| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

RIOT IMMORTAL SOUL

イモータル・ソウル

IMMORTAL SOUL / RIOT (2011)

01. RIOT
02. STILL YOUR MAN
03. CRAWLING
04. WINGS ARE FOR ANGELS
05. FALL BEFORE ME
06. SINS OF THE FATHER
07. MAJESTICA
08. IMMORTAL SOUL
09. INSANITY
10. WHISKEY MAN
11. BELIEVE
12. ECHOES
13. FIGHT OR FALL (recorded live at Sweden Rock Festival,2009)

久々のCDレヴュー。他にも色々あるのに...。終わらない。(^^ゞ

RIOT "8808 The Thundersteel Reunion Japan Tour" OSAKAから2年。我が家にも彼らの新譜が届きました。

これは良い。1曲目からドキッとした。将来、名盤になるはず!(笑)

| 愛聴盤R | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT INFESTATION

インフェステイション

INFESTATION / RATT (2010)

01. EAT ME UP ALIVE
02. BEST OF ME
03. A LITTLE TOO MUCH
04. LOOK OUT BELOW
05. LAST CALL
06. LOST WEEKEND
07. AS GOOD AS IT GETS
08. GARDEN OF EDEN
09. TAKE A BIG BITE
10. TAKE ME HOME
11. DON'T LET GO
12. SCATTER

11年ぶりに出た彼らのスタジオアルバム!

↓1曲目から「ヤラレタ」。懐かしい!!これでないと"RATT"と違う!!!

" EAT ME UP ALIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT RATT

Ratt

RATT / RATT (1999)

01. OVER THE EDGE
02. LIVE FOR TODAY
03. GAVE UP GIVIN' UP
04. WE DON'T BELONG
05. BREAKOUT
06. TUG OF WAR
07. DEAD RECKONING
08. LUV SICK
09. IT AIN'T EASY
10. ALL THE WAY
11. SO GOOD, SO FINE

再結成後のメンバーで録音されたアルバム。前作"COLLAGE"は、未発表曲等を収録したものだったが、今回は新曲ばかりでアルバムタイトルが自らの名前だけになっている、すなわち、以前の彼らのイメージを払拭し、再出発の意味を込めたのだと思う。確かに以前のような「バカ騒ぎ」できそうな感じの曲は全く無く、聴くたびに味が出てくる...そんな曲が多い。渋い感じもする。

でも、私は「バカ騒ぎ」を彼らに求めてしまうのだ。

以上から私の採点は、79点。

| 愛聴盤R | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT COLLAGE

コラージュ

COLLAGE / RATT (1997)

01. STEEL RIVER
02. DR. ROCK
03. DIAMOND TIME AGAIN
04. RATT MADNESS
05. HOLD TIGHT
06. I WANT IT ALL
07. MOTHER BLUES
08. TOP SECRET (ORIGINAL VERSION)
09. TAKE IT ANYWAY
10. LOVIN' YOU...FONIC MIX LP VERSION
11. SHE'S GOT EVERYTHING

RATT & ROLL 8191を発表後しばらくして解散してしまったが、再び集結して製作されたアルバム。以前のアルバムに「収録漏れ」した曲を集められたようである。

再結成ということで気合を込めて聴いてみたのだが...あの当時の勢いが感じられない...そんな気がした。

私の採点は、75点。曲一つずつバラバラで聴けば、良い曲もあるのだが。


| 愛聴盤R | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT RATT & ROLL 8191

Ratt & Roll 8191

RATT & ROLL 8191 / RATT (1991)

01. TELL THE WORLD
02. YOU THINK YOU'RE TOUGH
03. ROUND AND ROUND
04. WANTED MAN
05. BACK FOR MORE
06. LACK OF COMMUNICATION
07. LAY IT DOWN
08. YOU'RE IN LOVE
09. SLIP OF THE LIP
10. DANCE
11. BODY TALK
12. WAY COOL JR.
13. I WANT A WOMAN
14. LOVIN' YOU'S A DIRTY JOB
15. SHAME SHAME SHAME
16. GIVIN' YOURSELF AWAY
17. ONE STEP AWAY
18. HEADS I WIN, TAILS YOU LOSE
19. NOBODY RIDES FOR FREE
appended single disc. Born On The Bayou

RATTのデビューから1991年までのベスト版。19曲目が映画"POINT BREAK"(邦題「ハートブルー」)の主題歌として新規録音されたもの、付録のシングルCDはMTVの"UNPLUGGED"に出演したときのC.C.R.のカヴァーだそうで、後者は何故かマイケル・シェンカーもヘルプでギターを弾いているそうだ。

個人的には"INVASION OF YOUR PRIVACY"からの曲が少ないなぁ...という気がするが、全く聴いたことが無い人にはオススメの一枚...でも、今となっては探すほうが困難か。

私の評価は80点。いつもの感覚での採点!

| 愛聴盤R | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT DETONATOR

ディトネイター(紙ジャケSHM-CD)

DETONATOR / RATT (1990)

01. INTRO TO SHAME
02. SHAME SHAME SHAME
03. LOVIN' YOU'S A DIRTY JOB
04. SCRATCH THAT ITCH
05. ONE STEP AWAY
06. HARD TIME
07. HEADS I WIN, TAILS YOU LOSE
08. ALL OR NOTHING
09. CAN'T WAIT ON LOVE
10. GIVIN' YOURSELF AWAY
11. TOP SECRET

「起爆装置」と名付けられたアルバム。1曲目からガツーンとやられてしまう。私は好きなんだが、発売された当初は「格好良い」「否、これは期待はずれ」などと賛否両論だった。でも、今、聴いてみてもやっぱり格好いいと思う。私はギターしか聴いていないからかもしれないが...。

で、私の評価は87点。例によって基準点は感覚ですわ。

↓例のサイトから、2曲目と3曲目を引っ張ってきましたよ。聴いてやって下され。

SHAME SHAME SHAME・・・You Tube

LOVIN' YOU'S A DIRTY JOB・・・You Tube

| 愛聴盤R | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT REACH FOR THE SKY

リーチ・フォー・ザ・スカイ(紙ジャケSHM-CD)

REACH FOR THE SKY / RATT (1988)

01. CITY TO CITY
02. I WANT A WOMAN
03. WAY COOL JR.
04. DON'T BITE THE HAND THAT FEES
05. I WANT TO LOVE YOU TONIGHT
06. CHAIN REACTION
07. NO SURPRISE
08. BOTTOM LINE
09. WHAT'S IT GONNA BE
10. WHAT I'M AFTER

今までのアルバムの音作りを行ってきたボー・ヒルさんから、マイク・ストーンさんへ変えて録音を始めたが、結局、ボー・ヒルさんへ戻ってしまったアルバム。曲それぞれは、格好良いサウンドばかりなのだが、元の録音が壮大過ぎたのか、図太いサウンドでなくなってしまったように私は聴こえる。

キャッチーな曲が半分と彼らの新しい試み?の曲が半分ずつという印象を受けてます。

私の評価は、83点...まぁ、感覚で。

で、例のサイトから。↓

I WANT A WOMAN・・・You Tube

WAY COOL JR.・・・You Tube

似たような「おねえちゃん」が良く出現するのは、何故だろう...。

| 愛聴盤R | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT DANCING UNDERCOVER

ダンシング・アンダーカヴァー(紙ジャケSHM-CD)

DANCING UNDERCOVER / RATT (1986)

01. DANCE
02. ONE GOOD LOVER
03. DRIVE ME CRAZY
04. SLIP OF THE LIP
05. BODY TALK
06. LOOKING FOR LOVE
07. 7th AVENUE
08. IT DOESN'T MATTER
09. TAKE A CHANCE
10. ENOUGH IS ENOUGH

1曲目のギターのイントロが印象的で格好良い。前作に比べると更にサウンドが固まったように聴こえるのは私だけか。でも、何と言ってもこのアルバムジャケット...。分かりやすくて好印象。

私の評価は、86点!やっぱり、覚えやすい曲が数多く入っているのは良いね。

で、例のサイトから。

DANCE・・・You Tube

SLIP OF THE LIP・・・You Tube

BODY TALK・・・You Tube

男前過ぎる...。

| 愛聴盤R | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT INVASION OF YOUR PRIVACY

インヴェイジョン・オブ・ユア・プライバシー(紙ジャケSHM-CD)

INVASION OF YOUR PRIVACY / RATT (1985)

01. YOU'RE IN LOVE
02. NEVER USE LOVE
03. LAY IT DOWN
04. GIVE IT ALL
05. CLOSER TO MY HEART
06. BETWEEN THE EYES
07. WHAT YOU GIVE IS WHAT YOU GET
08. GOT ME ON THE LINE
09. YOU SHOULD KNOW BY NOW
10. DANGEROUS BUT WORTH THE RISK

前作、"OUT OF THE CELLAR"と似た風な曲が多いが、ギター、いや他の楽器も音の太さが増し、全体的にもっと格好良くなっているアルバム。1曲目から「やられ」てしまう...。アルバム半ばで彼らの世界にどっぷりと浸かってしまっている自分を発見するのは、やはり最後の曲になる。

タコ焼き大好きオサ~ンの採点は、84点。分かりやすい曲が少ないから。

で、例のサイトから。やっぱり今となっては時代を感じるねぇ。

YOU'RE IN LOVE・・・You Tube

LAY IT DOWN・・・You Tube

↑これはリフが格好良いのだ。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RATT OUT OF THE CELLAR

情欲の炎(紙ジャケSHM-CD)

OUT OF THE CELLAR / RATT (1984)

01. WANTED MAN
02. YOU'RE IN TROUBLE
03. ROUND AND ROUND
04. IN YOUR DIRECTION
05. SHE WANTS MONEY
06. LACK OF COMMUNICATION
07. BACK FOR MORE
08. THE MORNING AFTER
09. I'M INSANE
10. SCENE OF THE CRIME

「情欲の炎」と邦題がつけられたRATTのメジャーデビューアルバム。

私にとっては、1曲目・2曲目と少し重いリフ(とはいえ、今となっては、少々軽いギターのサウンド)から始まり、キャッチーな3曲目・4曲目、疾走感溢れる5曲目・6曲目をアッという間に通り過ぎるとキャッチーな7曲目でとどめを刺され、8曲目・9曲目の「これでもか」というパワーでメロメロ、10曲目で「ハイ、さようなら!」って感じのアルバムです。

80年代のあの派手な衣装・メイクが流行ったある意味「バブル」だった頃のバンドですが、私は好きだなぁ~。

タコ焼き大好きオサ~ンの採点は85点(基準が不明)!

You Tubeから...やっぱりこれかな。

ROUND AND ROUND・・・You Tube

| 愛聴盤R | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT ARMY OF ONE

アーミー・オブ・ワン

ARMY OF ONE / RIOT (2006)

01. ARMY OF ONE
02. KNOCKIN AT MY DOOR
03. BLINDED
04. ONE MORE ALIBI
05. IT ALL FALLS DOWN
06. HELPIN HAND
07. THE MYSTIC
08. STILL ALIVE
09. ALIVE IN THE CITY
10. SHINE
11. STAINED MIRROR
12. DARKER SIDE OF LIGHT
13. ROAD RACIN (LIVE)

RIOT FANに朗報!

Oct., 23,24,25, 2009 JAPAN TOUR 決定!

10月23日    大阪 Shangri-La(こんなとこあったんか...知らん)
10月24日25日 川崎 CLUB CITTA'

2009(平成21)年5月13日の記事で書いた"THUNDERSTEEL"の時のメンバーが復活してやってくるそうです。

行く人おる~?

| 愛聴盤R | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT SONS OF SOCIETY

Sons of Society

SONS OF SOCIETY / RIOT (1999)

01. SNAKE CHARMER
02. ON THE WINGS OF LIFE
03. SONS OF SOCIETY
04. TWIST OF FATE
05. BAD MACHINE
06. COVER ME
07. DRAGONFIRE
08. THE LAW
09. TIME TO BLEED
10. QUEEN
11. SOMEWHERE
12. PROMISES

RIOTの11作目。前2作のコンセプトアルバム風なものから、通常(?...こういう書き方しか思いつきませんでした。)のアルバムに。

ジャケットデザインは、こういう作風のロックには良く見られる「宗教的」にデザインされていますが、あの「アザラシ人間」が復活しています...とはいえ、曲風は「アザラシ人間」が描かれていた時とは違った極めて「今風」の曲風。ツインギターが前作より、より絡んでいます。時折覗かせる懐かしい感じのメロディラインもあります。

演奏は、しっかりしたバンドなんだけれどねぇ...。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT Inishmore

Inishmore

Inishmore / RIOT (1997)

01. BLACK WATER
02. ANGEL EYES
03. LIBERTY
04. KINGS ARE FALLING
05. THE MAN
06. WATCHING THE SIGNS
07. SHOULD I RUN
08. CRY FOR THE DYING
09. GYPSY
10. INISHMORE(FORESAKEN HEART)
11. INISHMORE
12. DANNY BOY

RIOTの10作目。アイルランドのゴールウェイ沖に位置する島の名前をタイトルにしたアルバムです。

2009(平成21)年5月18日の記事で書いた"NIGHTBREAKER"アルバムの録音時のメンバーをそろえ録音されたそうです。

9作目のアルバムまで所属していたマネージメントを脱退したので、今回はPVまで製作されたようです。

You Tube・・・ANGEL EYES

パワー・メタル、バリバリです。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT The Brethren Of The Long House

ブレズレン・オブ・ザ・ロング・ハウス

The Brethren Of The Long House / RIOT (1995)

01. The Last of The Mohicans (Intro)
02. Glory Calling
03. Rolling Thunder
04. Rain
05. Wounded Heart
06. The Brethren Of The Long House
07. Out In The Fields
08. Santa Maria
09. Blood Of The English
10. Ghost Dance
11. Shenandoah
12. Holy Land
13. The Last of The Mohicans

RIOTの9作目。映画「ラスト・オブ・モヒカン」を観て感動した彼らが作ったそうです。コンセプト自体が、重いため、アルバム全体を通して暗い雰囲気が漂っています。

何故かGary Mooreのカバー...07. Out In The Fieldsが入っているところがよく分からんのですが、割と忠実にカバーしてます。

原曲は....
You Tube・・・Out In The Fields By Gary Moore

このアルバムに入っている奴は...探しましたが、見つけられませんでした。m(__)m

ついでに映画の方のサウンドトラックはこちら。

You Tube・・・The Last of The Mohicans Soundtrack

で、13曲目のこれ...
You Tube・・・The Last of The Mohicans

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT NIGHTBREAKER

ナイトブレイカー

NIGHTBREAKER / RIOT (1993)

01. SOLDIER
02. DESTINY
03. BURN
04. IN OUR EYES
05. NIGHTBREAKER
06. MEDICINE MAN
07. SILENT SCREAM
08. MAGIC MAKER
09. A WHITE SHADE OF PALE
10. BABYLON
11. OUTLAW
12. BLACK MOUNTAIN WOMAN

ライオットのスタジオアルバム8作目。ボーカルが変りました。03は"DEEP PURPLE"の、09は"PROCOL HARUM"のカバー。11は彼らのアルバム"FIRE DOWN UNDER"の再録です。スピード・メタル路線は継続中?って感じです。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT RIOT IN JAPAN-LIVE!!

IN JAPAN LIVE!!

RIOT IN JAPAN-LIVE!! / RIOT (1992)

01. MINUTES TO SHOWTIME(spoken)
02. ON YOUR KNEES・・・IN TOKYO!
03. METAL SOLDIERS
04. RUNAWAY
05. TOKYO ROSE・・・IN OSAKA!
06. ROCK CITY
07. OUTLAW
08. KILLER
09. SKINS & BONES Part 1
10. SKINS & BONES Part 2
11. JOHNNY'S BACK・・・IN TOKYO!
12. FLIGHT OF THE WARRIOR
13. LADIES AND GENTLEMEN・・・MARK REALE
14. JAPAN CAKES
15. NARITA
16. WARRIOR
17. THE DRESSING ROOM / THE ENCORE BEGINS・・・IN TOKYO! / THE ENCORE CONTINUES・・・(spoken)
18. SMOKE ON THE WATER・・・IN NEW YOURK!

2009(平成21)年5月14日の記事で書いたアルバムの際の日本でのライブアルバムですが、何故か最後にニューヨークでのスタジオ録音が入っています。

前作の後、これをすぐに発表する予定だったそうですが、レコード会社からの契約を切られ、日本のレコード会社と単独で契約を結び、発売に至ったそうです。

それにしてもジャケットのデザイン...どうにかならんのかなぁ...。

| 愛聴盤R | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT THE PRIVILEGE OF POWER

The Privilege of Power

THE PRIVILEGE OF POWER / RIOT (1990)

01. On Your Knees
02. Metal Soldiers
03. Runaway
04. Killer
05. Dance Of Death
06. Storming The Gates Of Hell
07. Maryanne
08. Little Miss Death
09. Black Leather And Glittering Steel
10. Racing With The Devil On A Spanish Highway (REVISITED)

ライオット復活第2弾、通算7枚目のアルバムです。コンセプトアルバムという試みで曲の合間にSEが入り、ある話が展開されていく様子が描かれています。

また、TOWER OF POWERのホーンセクションやラップが曲の中に取り入れられ、「え、こんな曲にこんな音が?!」と驚くものも。音的には、前作の延長で「スピード・メタル」と呼ばれる類になるのでしょうか。

10曲目は、ジャズ・ギター・リストのアル・ディメオラのカバー。

で、例のサイトから。

学生時代、バンドでコピーしたバラード↓。
You Tube・・・ RUNAWAY

いいギターソロです。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT THUNDERSTEEL

Thundersteel

THUNDERSTEEL / RIOT (1988)

1. TUHNDERSTEEL
2. FIGHT OF FALL
3. SIGN OF THE CRIMSON STORM
4. FLIGHT OF THE WARRIOR
5. ON WINGS OF EAGLES
6. JOHNNY'S BACK
7. BLOODSTREETS
8. RUN FOR YOUR LIFE
9. BURIED ALIVE(Tell Tale Heart)

1984年に活動を停止したライオット、1988年にこのアルバム(6作目)で復活しました。が、これの前までのスタジオ版とは、全く違うバンドに...ハロウィン等の「ジャーマン・メタル」と呼ばれる曲調に全て変ってしまいました。

こういうのも好きなんですが、ライオットという名前を続けている以上、古臭いやつを期待してしまう私が間違っていたのでしょうか?

この中でも、ちょっと昔を感じる曲を...

You Tube・・・ BLOODSTREETS

でも、違うバンドですね。

| 愛聴盤R | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT BORN IN AMERICA

Born in America

BORN IN AMERICA / RIOT (1984)

01. BORN IN AMERICA
02. YOU BURN IN ME
03. VIGILANTE KILLER
04. HEAVY METAL MACHINE
05. DEVIL WOMAN
06. WINGS OF FIRE
07. RUNNING FROM THE LAW
08. WHERE SOLDIERS RULE
09. GUNFIGHTER
10. PROMISED LAND

ちょうど、ブルース・スプリングスティーンが "BORN IN THE USA"を出した年に発表されたRIOTの5作目。この頃から彼らのサウンドは激しさを増していきます。前2作よりは、こっちの方が私は好みです。

まずは、このPVをご覧下さい。

You Tube・・・ BORN IN AMERICA

...やっぱり方向性(衣装等)が間違っているような気がするのは私だけでしょうか?

You Tube・・・ YOU BURN IN ME

↑これは、音だけです(画像はジャケットのみ)。このギターソロがなんともいえません。

| 愛聴盤R | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT RESTLESS BREED

Restless Breed

RESTLESS BREED / RIOT (1982)

01. Hard Lovin' Man
02. C.I.A.
03. Restless Breed
04. When I Was Young
05. Loanshark
06. Loved By You
07. Over To You
08. Showdown
09. Dream Away
10. Violent Crimes
11. Hard Lovin' Man (Live) *
12. Restless Breed (Live) *
13. Loanshark (Live) *
14. Showdown (Live) *
15. Swords And Tequila (Live) *
* Bonus Tracks for Japan

RIOTの4作目。ボーカルが変って2作目になります。前作と比較すると、よりダークになった感じがします。 曲それぞれは勢いがあり、正統派ハードロックなのですが、何故か私には暗く聴こえてしまうのです。初期2作とは、全く違う雰囲気だと思うのは私だけでしょうか。

で、例のサイトから...

You Tube・・・ Restless Breed


| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT FIRE DOWN UNDER

Fire Down Under

FIRE DOWN UNDER / RIOT (1981)

01. Swords And Tequila
02. Fire Down Under
03. Feel The Same
04. Outlaw
05. Don't Bring Me Down
06. Don't Hold Back
07. Altar Of The King
08. No Lies
09. Run For Your Life
10. Flashbacks
11. Misty Morning Rain
12. You're All I Needed Tonight

RIOT(ライオット)の3作目。可愛らしい動物?のマスコットがジャケットに大きく描かれています。彼らのサウンドは、このジャケットからは全く想像できません。

このアルバムも決して悪くはありません。格好良いです。

ちょっと音量が小さめですが...
You Tube・・・Swords And Tequila

こちらは音量が良い感じですが、良い音で録音されていない...
You Tube・・・Outlaw

| 愛聴盤R | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIOT LIVE RIOT

Riot Live

RIOT LIVE / RIOT (1989)

01. INTRO
02. ANGEL
03. DO IT UP
04. ROAD RACIN'
05. WHITE ROCK
06. WARRIOR
07. NARITA
08. TOKYO ROSE
09. OVERDRIVE
10. ROCK CITY
11. BACK ON THE NON-STOP
12. KICK DOWN THE WALL
13. TRAIN KEPT A ROLLIN'
14. ROAD RACIN'

今日は、1970年代後期から活躍したバンド"RIOT"のライブ・アルバムをご紹介。1980年に収録されたライブ音源で、トラック01~05、07・08は「モンスターズ・オブ・ロック」に出演した時のもの、06、09~14は、「ハマースミス・オデオン」でのライブが収録されています。

疾走感溢れるリズムと荒々しいサウンド...。

まぁ、画像は悪いですが、こんなのがあったので見ていただいたほうが速いです。
You Tube・・・WARRIOR

| 愛聴盤R | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROBERT JOHNSON THE COMPLETE RECORDINGS

コンプリート・レコーディングス

THE COMPLETE RECORDINGS / ROBERT JOHNSON (1990)

<DISC 1>
01. KIND HEARTED WOMAN BLUES (take1)
02. KIND HEARTED WOMAN BLUES (take2)
03. I BELIEVE I'LL DUST MY BROOM
04. SWEET HOME CHICAGO
05. RAMBLIN' ON MY MIND (take1)
06. RAMBLIN' ON MY MIND (take2)
07. WHEN YOU GOT A GOOD FRIEND (take1)
08. WHEN YOU GOT A GOOD FRIEND (take2)
09. COME ON IN MY KITCHEN (take1)
10. COME ON IN MY KITCHEN (take2)
11. TERRAPLANE BLUES
12. PHONOGRAPH BLUES (take1)
13. PHONOGRAPH BLUES (take2)
14. 32-20 BLUES
15. THEY'RE RED HOT
16. DEAD SHRIMP BLUES
17. CROSS ROAD BLUES (take1)
18. CROSS ROAD BLUES (take2)
19. WALKIN' BLUES
20. LAST FAIR DEAL GONE DOWN

<DISC 2>
01. PREACHIN' BLUES (UP JUMPED THE DEVIL)
02. IF I HAD POSSESSION OVER JUDGMENT DAY
03. STONES IN MY PASSWAY
04. I'M A STEADY ROLLIN' MAN
05. FROM FOUR UNTIL LATE
06. HELL HOUND ON MY TRAIL
07. LITTLE QUEEN OF SPADES (take1)
08. LITTLE QUEEN OF SPADES (take2)
09. MALTED MILK
10. DRUNKEN HEARTED MAN (take1)
11. DRUNKEN HEARTED MAN (take2)
12. ME AND THE DEVIL BLUES (take1)
13. ME AND THE DEVIL BLUES (take2)
14. STOP BREAKIN' DOWN BLUES (take1)
15. STOP BREAKIN' DOWN BLUES (take2)
16. TRAVELING RIVERSIDE BLUES
17. HONEYMOON BLUES
18. LOVE IN VAIN BLUES (take1)
19. LOVE IN VAIN BLUES (take2)
20. MILKCOW'S CALF BLUES (take1)
21. MILKCOW'S CALF BLUES (take2)


本日もCDコレクションから。1930年代に活躍した、同時代の多くのブルースマンたちや、その後のロックミュージシャンたちに多大な影響を与えた「ロバート・ジョンソン」の全ての曲が入ったCDセット。

彼は、アコースティック・ギター一本でブルースを弾き語りし、アメリカ大陸中を渡り歩いたそうで、当時の聴衆はその演奏技術に驚き、「十字路で悪魔に魂を売り渡して引き換えにテクニックを身につけた」という伝説...「クロスロード伝説」が広まったようです。映画にもなっていますね。27歳という若さで他界してしまったようですが、それがこういう伝説を広めたきっかけになったのでしょうか?

ちょっと夜更けにバーボンを片手にこれを聴くってのも格好いいかも?

映像はありませんでしたが、これが一番有名でしょう↓。

"CROSS ROAD BLUES"・・・You Tube

あっという間に終わってしまいますが。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROY BUCHANAN A STREET CALLED STRAIGHT

Street Called Straight

A STREET CALLED STRAIGHT / ROY BUCHANAN (1976)

01. RUNNING OUT
02. KEEP WHAT YOU GOT
03. MAN ON THE FLOOR
04. GOOD GOD HAVE MERCY
05. OKAY
06. CARUSO
07. MY FRIEND JEFF
08. IF SIX WAS NINE
09. GUITAR CADENZA
10. THE MESSIAH WILL COME AGAIN
11. I STILL THINK ABOUT IDA MAE

本日のような「しとしと」と雨が降る日にオススメの1枚。10曲目の「メシアが再び」を日本ではアルバムタイトルにして発売されたものです。若くしてこの世を去った彼が残した彼のギターサウンド...ジャケット写真にある彼が使っていた「テレ・キャスター」というギターは、ロックで使えば、荒々しく、ブルースで使えば、鳴き過ぎて...。

やっぱり、黙ってこれを聴きましょう↓。
"THE MESSIAH WILL COME AGAIN"・・・You Tube

ちょっと雰囲気を変えて、同じ曲を...。
"THE MESSIAH WILL COME AGAIN" by GARY MOORE

渋いけど、音が太過ぎ。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

REO SPEEDWAGON THE HITS

Hits

THE HITS / REO SPEEDWAGON (1988)

01. I DON'T WANT TO LOSE YOU
02. HERE WITH ME
03. ROLL WITH THE CHANGES
04. KEEP ON LOVING YOU
05. THAT AIN'T LOVE
06. TAKE IT ON THE RUN
07. IN MY DREAMS
08. DON'T LET HIM GO
09. CAN'T FIGHT THIS FEELING
10. KEEP PUSHIN'
11. TIME FOR ME TO FLY
12. ONE LONELY NIGHT
13. BACK ON THE ROAD AGAIN
14. RIDIN' THE STORM OUT

今日みたいなジメジメした日には、これ。爽やかな気分にさせてくれる1枚。

REO SPEEDWAGON...1968年に結成され、現在も活動を続けています(一度解散しました)。昨年26枚目のアルバムを発表したらしいですね。「継続は力」です。

本日のアルバムは、彼らの2枚目のベストアルバムで1973年から1988年の間の曲が詰まっています。今聴いてもそんなに古臭くないですよ。

一人の人間が「赤ん坊」から「老人」へと成長する映像が入ったこれ↓

"CAN'T FIGHT THIS FEELING "・・・You Tube

歌の内容はラブソングなんですが...そうそう、ちなみに邦題は「涙のフィーリング」....。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE RUNAWAYS THE RUNAWAYS

チェリー・ボム

THE RUNAWAYS / THE RUNAWAYS (1976)

1. CHERRY BOMB
2. YOU DRIVE ME WILD
3. IS IT DAY OR NIGHT?
4. THUNDER
5. ROCK AND ROLL
6. LOVERS
7. AMERICAN NIGHTS
8. BLACKMAIL

「悩殺爆弾(チェリー・ボム)/禁断のロックン・ロール・クイーン」と邦題を付けられた「ランナウェイズ」のデビュー作。こんなんまで我が家にあったんですねぇ。ジャケットの「タバサ」、もといシェリー・カーリーはこの時若干16歳。若い。若過ぎ。ジョーン・ジェットも同じく16歳だし、リタ・フォードも17歳...。ガールズ・ロックバンド、パンクバンド(?)の先駆けと言われ、あのセックス・ピストルズよりもデビューが早かったそうです。

今でも結構いけますぜ。

おお、過去の貴重な映像が↓

"CHERRY BOMB"・・・You Tube

数年後のリタ・フォード↓このバラード最高!

"Lita Ford - Close My eyes Forever"・・・You Tube

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROUGH CUTT ROUGH CUTT

ラフ・カット

ROUGH CUTT / ROUGH CUTT (1985)

01. Take Her
02. Piece Of My Heart
03. Never Gonna Die
04. Dreamin' Again
05. Cutt Your Heart Out
06. Black Widow
07. You Keep Breaking My Heart
08. Kids Will Rock
09. Dressed To Kill
10. She's Too Hott

本日は梅雨の合間の晴天...まるで夏のような一日。しかも、こんな日の昼間に自転車で1時間以上走ったら私は他に何もできなくなりました(ちょっと大袈裟ですか?)。そんな時にこんな1枚を聴いたら、余計に熱くなってしまいます。

さて、これは「ラフ・カット」というバンドのメジャー・デビュー作。「LAメタル」バンドですが、1曲目の終わりの方のギターのメロディがどこかで聴いた旋律だったり、2曲目は、アレサ・フランクリンの妹、アーマ・フランクリンの曲で、過去ジャニス・ジョプリンがカバーしたものをカバーしたり...と他のバンドとは違った面を出そうとしていましたが、ボーカルが他のバンド(クワイエット・ライオット)に加入したことに伴い解散してしまいました。

で、例のサイトを探してみると...ありましたよ。

"Piece Of My Heart"・・・You Tube

↓こっちの方が知ってる人多いかもね。

"Pirce Of My Heart by Janis Joplin"

| 愛聴盤R | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RICHIE KOTZEN FEVER DREAM

Fever Dream

FEVER DREAM / RICHIE KOTZEN (1990)

01. SHE
02. FALL OF A LEADER
03. OFF THE RAILS
04. YVONNE
05. THINGS REMEMBERED NEVER DIE
06. DREAM OF A NEW DAY
07. MONEY POWER
08. ROLLERCOASTER
09. WHEELS CAN FLY
10. TRUTH IN LIES

本日もCDコレクションから。彼「リッチー・コッツェン」も80年代後半に起きたギター早弾きブームの中から見出されたギター・リストのうちの一人。「シュラプネル・レコーズ」(アメリカのへヴィー・メタルを中心に扱うインディーズ・レーベル)の創始者「マイク・ヴァーニー」によって見出されました。

と書くと、全部ギターばっかりで歌が入っていないようなアルバムかと思われる方も多いでしょうが、これは歌入り。確かにギター・ソロなんて「どうやって弾いてんの?」という曲が多いですが、中には5曲めのようなブルース系の泥臭い曲調のものもやっています(けれどギター・ソロは早弾きです)。

このアルバムを出した後、あの「ポイズン」、「Mr.BIG」に入ったりとしていたようです。

現在も元気に活躍中....。





| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RAINBOW BEST OF RAINBOW

ベスト

The Best Of RAINBOW / RAINBOW (1981)

<DISC 1>
1. ALL NIGHT LONG
2. MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
3. LOST IN HOLLYWOOD
4. JEALOUS LOVER
5. LONG LIVE ROCK 'N' ROLL
6. STARGAZER
7. KILL THE KING
8. A LIGHT IN THE BLACK

<DISC 2>
1. SINCE YOU BEEN GONE
2. SIXTEEN CENTURY GREENSLEEVES
3. CATCH THE RAINBOW
4. EYES OF THE WORLD
5. I SURRENDER
6. GATES OF BABYLON
7. CAN'T HAPPEN HERE
8. STARSTRUCK

過去にも書いたことですが( 2006(平成17)年1月5日の記事 )、今日も路上で道を尋ねられました。今週はこれで3度目。よっぽど人が良い顔をして歩いているのでしょうね。

で、本日も私のCDコレクションから。このベスト版を含む12枚の作品を発表した"レインボー"というバンドについては詳細は書きません。ボーカリストが何人変わっても、レインボーはレインボー、というよりはリッチー・ブラックモア...。私は、後期の作品が好きですね。

で、例のサイトから↓。

"I SURRENDER"・・・You Tube

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RUSH RUSH

Rush

RUSH / RUSH (1974)

1. Finding My Way
2. Need Some Love
3. Take A Firend
4. Here Again
5. What You're Doing
6. In The Mood
7. Before And After
8. Working Man

本日もCDコレクションから。1968年に結成、1974年にこのアルバム(邦題には「閃光のラッシュ」と名付けられています。)でメジャーデビューを果たし、現在も頑張っているカナダのバンド"ラッシュ"。彼らのポリシーは「ライブで再現できない曲は基本的に作らない」というものですが、バンドで再現するにはかなり難しい曲が多いのです。言い換えれば、「ライブでの再現性を上げるために技巧鍛錬に努力を惜しまない」ということなんでしょう。こういう音楽に対する姿勢が、後に生まれてくるバンドに多大なる影響を与えています。

結成当初は、レッド・ツェッぺリンをカバーしていたという彼ら。このアルバムもそんな影響が多々見受けられます。

ということで例のサイトから。2005年の結成30周年記念ライブの映像↓がありました。

"Working Man"・・・You Tube

ドラム・セットが凄過ぎる...。

| 愛聴盤R | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT