクションから。まだ現役で頑張っている「スコーピオンズ」というバンドの初期の頃の作品を集めた日本で編集されたベスト版。80年代のスコーピオンズから聴き始めた人には、ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、私はどちらも大好きです。

で、画像はちょっと飛んだりしていますが↓。

"KOJO NO TSUKI"・・・You Tube

こんなのが残っているんですね...。


| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SAVATAGE STREETS A ROCK OPERA

Streets: A Rock Opera

"STREETS" A ROCK OPERA / SAVATAGE (1991)

01. STREETS
02. JESUS SAVES
03. TONGHT HE GRINS AGAIN / STRANGE REALITY
04. A LITTLE TOO FAR
05. YOU'RE ALIVE / SAMMY AND TEX
06. ST. PATRICK'S
07. CAN YOU HEAR ME NOW
08. NEW YORK CITY DON'T MEAN NOTHING
09. GHOST IN THE RUINS
10. IF I GO AWAY
11. AGONY AND ECSTASY / HEAL MY SOUL
12. SOMEWHERE IN TIME / BELIEVE

本日は久々に私のCDコレクションから。知る人ぞ知る「SAVATAGE」というバンドの作品です。このバンドのメインメンバーは今、他のプロジェクトで忙しいらしく(?)このバンドは2001年から活動中断しています。

歌の人の声によって好き嫌いが別れると思いますが、テクニカルなバンド。半端ではありません。

で、2曲目のビデオがあったので↓。

"JESUS SAVES"・・・You Tube

ちなみに学生時代、彼らのこれをコピーしてました...↓こんなのあったんですねぇ。
"GUTTER BALLET"・・・You Tube

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SANCTUARY INTO THE MIRROR BLACK

Into the Mirror Black

INTO THE MIRROR BLACK / SANCTUARY (1990)

1. FUTURE TENSE
2. TASTE REVENGE
3. LONG SINCE DARK
4. EPITAPH
5. EDEN LIES OBSCURED
6. THE MIRROR BLACK
7. SEASONS OF DESTRUCTION
8. ONE MORE MURDER
9. COMMUNION

久々に私のCDコレクションから。1985年から活動を開始し1991年に解散したシアトルのバンド「サンクチュアリ」。アルバムジャケットが印象的で買ったこれは、彼らの2枚目でスタジオ録音では最後のもの(合計3枚出していて1枚目・2枚目がスタジオ録音、3枚目がライブ録音)となっています。

このアルバムを出した後、「グランジ・ロック」が流行り始め、レコード会社からそれをやれと強制されて反対したから解散したとかしないとか。

演奏も中々タイトで聴いていて気持ちいいですが、俗に言う「へびめた」です。

↓こんなのが1曲目から聴こえてきたら...

FUTURE TENSE・・・You Tube

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVE STEVENS ATOMIC PLAYBOYS

Atomic Playboys

ATOMIC PLAYBOYS / STEVE STEVENS (1989)

01. ATOMIC PLAYBOYS
02. POWER OF SUGGESTION
03. ACTION
04. DESPERATE HEART
05. SOUL ON ICE
06. CRACKDOWN
07. PET THE HOT KITTY
08. EVENING EYE
09. WOMAN OF 1,000 YEARS
10. RUN ACROSS DESERT SANDS (INSTRUMENTAL)
11. SLIPPING INTO FICTION
12. WARM FEMALE

2007(平成19)年10月30日の記事でご紹介しました、映画「TOP GUN」のテーマのギターを弾いている人のバンドの作品。これがまた、全曲捨て曲無し。1曲目からガンガン飛ばして、4曲目のバラードで切なくさせて最後まで突っ走るというアルバム。車には常駐すべき1枚です。

1曲目もご紹介したかったのですが、3曲目↓。学生の頃、コピーしましたよ、これ。

"ACTION"・・・You Tube

この10月にやってくるこのバンドもコピーしてましたねぇ。

"ACTION" by DEF LEPPARD・・・You Tube

懐かしい...。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEELHEART / STEELHEART

Steelheart

STEELHEART / STEELHEART (1990)

01. LOVE AIN'T EASY
02. CAN'T STOP ME LOVIN' YOU
03. LIKE NEVER BEFORE
04. I'LL NEVER LET YOU GO
05. EVERYBODY LOVES EILEEN
06. SHEILA
07. GIMME GIMME
08. ROCK'N ROLL (I JUST WANNA)
09. SHE'S GONE
10. DOWN N' DIRTY

本日は久々にCDコレクションから。「スティール・ハート」...このバンドのアルバムはこれ1枚しか持っていませんが、完成度が高くて良い感じです。何時の間にか名前を聞かなくなっていたのですが、どこかのステージで、照明がボーカルでありリーダーの方に落ち、そのまま、活動停止状態になっていたようですね。その後、何時の間にか復活していて、この9月には新作が出るとか。

このアルバムの9曲目、なんと表現していいか分からないほど完成度が高いバラードです。

"SHE'S GONE"・・・You Tube

歌っている内容はともかくとして...。

そうそう、このメンバーでのドラムを叩いている方は、今年3月に亡くなっていたようです。

*******************************************************

話は変わりますが、本日のコタロウちゃんのこと。

まだ、傷を写真に撮って皆様にお見せするのはグロテスクな状態なので、止めておきますが、かなり出血は止まっています。ただ、シャワーすると、少しじわ~っと滲み出してきます。再発していた床ずれの部分も赤い部分が多いですが、肉が盛り上がってきており、彼の生命力の強さに感動する毎日です。

頑張れ、コタロウ!

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVE MORSE BAND SOUTHERN STEEL

Southern Steel

SOUTHERN STEEL / STEVE MORSE BAND (1991)

01. CUT TO THE CHASE
02. SIMPLE SIMON
03. VISTA GRANDE
04. SLEAZE FACTOR
05. BATTLE LINES
06. SOUTHERN STEEL
07. WOLF SONG
08. WEEKEND OVERDRIVE
09. ARENA ROCK
10. POINT COUNTERPOINT

本日ご紹介するのは、良い感じのギターを弾く人のうちの一人、「スティーブ・モーズ」です。これは4作目になります。現在、色々と「掛け持ち」を続けているようで、現在のディープ・パープルのメンバーでもあります。

デビュー後、音楽業界が嫌になり、一時期「パイロット」として生計を立てていたらしいのですが...。

ま、これを聴いてみておくれ↓。

"SIMPLE SIMON"・・・You Tube

全く「シンプル」ではありません。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVE VAI FLEX-ABLE

フレクサブル

FLEX-ABLE / STEVE VAI (1984)

01. LITTLE GREEN MEN
02. VIV WOMAN
03. LOVERS ARE CRAZY
04. SALAMANDERS IN THE SUN
05. THE BOY/GIRL SONG
06. THE ATTITUDE SONG
07. CALL IT SLEEP
08. JUNKIE
09. BILL'S PRIVATE PARTS
10. NEXT STOP EARTH
11. THERE'S SOMETHING DEAD IN HERE
12. SO HAPPY
13. BLEDSOE BLUVD
14. BURNIN' DOWN THE MOUNTAIN
15. CHRONIC INSOMNIA

「何じゃ?こりゃ~!」という一枚。初めてプレーヤーから出てくる音に、そう感じました。私のような凡人には、理解することはもはや不可能です。

「スティーブ・バイ」という名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、実際これを観た方が早いと思います↓。

"SALAMANDERS IN THE SUN" ・・・You Tube

やっている本人は面白いでしょうねぇ...。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SONATA ARCTICA ECLIPTICA

エクリプティカ

ECLIPTICA / SONATA ARCTICA (2000)

01. Blank File
02. My Land
03. 8th Commandment
04. Replica
05. Kingdom for a Heart
06. FullMoon
07. Letter to Dana
08. UnOpened
09. Picturing the Past
10. Destruction Preventer
11. Mary-Lou

"SONATA ARCTICA"・・・「ソナタ・アークティカ」と読みますが、フィンランドのメタル・バンド。これは彼らのデビュー作品です。

「スピードが命!」という方にオススメの一枚。「何でこんなに早いねん...」というくらい、曲調がホンマに早いです。車内で聴くと、即、アクセル全開になってしまいますね。

そんな曲ばかりの中から、イントロのメロディが美しいこの曲↓。

"FullMoon"・・・You Tube

それにしても「イカツイ」...。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SKID ROW SKID ROW

スキッド・ロウ

SKID ROW/SKID ROW (1989)

01. Big Guns
02. Sweet Little Sister
03. Can't Stand the Heartache
04. Piece of Me
05. 18 and Life
06. Rattlesnake Shake
07. Youth Gone Wild
08. Here I Am
09. Makin' a Mess
10. I Remember You
11. Midnight/Tornado

連日連夜呑んだくれておりますが、皆様におかれましては、少しも気にされないことと存じます。

さて、先日、ラジオから流れてきた↑このバンドの新作が海外では発売されているようです(日本国内は12月)。

続きは「きよっさんとROCK談義」にて(笑)。

| 愛聴盤S | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVE PERRY FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE

For the Love of Strange Medicine

FOR THE LOVE OF STRANGE MEDICINE / STEVE PERRY (1994)

01. You Better Wait
02. Young Hearts Forever
03. I Am
04. Stand Up (Before It's Too Late)
05. For the Love of Strange Medicine
06. Donna Please
07. Listen to Your Heart
08. Tuesday Heartache
09. Missing You
10. Somewhere There's Hope
11. Anyway

*******************************************************

ペリーおじさんの2枚目。昨日より、こちらがJourneyよりの音(空間系のエフェクトのかけ方なんか、もうモロ。こんなん好き。)だと思う。

詩の内容は「人生とは、何ぞや?」って感じの曲が半分くらい占めているが、そんなに深刻そうでないのが、この人のスゴイ所か。

これも1曲目の「遥かなる時 / YOU BETTER WAIT」でノックアウトされた思い出の1枚。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STEVE PERRY STREET TALK

Street Talk

STREET TALK / STEVE PERRY (1984)

01. Oh Sherrie
02. I Believe
03. Go Away
04. Foolish Heart
05. It's Only Love
06. She's Mine
07. You Should Be Happy
08. Running Alone
09. Captured by the Moment
10. Strung Out

*******************************************************

発売年を見てびっくり。もうそんなになるんや。そういえば、この人、今年で57歳。うわ~。

渋いデザインのこのアルバム、知らず知らずに手にとってプレイヤーに乗せてしまううちの一つだ。

Journeyというバンド...最近も「海猿」という映画の主題歌?に"OPEN ARMS"が採用されていたようだが、名前を知らなくても歌声を聴いたら「あぁ、聴いたことがあるなぁ」というだろう。

このアルバムは、ラブソングで一杯だが、こんな声で歌われたら男の私でさえ、ドキッとしてしまう。

一番最後の10曲目、 Strung Outが一番好きだ。

| 愛聴盤S | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |