| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TIME3 JOURNEY

Time3

TIME3 / JOURNEY (1992)

TIME1 (DISC 1)

01. OF A LIFETIME
02. KOHOUTEK
03. I'M GONNA LEAVE YOU
04. COOKIE DUSTER
05. NICKEL & DIME
06. FOR YOU
07. VELVET CURTAIN / FEELING THAT WAY
08. ANYTIME
09. PATIENTLY
10. GOOD TIMES
11. MAJESTIC
12. TOO LATE
13. SWEET AND SIMPLE
14. JUST THE SAME WAY
15. LITTLE GIRL
16. ANY WAY YOU WANT IT
17. SOMEDAY SOON
18. GOOD MORNING GIRL

TIME2 (DISC 2)

01. WHERE WERE YOU
02. LINE OF FIRE
03. HOMEMADE LOVE
04. NATURAL THING
05. LIGHTS
06. STAY AWHILE
07. WALKS LIKE A LADY
08. LOVIN', TOUCHIN', SQUEEZIN'
09. DIXIE HIGHWAY
10. WHEEL IN THE SKY
11. THE PARTY'S OVER (HOPELESSLY IN LOVE)
12. DON'T STOP BELIEVIN'
13. STONE IN LOVE
14. KEEP ON RUNNIN'
15. WHO'S CRYIN' NOW
16. STILL THEY RIDE
17. OPEN ARMS
18. MOTHER, FATHER

TIME3 (DISC 3)

01. LA RAZA DEL SOL
02. ONLY SOLUTIONS
03. LIBERTY
04. SEPARATE WAYS (WORLDS APART)
05. SEND HER MY LOVE
06. FAITHFULLY
07. AFTER THE FALL
08. ALL THAT REALLY MATTERS
09. THE EYES OF A WOMAN
10. WHY CAN'T THIS NIGHT GO ON FOREVER
11. ONCE YOU LOVE SOMEBODY
12. HAPPY TO GIVE
13. BE GOOD TO YOURSELF
14. ONLY THE YOUNG
15. ASK THE LONELY
16. WITH A TEAR
17. INTO YOUR ARMS
18. GIRL CAN'T HELP IT
18. I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU

全55曲中アルバム未収録16曲が入った3枚組。日本版ライナーノーツには、デーモン小暮閣下、ルーク篁参謀のコメントも掲載されている。正にコレクターズ・アイテムの一つ。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY JOURNEY'S GREATEST HITS

Greatest Hits

JOURNEY'S GREATEST HITS / JOURNEY (1988)

01. ONLY THE YOUNG
02. DON'T STOP BELIEVIN'
03. WHEEL IN THE SKY
04. FAITHFULLY
05. I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU
06. ANY WAY YOU WANT IT
07. ASK THE LONELY
08. WHO'S CRYING NOW
09. SEPARATE WAYS (WORLDS APART)
10. LIGHTS
11. LOVIN', TOUCHIN', SQUEEZIN'
12. OPEN ARMS
13. GIRL CAN'T HELP IT
14. SEND HER MY LOVE
15. BE GOOD TO YOURSELF

"JOURNEY"(ジャーニー)について全く知らない人にとっては、これが一番だろう。一番外してはいけない曲を選曲されたアルバム。

邦題で「~永遠の旅~」と付けられている。確かに"JOURNEY"って「船旅やあてのない旅など、比較的長い旅」のことを意味するのだが...。

1曲目で映画"VISION QUEST"のサウンドトラック↓

"ONLY THE YOUNG"・・・You Tube

何故か日本のバンドも演奏していた↓

"ONLY THE YOUNG by BLIZARD"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY RED 13

RED13

RED 13 / JOURNEY (2002)

01. INTRO: RED13 / STATE OF GRACE
02. THE TIME
03. WALKING AWAY FROM THE EDGE
04. I CAN BREATHE

前作"ARRIVAL"の後に発表された13作目でミニアルバム。

とにかく印象が薄い。プレーヤーから流れてきた1曲目で「ああ、終わったな」と感じてしまった。アレンジも中途半端な感じがする。


| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY ARRIVAL

Arrival

ARRIVAL / JOURNEY (2000)

01. HIGHER PLACE
02. ALL THE WAY
03. SIGNS O LIFE
04. ALL THE THINGS
05. LOVED BY YOU
06. LIVIN' TO DO
07. I GOT A REASON
08. WITH YOUR LOVE
09. LIFETIME OF DREAMS
10. LIVE AND BREATHE
11. KISS ME SOFTLY
12. I'M NOT THAT WAY
13. WE WILL MEET AGAIN
14. TO BE ALIVE AGAIN

ボーカルが変った後のアルバム...アルバム自体はいい曲が揃っているのだが、何故かしっくりこない。

下に挙げる"WITH YOUR LOVE"なんて「ブライアン・アダムス」が歌っていてもおかしくない。

80年代のあの頃が懐かしく思えるアルバム。

"HIGHER PLACE"・・・You Tube

"ALL THE WAY"・・・You Tube

"WITH YOUR LOVE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY TRIAL BY FIRE

Trial by Fire

TRIAL BY FIRE / JOURNEY (1996)

01. MESSAGE OF LOVE
02. ONE MORE
03. WHEN YOU LOVE A WOMAN
04. IF HE SHOULD BREAK YOUR HEART
05. FOREVER IN BLUE
06. CASTLE BURNING
07. DON'T BE DOWN ON ME BABY
08. STILL SHE CRIES
09. COLORS OF THE SPIRIT
10. WHEN I THINK OF YOU
11. EASY TO FALL
12. CAN'T TAME THE LION
13. I CAN SEE IT IN YOUR EYES
14. IT'S JUST THE RAIN
15. TRIAL BY FIRE
16. BABY I'M LEAVING YOU

10年の沈黙を経て、復活した彼らのアルバム...。このままのメンバーで居て欲しかったのだが、やはり、無理だった。

以下、シングルカットされた曲。

"WHEN YOU LOVE A WOMAN"・・・You Tube

"MESSAGE OF LOVE"・・・You Tube

"CAN'T TAME THE LION"・・・You Tube

"IF HE SHOULD BREAK YOUR HEART"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY RAISED ON RADIO

Raised on Radio

RAISED ON RADIO / JOURNEY (1986)

01. GIRL CAN'T HELP IT
02. POSITIVE TOUCH
03. SUZANNE
04. BE GOOD TO YOURSELF
05. ONCE YOU LOVE SOMEBODY
06. HAPPY TO GIVE
07. RAISED ON RADIO
08. I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU
09. IT COULD HAVE BEEN YOU
10. THE EYES OF A WOMAN
11. WHY CAN'T THIS NIGHT GO ON FOREVER

「時を駆けて」という邦題が副題で付けられた、一度解散する前のアルバム。これも良い感じで好きなのだ!

"BE GOOD TO YOURSELF"・・・You Tube

"SUZANNE"・・・You Tube

"GIRL CAN'T HELP IT"・・・You Tube

"I'LL BE ALRIGHT WITHOUT YOU"・・・You Tube

WHY CAN'T THIS NIGHT GO ON FOREVER・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY FRONTIERS

Frontiers

FRONTIERS / JOURNEY (1983)

01. SEPARATE WAYS (WORLDS APART)
02. SEND HER MY LOVE
03. CHAIN REACTION
04. AFTER THE FALL
05. FAITHFULLY
06. EDGE OF THE BLADE
07. TROUBLED CHILD
08. BACK TALK
09. FRONTIERS
10. RUBICON

私が海外のバンドに興味を持ち始めた頃に買ったレコードの中の1枚。ジャケットに惹かれてしまったが、それが正解だった。格好良過ぎる!

"SEPARATE WAYS (WORLDS APART)"・・・You Tube

"FAITHFULLY"・・・You Tube

"SEND HER MY LOVE"・・・You Tube

"AFTER THE FALL"・・・You Tube

"CHAIN REACTION"・・・You Tube


| 愛聴盤J | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY ESCAPE

エスケイプ

ESCAPE / JOURNEY (1981)

01. DON'T STOP BELEIVIN'
02. STONE IN LOVE
03. WHO'S CRYING NOW
04. KEEP ON RUNNIN'
05. STILL THEY RIDE
06. ESCAPE
07. LAY IT DOWN
08. DEAD OR ALIVE
09. MOTHER, FATHER
10. OPEN ARMS

シングルカットされた曲がほとんどバラード...でも素晴らしい。特にマライヤ・キャリーもカバーした"OPEN ARMS"が有名ですな。

"WHO'S CRYING NOW"・・・You Tube

"DON'T STOP BELEIVIN'"・・・You Tube

"OPEN ARMS"・・・You Tube

"STILL THEY RIDE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY CAPTURED

Captured

CAPTURED / JOURNEY (1981)

01. MAJESTIC
02. WHERE WERE YOU
03. JUST THE SAME WAY
04. LINE OF FIRE
05. LIGHTS
06. STAY AWHILE
07. TOO LATE
08. DIXIE HIGHWAY
09. FEELING THAT WAY
10. ANYTIME
11. DO YOU RECALL
12. WALKS LIKE A LADY
13. LA DO DA
14. LOVIN' , TOUCHIN', SQUEEZIN'
15. WHEEL IN THE SKY
16. ANY WAY YOU WANT IT
17. THE PARTY'S OVER (HOPELESSLY IN LOVE)

1980年3月から10月にかけての"THE 1900 TOUR"での各地での模様を収録したもの。初ライブ盤。

"THE PARTY'S OVER (HOPELESSLY IN LOVE)"・・・You Tube

当時に戻れるのなら、観てみたい...。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY DEPARTURE

Departure

DEPARTURE / JOURNEY (1980)

01. ANY WAY YOU WANT IT
02. WALKS LIKE A LADY
03. SOMEDAY SOON
04. PEOPLE AND PLACES
05. PRECIOUS TIME
06. WHERE WERE YOU
07. I'M CRYIN'
08. LINE OF FIRE
09. DEPARTURE
10. GOOD MORNING GIRL
11. STAY AWHILE
12. HOMEMADE LOVE

ノリのいいサウンドから始まるアルバム。これもいい感じ。

↓どこかの番組のオープニングにかつて使われていた。
"ANY WAY YOU WANT IT"・・・You Tube

"WALKS LIKE A LADY"・・・You Tube

"DEPARTURE & GOOD MORNING GIRL & STAY AWHILE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY EVOLUTION

Evolution

EVOLUTION / JOURNEY (1979)

01. MAJESTIC
02. TOO LATE
03. LOVIN', TOUCHIN', SQUEEZIN'
04. CITY OF THE ANGELS
05. WHEN YOU'RE ALONE (IT AIN'T EASY)
06. SWEET AND SIMPLE
07. LOVIN' YOU IS EASY
08. JUST THE SAME WAY
09. DO YOU RECALL
10. DAYDREAM
11. LADY LUCK

思いっきり派手さはないけれども、聴いていてウットリ?する彼らの5枚目。密かに好きなのだ。

ボーカルの掛け合いが美しい..."JUST THE SAME WAY"・・・You Tube

コーラスが思いっきり覚えやすい..."LOVIN', TOUCHIN', SQUEEZIN'"・・・You Tube

シングルカットされたけどチャートインしなかった..."LOVIN' YOU IS EASY"・・・You Tube...大阪のライブ。

これもコーラスの掛け合いが綺麗な..."TOO LATE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY INFINITY

Infinity

INFINITY / JOURNEY (1978)

01. LIGHTS
02. FEELING THAT WAY
03. ANYTIME
04. LÃ DO DÃ
05. PATIENTLY
06. WHEEL IN THE SKY
07. SOMETHIN' TO HIDE
08. WINDS OF MARCH
09. CAN DO
10. OPENED THE DOOR

JOURNEY 4作目。スティーブ・ペリーが加入。それだけで思いっきりサウンドが変ってしまった♪

この中から、トラック06、03、01がシングルカット。

"LIGHTS"・・・You Tube

"WHEEL IN THE SKY"・・・You Tube

"FEELING THAT WAY~ANYTIME"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY NEXT

Next

NEXT / JOURNEY (1977)

01. SPACEMAN
02. PEOPLE
03. I WOULD FIND YOU
04. HERE WE ARE
05. HUSTLER
06. NEXT
07. NICKEL AND DIME
08. KARMA

JOURNEY 3作目の"プログレ・サウンド"満載のアルバム。この中から、トラック01、02、07、03の4曲がシングルカットされた。

仕事をしながらBGMとして聴くのがベストかな...。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOURNEY LOOK INTO THE FUTURE

Look into the Future

LOOK INTO THE FUTURE / JOURNEY (1976)

01. ON A SATURDAY NITE
02. IT'S ALL TOO MUCH
03. ANYWAY
04. SHE MAKES ME (FEEL ALRIGHT)
05. YOU'RE ON YOUR OWN
06. LOOK INTO THE FUTURE
07. MIDNIGHT DREAMER
08. I'M GONNA LEAVE YOU

ジャーニーの2枚目。「こういう時代もあったんだ。」と感慨深い。今、聴いてみても良い感じだが、TVのBGMでかかっている彼らのサウンドを予想すると痛い目に合う。

"JOURNEY 1976"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES NUCLEAR COWBOY

ニュークリア・カウボーイ

NUCLEAR COWBOY / JOHN SYKES (2000)

01. INTRO
02. WE WILL
03. NUCLEAR COWBOY
04. ARC ANGEL
05. NOTHING MEANS NOTHING
06. TALKING 'BOUT LOVE
07. ONE WAY SYSTEM
08. INTERLUDE "ALL GOOD PEOPLE"
09. DEGRADED
10. SICK
11. WISH IT WOULD RAIN
12. RAISING THE DEVIL

前作から約3年ぶりに発表されたアルバム。各曲の特徴としては、この頃、彼が「はまっていた」らしい、「オルタナ系」あるいは「ヒップホップ系」の影響が大きく、かつてのような曲だと思って聴くと少し驚く。

「何だかよく分からない...。」これがこのアルバムに対する私の印象だ。

ずっと聴くのは「しんどい」ね。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES CHAPTER ONE

ベスト・オブ・ジョン・サイクス

CHAPTER ONE / JOHN SYKES (1998)

01. WE ALL FALL DOWN
02. RIOT
03. LOOK IN HIS EYES
04. DON'T HURT ME THIS WAY (Please Don't Leave Me '97)
05. BILLY
06. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
07. BLACK DAYS
08. JELLY ROLL (LIVE)
09. SOUL STEALER
10. DEFCON 1
11. SHE KNOWS (LIVE)
12. THANK YOU FOR THE LOVE
13. SYSTEM AIN'T WORKIN'
14. HOLD THE LINE

JOHN SYKESの80年代後半~90年代後半のベスト版。トラック01・11はアルバム"NOTHIN' BUT TROUBLE"、トラック02・05・08はアルバム"BLUE MURDER"、トラック03・10・13はアルバム"20th CENTURY"、トラック04・12・14は"LOVELAND"、トラック06・07・09は"OUT OF MY TREE"からの選曲。

アルバムを揃えることができるなら、こちらより各アルバムを求められたし。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES 20th CENTURY

20センチュリー

20th CENTURY / JOHN SYKES (1997)

01. Look In his Eyes
02. 20th Century Heartache
03. I Get Around
04. 2 Counts
05. Defcon 1
06. System Ain't Workin'
07. The Way You Kiss Me
08. Found What I Needed
09. Cautionary Warning
10. Touched By Evil

前作"LOVELAND"から4ヶ月後に発表されたアルバム。こちらは、ギター弾きまくり。日本版のライナーで彼自信のコメントが掲載されているが、

俺にとっては『サンダー&ライトニング』以来のハングリー精神と情熱をもって作られたアルバムと言っていい。



そうである。確かにパワー全開でギターを弾きまくっている。強烈な印象の一枚。

| 愛聴盤J | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES LOVELAND

ラヴランド

LOVELAND / JOHN SYKES (1997)

01. EVERYTHING I NEED
02. DIDN'T WE SAY
03. DON'T HURT ME THIS WAY (Please Don't Leave Me '97)
04. HOLD THE LINE
05. THANK YOU FOR THE LOVE
06. WUTHERING HEIGHTS
07. TILL THE DAY I DIE
08. HAUNTED
09. I'LL BE WAITING
10. DON'T SAY GOODBYE

JOHN SYKESのバラード曲集。これが、案外いいのだ。クルマの中で独り、海辺をドライブするには最高の一枚だと私は思う。

彼の激しいヤツも好きなんだけれど、こういうのをやらせたら天下一品!

機会があれば皆さんにも聴いて欲しい一枚。

| 愛聴盤J | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SYKES I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU

マイ・ライフ

I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU / SYKES (1995)

01. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
02. JELLY ROLL (LIVE)
03. SHE KNOWS (LIVE)
04. STANDING AT THE CROSSROADS (LIVE)

"OUT OF MY TREE"からのシングルとして発表されたもの。ちなみに、アルバム"OUT OF MY TREE"のケースは、このCDの中身を入れることができるように2枚収納可能のケースになっており、ジャケットスリーブを取り出して、このシングルと合わせると大きなポスターになるという...。収集家には、必携?の一枚。

| 愛聴盤J | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SYKES OUT OF MY TREE

アウト・オブ・マイ・ツリー

OUT OF MY TREE / SYKES (1995)

01. SOUL STEALER
02. I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU
03. SHE'S ALL ACTION
04. STANDING AT THE CROSSROADS
05. I DON'T BELIEVE IN ANYTHING
06. BLACK DAYS
07. JESUS & MARY
08. DO OR DIE
09. IF YOU EVER NEED LOVE
10. SLEEP ON

"BLUE MURDER"から気分一新、"SYKES"という名前に改名して発表されたアルバム。それに伴いレコード会社も代わった。

前作 "NOTIHN' BUT TROUBLE"をかなりの時間を費やして録音したこと、オーバープロデュースだったことを反省し、短時間で仕上たらしい。また、曲調も勢いのあるものへと...プレイヤーから飛び出してきたサウンドに、私も最初から打ちのめされてしまった方だ。「うん、これはカッコウ良い!」

で、例のサイトから。↓何故か"WOW WOW"の番組がUPされていたようだ。

I DON'T WANNA LIVE MY LIFE LIKE YOU "LIVE"・・・You Tube

STANDING AT THE CROSSROADS "LIVE"・・・You Tube

I DON'T BELIEVE IN ANYTHING "LIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤J | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN SYKES PLEASE DON'T LEAVE ME

プリーズ・ドント・リーヴ・ミー(紙ジャケット仕様)

PLEASE DON'T LEAVE ME / JOHN SYKES (1992)

01. PLEASE DON'T LEAVE ME (ORIGINAL VERSION)
02. DON'T TAKE NOTHING / TIGERS OF PAN TANG
03. BAD TIMES / TIGERS OF PAN TANG
04. ALL OR NOTHING / TIGERS OF PAN TANG
05. DON'T GIVE A DAMN / TIGERS OF PAN TANG
06. PLEASE DON'T LEAVE ME (SHORT VERSION)
07. LAVE TO FREEDOM (LIVE) / TIGERS OF PAN TANG
08. RAISED ON ROCK (LIVE) / TIGERS OF PAN TANG
09. PARADISE DRIVE / TIGERS OF PAN TANG
10. LOVE POTION NO.9 / TIGERS OF PAN TANG
11. PLEASE DON'T LEAVE ME (INSTRUMENTAL)

日本で企画された"NWOBHM"=New Wave Of British Heavy Metalのシリーズの中の1枚。プリティ・メイズがカバーした"PLEASE DON'T LEAVE ME"がヒットした後にこれが発売された。いかにカバーが原曲を忠実に再現しているかが良く分かる。

ボーカルは、Phil Lynott..そう、"THIN LIZZY"のボーカルで、この曲の製作後、JOHN SYKESはTHIN LIZZYへ加入することになる...途中、色々あったみたいだけれど。

で、例のサイトから。まずは、カバーバージョンから。

PLEASE DON'T LEAVE ME by "Pretty Maids"・・・You Tube

こちらが、元のバージョン。ちと短いですが。

PLEASE DON'T LEAVE ME by "JON SYKES & PHIL LYNOTT"・・・You Tube

よくもまぁ、こんな映像が残っていたものです。

| 愛聴盤J | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEFF WATSON AROUND THE SUN

Around the Sun

AROUND THE SUN / JEFF WATSON (1993)

1. GLASS REVENGE
2. LIFE GOES ON
3. AROUND THE SUN
4. FOLLOW
5. ANNA WAITS
6. TIGHTROPE
7. LESLIE ANN
8. MAN'S BEST FRIEND
9. MOMENT OF TRUTH

元ナイト・レンジャーのギターリスト、ジェフ・ワトソンのソロ・アルバム第2弾?2009(平成21)年4月19日の記事とは違って、今度はヴォーカルも入った曲が多く入っています。

これもあっという間に聴けてしまう一枚...。ナイト・レンジャーのギターリストだという先入観があると、ちょっとがっかりされるかもしれません。が、出来はいいと思います。

上記ジャケット写真は英国版らしく、私の日本版に比べて4曲多く納められています。ちょっとお得かも?

例のサイトで探しましたが、ありませんでした。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEFF WATSON LONE RANGER

Lone Ranger

LONE RANGER / JEFF WATSON (1992)

01. MOUNTAIN CATHEDRAL
02. CEMENT SHOES
03. FOREST OF FEELING
04. HI-YO SILVER
05. PICNIC ISLAND
06. MORRIS MINOR
07. OSAKA ROCKA
08. ECO CHALET
09. TALKING HANDS
10. PIPE DREAM
11. SONG FOR REBECCA

しばらくこちらにUPしてきたNIGHT RANGERのギター・リストの一人、ジェフ・ワトソンのソロ・アルバム。このアルバムには、カーマイン・アピス、スティーブ・スミス、ボブ・デイズリー、ブラッド・ギルス、アラン・ホールズワース、スティーブ・モーズ、そして、サミー・ヘイガー...トンでもない面子が参加しています。

まぁ、ギター・リストの作品なので、歌入りの曲はありません。このアルバムに参加しているスティーブ・モーズのソロ・アルバムに近い雰囲気です。激しいやつもあり、ギターのアルペジオが綺麗な曲もあり...。約40分があっという間に過ぎてしまいます。

で、例のサイトから、1曲目。

You Tube・・・ MOUNTAIN CATHEDRAL

本当にあっという間に終わってしまいます(笑)。

| 愛聴盤J | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN WETTON ARKANGEL

アークエンジェル(紙ジャケット仕様)

ARKANGEL / JOHN WETTON (1997)

01. The Circle of St Giles
02. The Last Thing On My Mind
03. Desperate Times
04. I Can't Lie Anymore
05. Arkangel
06. You Against The World
07. Be Careful What You Wish For
08. Emma
09. Nothing Happens For Nothing
10. All Grown Up
11. After All
12. The Celtic Cross
13. Take These Tears

本日は私のCDコレクションから。このアルバムにも凄過ぎるアーティストたちが参加しています。

アルバム全体を通して聴くと、この頃の彼の心境でしょうか、宗教観といったものでしょうか、彼が心の中で叫び声を上げている...そんな感じで少し重く感じます。

しみじみしとバーボンのグラスを傾けながら聴きたい一枚です。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN WETTON LIVE - CHASING THE DRAGON

チェイシング・ザ・ドラゴン(紙ジャケット仕様)

CHASING THE DRAGON - JOHN WETTON LIVE (1994)

01. HEAT OF THE MOMENT
02. DON'T CRY
03. RENDEZ-VOUS 6:02
04. CRIME OF PASSION
05. CAUGHT IN THE CROSSFIRE
06. EASY MONEY
07. IN THE DEAD OF NIGHT
08. THIRTY YEARS
09. ONLY TIME WILL TELL
10. HOLD ME NOW
11. STARLESS
12. BOOK OF SATURDAY
13. BATTLE LINES
14. OPEN YOUR EYES
15. THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES

2008年12月8日の記事 "VOICE MAIL" で書いたアルバムの後、来日時のライブの収録版(大阪・東京)。私の持っている初回版には、CDの盤面に「龍を追う」と印刷されています。

メンバーは、バック・ミュージシャンが、ジョンベック(Key)・ボブダルトン(Ds)・のイットバイツ組とアンディスケルトン(G)。

ASIA初期以前の彼を好きな方は必携のアルバムでしょう。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN WETTON VOICE MAIL

ヴォイス・メイル

VOICE MAIL / JOHN WETTON (1994)

01. RIGHT WHERE I WANTED TO BE
02. BATTLE LINES
03. JANE
04. CRIME OF PASSION
05. SAND IN MY HAND
06. SEA OF MERCY
07. HOLD ME NOW
08. SPACE AND TIME
09. WALKING ON AIR
10. YOU'RE NOT THE ONLY ONE

当時14年振りのソロアルバム(2枚目・これ)を出した彼。こんな声が出たら、迷わずプロを目指していたでしょう。

すっと覚えられる曲は少ないですが、良い曲ばかり。もちろん、サポートメンバーも強力です...。

...「14年振り」とは、なんて奇遇なんだろう。

| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

John Mellencamp Whenever We Wanted

Whenever We Wanted

Whenever We Wanted / John Mellencamp (1991)

01. Love And Happiness
02. Now More Than Ever
03. I Ain't Ever Satisfied
04. Get A Leg Up
05. Crazy Ones
06. Last Chance
07. They're So Tough
08. Melting Pot
09. Whenever We Wanted
10. Again Tonight

本日は私のCDコレクションから。今年22枚目?のアルバムを発表しているようですが、これは11枚目。ギターサウンドを中心としたRockに仕上がっています。

私が抱く彼のイメージは、何故か「オーストラリア出身」。ですがこれは私の誤りで、彼はアメリカ人でした。

ストレートなギターサウンド(ちょっとアンプを歪ました音)がお気に入りの方には、お勧め。隠れた名盤かもしれません。歌詞もストレート勝負!って感じです。

このアルバムからの1曲目をご紹介。下記リンク先からどうぞ。

Love And Happiness / John Mellencamp (You Tube)



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JANET JACKSON'S RHYTHM NATION 1814

リズム・ネイション

JANET JACKSON'S RHYTHM NATION 1814 (1989)

01. Interlude: Pledge
02. Rhythm Nation
03. Interlude: T.V.
04. State of the World
05. Interlude: Race
06. The Knowledge
07. Interlude: Let's Dance
08. Miss You Much
09. Interlude: Come Back Interlude
10. Love Will Never Do (Without You)
11. Livin' In A World (They Didn't Make)
12. Alright
13. Interlude: Hey Baby
14. Escapade
15. Interlude: No Acid
16. Black Cat
17. Lonely
18. Come Back To Me
19. Someday Is Tonight
20. Interlude: Livin'...In Complete Darkness

本日は、我が家のCDコレクションから。先日のお兄さんの件があったのでついでに。

このアルバム、1曲の間にTVコマーシャルのようなものが入っています。"Interlude"というものがそれ。画面を見ずにTVの音だけを聴いているような感じです。それでもこのアルバムのテーマはシリアスかつ元気良過ぎ....。

この中から、私の思い入れの強い曲"Black Cat"↓学生時代を思い出します。




| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JEFF BECK TRUTH

Truth

TRUTH / JEFF BECK (1968)

01. SHAPES OF THINGS
02. LET ME LOVE YOU
03. MORNING DEW
04. YOU SHOOK ME
05. OL' MAN RIVER
06. GREENSLEEVES
07. ROCK MY PLIMSOUL
08. BECK'S BOLERO
09. BLUES DE LUXE
10. I AIN'T SUPERSTITIOUS

本日は私のCDコレクションから。今となっては「古臭い」のかもしれませんが「格好良い」のは変わりません。若かりし頃のロッド・スチュワートがボーカルですが、現在とほとんど変わらない彼のスタイルもまた「格好良い」です。

ジェフ・ベック...彼のトレードマークとなっている「フェンダー・ストラト・キャスター」というギターですが、このアルバムでは、それではなく「ギブソン・レスポール」を弾いています。温かみのある音を出していますね。

で、例のサイトで探してみました。あるもんですねぇ、古いものですけれど。
↓"SHAPES OF THINGS"。若いですよ~。



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOE PASS VIRTUOSO

バーチュオーゾ

VIRTUOSO / JOE PASS (1973)

01. NIGHT AND DAY
02. STELLA BY STARLIGHT
03. HERE'S THAT RAINY DAY
04. MY OLD FLAME
05. HOW HIGH THE MOON
06. CHEROKEE
07. SWEET LORRAINE
08. HAVE YOU MET MISS JONES
09. 'ROUND MIDNIGHT
10. ALL THE THINGS YOU ARE
11. BLUES FOR ALICAN
12. THE SONG IS YOU

"VIRTUOSO"...「巨匠」とタイトルがつけられたこのアルバム。ジャズ・ギターの名盤中の名盤。1994年に他界しましたが、他のギターリストに多大なる影響を与えました。

このアルバム、すーっと聴けてしまいますが、実際、こんなメロディで弾けません。

↓は、後年のライブでこのアルバムの10曲目に収録されている"ALL THE THINGS YOU ARE"。年齢を重ねても、こういう具合にギターが弾けたら幸せですね...。



| 愛聴盤J | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT