| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

GARY MOORE LIVE AT MONTREUX 2010

DSC01713.jpg

本日、"GARY MOORE LIVE AT MONTREUX" スペシャル・エディションが届いた!

早速、開封してDVDを観る!

たまらない!

ライヴ・アット・モントルー 2010 【初回限定盤DVD+2CD・日本語字幕付】
日本コロムビア (2011-08-31)
売り上げランキング: 514

| 愛聴盤G | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE DARK DAYS IN PARADISE

Dark Days in Paradise

DARK DAYS IN PARADISE / GARY MOORE (1997)

01. ONE GOOD REASON
02. COLD WIND BLOWS
03. I HAVE FOUND MY LOVE IN YOU
04. ONE FINE DAY
05. LIKE ANGELS
06. WHAT ARE WE HERE FOR ?
07. ALWAYS THERE FOR YOU
08. AFRAID OF TOMORROW
09. WHERE DID WE GO WRONG ?
10. BUSINESS AS USUAL

最初、スピーカーから聴こえてくる音にびっくりした...。

「何でドラムン・ベースなんだ!」

一回聴いた後、どうしても好きになれないアルバムだった。

数年後、久々にプレーヤーに乗せた。

歌詞カードを読みながら聴いてみた。

「...中々渋いやん!」

↓彼の生き様を歌ったもの...。

"BUSINESS AS USUAL"・・・You Tube

| 愛聴盤G | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE BALLADS & BLUES 1982-1994

Ballads & Blues, 1982-1994

BALLADS & BLUES 1982-1994 / GARY MOORE (1994)

01. ALWAYS GONNA LOVE YOU
02. STILL GOT THE BLUES
03. EMPTY ROOMS
04. PARISIENNE WALKWAYS
05. ONE DAY
06. SEPARATE WAYS
07. STORY OF THE BLUES
08. CRYING IN THE SHADOWS
09. WITH LOVE(REMEMBER)
10. MIDNIGHT BLUES
11. FALLING IN LOVE WITH YOU
12. JUMPIN' AT SHADOWS
13. BLUES FOR NARADA
14. JOHNNY BOY

"ALWAYS GONNA LOVE YOU"のイントロのピアノで「おお!」となるベスト版でしかもバラードとブルース...。こんなのを聴きながら、しみじみと呑むのも良い!

"ALWAYS GONNA LOVE YOU"・・・You Tube
↑若い!

"EMPTY ROOMS"・・・You Tube

| 愛聴盤G | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE AFTER HOURS

After Hours

AFTER HOURS / GARY MOORE (1992)

01. COLD DAY IN HELL
02. DON'T YOU LIE TO ME (I GET EVIL)
03. STORY OF THE BLUES
04. SINCE I MET YOU BABY
05. SEPARATE WAYS
06. ONLY FOOL IN TOWN
07. KEY TO LOVE
08. JUMPIN' AT SHADOWS
09. THE BLUES IS ALRIGHT
10. THE HURT INSIDE
11. NOTHING'S THE SAME
12. ALL TIME LOW

このアルバムを聴くと、こんな感じでギターを弾きながら歌いたかったんだろうなぁ...というのが良く分かる。本当に楽しそうに歌っている...。

"COLD DAY IN HELL"・・・You Tube

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE STILL GOT THE BLUES

スティル・ゴット・ザ・ブルーズ

STILL GOT THE BLUES / GARY MOORE (1990)

01. MOVING ON
02. OH PRETTY WOMAN
03. WALKING BY MYSELF
04. STILL GOT THE BLUES
05. TEXAS STRUT
06. TOO TIRED
07. KING OF THE BLUES
08. AS THE YEARS GO PASSING BY
09. MIDNIGHT BLUES
10. THAT KIND OF WOMAN
11. ALL YOUR LOVE
12. STOP MESSIN' AROUND
13. THE STUMBLE

前作から1年後、発表されたアルバム。元からこういう感じのが好きだったのか、ハードなものに飽きてしまったのか、本人でないからわからないが、まぁ、こういうのもあり?という感じで当時は聴いていた。おそらく、これ1枚程度で元のハードなやつをやってくれるだろう...と思いながら。

が、それからしばらくこの路線に。

「本人がやりたいやつをやれば良い」と私は思うようになったのは、その数年後だった。

"STILL GOT THE BLUES"・・・You Tube

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE AFTER THE WAR

After The War

AFTER THE WAR / GARY MOORE (1989)

01. DUNLUCE (PART I)
02. AFTER THE WAR
03. SPEAK FOR YOURSELF
04. LIVIN' ON DREAMS
05. LED CLONES
06. THE MESSIAH WILL COME AGAIN
07. RUNNING FROM THE STORM
08. THIS THING CALLED LOVE
09. READY FOR LOVE
10. BLOOD OF EMERALDS
11. DUNLUCE (PART II)

最初、「何じゃぁ、こりゃ?」と思ったが案外良いアルバム。この時に来日した後21年...今年来る!

"AFTER THE WAR"・・・You Tube

↑何気に凄い人が後ろにいる...。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE WILD FRONTIER

ワイルド・フロンティア

WILD FRONTIER / GARY MOORE (1987)

01. OVER THE HILLS AND FAR AWAY
02. WILD FRONTIER
03. TAKE A LITTLE TIME
04. THE LONER
05. WILD FRONTIER (12" VERSION)
06. FRIDAY ON MY MIND
07. STRANGERS IN THE DARKNESS
08. THUNDER RISING
09. JOHNNY BOY
10. OVER THE HILLS AND FAR AWAY(12" VERSION)
11. CRYING THE SHADOWS

アルバムジャケットの写真を見て購入をためらったが、聴いてびっくりのアルバム。こんなギター弾きたい...。

"THE LONER"・・・You Tube

↑泣きまくり...。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE PARISIENNE WALKWAYS

Parisienne Walkways

PARISIENNE WALKWAYS / GARY MOORE (1987)

01. BACK ON THE STREETS
02. FANATICAL FASCISTS
03. DON'T BELIEVE A WORD
04. SPANISH GUITAR
05. PARISIENNE WALKWAYS
06. PUT IT THIS WAY
07. DESPERADO
08. CASTLES
09. FIGHTING TALK
10. THE SCORCH

これは当時MCA RECORDSから出されたもの。ある種のベスト版?コレクターズアイテムかもしれない。


| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE ROCKIN' EVERY NIGHT

Rockin' Every Night (Live in Japan)

ROCKIN' EVERY NIGHT / GARY MOORE (1986)

01. ROCKIN' EVERY NIGHT
02. WISHING WELL
03. I CAN'T WAIT UNTIL TOMORROW
04. NUCLEAR ATTACK
05. WHITE KNUCKLES
06. ROCKIN' AND ROLLIN'
07. BACK ON THE STREETS
08. SUNSET

1983年に日本国内で発売され、1986年CD化されたもの。この1983年当時、彼に関する音源がこれを含めて多々発売されたため、"WE WANT MOORE"が日本で発売されなかったということもあったようだ。

まぁ、ライブ盤ばかりはいらないけれど...(でも無いよりマシだ!)。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE RUN FOR COVER

ラン・フォー・カヴァー

RUN FOR COVER / GARY MOORE (1985)

01. RUN FOR COVER
02. REACH FOR THE SKY
03. MILITARY MAN
04. EMPTY ROOMS
05. OUT OF MY SYSTEM
06. OUT IN THE FIELDS
07. NOTHING TO LOSE
08. ONCE IN A LIFETIME
09. ALL MESSED UP
10. LISTEN TO YOUR HEARTBEAT

実は私、このアルバムが好きだったりする。

このアルバムの製作背景には色々あったようだが...。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE WE WANT MOORE!

We Want Moore!

WE WANT MOORE Recorded Live in Concert / GARY MOORE (1984)

01. MURDER IN THE SKIES
02. SHAPES OF THINGS
03. VICTIMS OF THE FUTURE
04. COLD HEARTED
05. END OF THE WORLD
06. BACK ON THE STREETS
07. SO FAR AWAY-EMPTY ROOMS
08. DON'T TAKE ME FOR A LOSER
09. ROCKIN' AND ROLLIN'

かつて、レコードが全盛だった頃、日本では未発売だったアルバム。CD化されるにあたって発売されるようになった。

"CORRIDORS OF POWER"(大いなる野望)、"VICTIMS OF THE FUTURE"(炎の舞)の曲を中心に、最後はG-FORCEの頃の曲で締めくくる。

勢いが物凄い!

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE VICTIMS OF THE FUTURE

ヴィクティムズ・オブ・ザ・フューチャー

VICTIMS OF THE FUTURE / GARY MOORE (1983)

01. VICTIMS OF THE FUTURE
02. TEENAGE IDOL
03. SHAPES OF THINGS TO COME
04. EMPTY ROOMS
05. MURDER IN THE SKIES
06. ALL I WANT
07. HOLD ON TO LOVE
08. THE LAW OF THE JUNGLE

ちょっと評価があまり芳しくないアルバムだが、結構「いけてる」と私は思うのだが...。


4/26のFM局での先行予約、電話で取ったのに、引き換えを忘れていて、流してしまった...。どんな席だったんだろう(泣)。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE CORRIDORS OF POWER

コリドーズ・オブ・パワー

CORRIDORS OF POWER / GARY MOORE (1982)

01. DON'T TAKE ME FOR A LOSER
02. ALWAYS GONNA' LOVE YOU
03. WISHING WELL
04. GONNA' BREAK MY HEART AGAIN
05. FALLING IN LOVE WITH YOU
06. END OF THE WORLD
07. ROCKIN' EVERY NIGHT
08. COLD HEARTED
09. I CAN'T WAIT UNTIL TOMORROW

これはお勧め!弾きまくっているものもあり、感動の曲もある。


...で、どうしようもなくなって、チケットGET!!

「GARY MOORE JAPAN TOUR 2010」
2010/4/22(木) SHIBUYA-AX 19:00
2010/4/23(金) Zepp Nagoya 19:00
2010/4/26(月) グランキューブ大阪 19:00
2010/4/27(火) JCB HALL 19:00
2010/4/28(水) 東京国際フォーラム ホールA 19:00

4月26日、グランキューブ大阪で会える!

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE BACK ON THE STREETS

バック・オン・ザ・ストリーツ

BACK ON THE STREETS / GARY MOORE (1978)

01. BACK ON THE STREETS
02. DON'T BELIEVE A WORD
03. FANATICAL FASCISTS
04. FLIGHT OF THE SNOW MOOSE
05. HURRICANE
06. SONG FOR DONNA
07. WHAT WOULD YOU RATHER BEE OR A WASP
08. PARISIENNE WALKWAYS

この頃、色んなことを模索しながら一番自由奔放にギターを弾いていた頃ではないかと思う。若かったこともあるだろうけれど。

聴いて損はしないアルバム。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE WHITE KNUCKLES

20100215.jpg

WHITE KNUCKLES / GARY MOORE (1985)

01. NUCLEAR ATTACK
02. WHITE KNUCKLES / ROCKIN' & ROLLIN'
03. RUN TO YOUR MAMA (LIVE)
04. YOU
05. DIRTY FINGERS
06. PARISIENNE WALKWAYS (LIVE)
07. REALLY GONNA ROCK
08. HIROSHIMA
09. YOU KISSED ME SWEETLY
10. DANCIN'
11. HOT GOSSIP
12. SHE'S GOT YOU (LIVE)

JETレコード時代の3枚のアルバム、"G-FORCE" "DIRTY FINGERS" "LIVE AT THE MARQUEE"の3枚からの選曲。

『コレクターズ・アイテム』である(この3枚のアルバムを買えばもっと沢山聴くことができる)。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARY MOORE DIRTY FINGERS

Dirty Fingers

DIRTY FINGERS / GARY MOORE (1983)

01. HIROSHIMA
02. DIRTY FINGERS
03. BAD NEWS
04. DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
05. RUN TO YOUR MAMA
06. NUCLEAR ATTACK
07. KIDNAPPED
08. REALLY GONNA ROCK
09. LONELY NIGHTS
10. REST IN PEACE

祝!21年ぶりの来日決定...ということで。おそらくこのアルバムの中からは全く演奏はないと思われるが。

「GARY MOORE JAPAN TOUR 2010」
2010/4/22(木) SHIBUYA-AX 19:00
2010/4 /23(金) Zepp Nagoya 19:00
2010/4/26(月) グランキューブ大阪 19:00
2010/4/27(火) JCB HALL 19:00
2010/4/28(水) 東京国際フォーラム ホールA 19:00

もう21年前になるんや...。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GEOFFREY DOWNES EVOLUTION

Evolution

EVOLUTION / GEOFFREY DOWNES (1994)

01. AFRICA
02. LIVIN' ON A PRAYER
03. NIGHTS IN WHITE SATIN
04. LITTLE LIES
05. DREAMER
06. I WANT TO KNOW WHAT LOVE IS
07. DRIVE
08. WHITER SHADE OF PALE
09. FINAL COUNTDOWN
10. ALONE
11. STAIRWAY TO HEAVEN
12. BABE
13. WHO'S CRYING NOW
14. DUST IN THE WIND

現在も ASIA で頑張っているキーボーディスト、ジェフ・ダウンズの3枚目になるソロ・アルバム。70年代~80年代のロックの名曲をシンセサイザーのみでカバーした作品。

「何じゃ、こりゃ~?」というアレンジもありますが、それは彼のインスピレーション。私達がとやかく言うことはできません。

これも床に寝そべって聴くには良い一枚でしょう。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GEOFFREY DOWNES THE NEW DANCE ORCHESTRA / VOX HUMANA

ヴォックス・ヒュマーナ

VOX HUMANA / GEOFFREY DOWNES (THE NEW DANCE ORCHESTRA) (1992)

01. TEARS
02. VIDEO KILLED THE RADIO STAR
03. ROADS OF DESTINY
04. PLASTIC AGE
05. AVE MARIA
06. NETWORK
07. ALL OF THE TIME
08. CONCERTO
09. SATELLITE BLUES
10. ENGLAND
11. MOON UNDER THE WATER
12. WHITE CAR
13. ADAGIO

ASIAのキーボーディスト、ジェフリー・ダウンズの2枚目のソロアルバム。ちょうど、ASIAとしてはAQUAを発表した頃の作品。

2曲目・4曲目・12曲目と過去のリメイクが入っていますが、2曲目のピアノの音色だけのアレンジ...やっぱり元の曲自体が良いので、ピアノの音色だけでも気持ち良いです。

床に寝そべって聴くには良いアルバムです。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GAMMA RAY HEADING FOR TOMORROW

ヘディング・フォー・トゥモロウ

Heading For Tomorrow / Gamma Ray (1990)

01. Welcome
02. Lust For Life
03. Heaven Can Wait
04. Space Eater
05. Money
06. The Silence
07. Hold Your Ground
08. Free Time
09. Heading For Tomorrow
10. Look At Yourself
11. Mr. Outlaw

本日も私のCDコレクションから。現在発売中の彼らのこのアルバムは、私が購入した初回版よりも何故か2曲追加され13曲になっております(上記曲順は、初回版のものです)。

へヴィ・メタルというカテゴリーの中で、しかも「ジャーマン・メタル」という疾走感バリバリのジャンルに振り分けられると思いますが、確かにそういう曲もあります。ですが、荘厳な(言い方を変えれば「大袈裟な」)曲もあり、何回聴いても飽きさせません。

へヴィ・メタルといえば、がなりたてるボーカルをイメージされる方が多いと思いますが、このアルバムはそんな曲は1つも入っておりません。"The Silence"は秀逸の曲だと思います。↓



ボーカルがこのアルバムに収録されているものとは違うバージョンでした。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GENESIS WE CAN'T DANCE

We Can't Dance

WE CAN'T DANCE / GENESIS (1991)

01. No Son Of Mine
02. Jesus He Knows Me
03. Driving The Last Spike
04. I Can't Dance
05. Never A Time
06. Dreaming While You Sleep
07. Tell Me Why
08. Living Forever
09. Hold On My Heart
10. Way Of The World
11. Since I Lost You
12. Fading Lights

3月3日といえば、「雛祭り」、あるいは「耳の日」、「金魚の日」とされているようですが、本日はそれについて全く関係の無い私のCDコレクションから。

全体的に前作に比べ雰囲気がちょっと暗い印象がありますが、聴き込んでみると音と空間が絶妙に交差している曲が多いです。

そんな中から1曲、比較的明るいサウンドを本日はご紹介しましょう。
↓"Jesus He Knows Me" 宣教師(?)に扮したフィルコリンズがなんとも言えません...。



| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GUNS N' ROSES APPETITE FOR DESTRUCTION

Appetite for Destruction

APPETITE FOR DESTRUCTION / GUNS N' ROSES (1987)

01. Welcome To The Jungle
02. It's So Easy
03. Nightrain
04. Out Ta Get Me
05. Mr. Brownstone
06. Paradise City
07. My Michelle
08. Think About You
09. Sweet Child O' Mine
10. You're Crazy
11. Anything Goes
12. Rocket Queen

本日も私のCDコレクションから。このアルバムジャケット写真↑、現在発売中のものですが、私が所有しているアルバムと違うものに差し替えられています。元のやつは、とんでもない事柄が描かれており、それだけでも強烈なバンドであることを表現しています。

このバンドもメンバー間やレコード会社とも色々あって、そちらの話題で世間を賑わせたりしていましたが、曲の格好良さがあるだけに少し残念な気がします。

かつて私が学生の頃、バンドでこのアルバムの中の数曲をカバーしたこともあって、思い入れの強いアルバムです。

で、例のサイトから。"Welcome To The Jungle"



恥ずかしながら、この曲のPVを初めてこのサイトで観ました...。


| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

G-FORCE / GARY MOORE LIVE AT THE MARQUEE

G-FORCE

<DISC 1>
G-FORCE / G-FORCE (1980)

1. You
2. White Knuckles / Rockin' And Rollin'
3. She's Got You
4. I Look At You
5. Because Of Your Love
6. You Kissed Me Sweetly
7. Hot Gossip
8. The Woman's In Love
9. Dancin'

<DISC 2>
LIVE AT THE MARQEE / GARY MOORE (1983)

1. Back On The Streets
2. Run To Your Mama
3. Dancin'
4. She's Got You
5. Parisienne Walkways
6. You
7. Nuclear Attack
8. Dallas Warhead

本日もCDコレクションから。学生の頃、嬉しがって輸入版ばかり購入していた時期があり、タワーレコードに出かけては物色しておりましたが、ある日、見つけて思わず買ってしまった2枚組。現在は、上記写真のように1枚ずつ発売されているようですが、これはフランス版で1988年に発売されたものです。

さて、今ではすっかりブルース一辺倒のGary Mooreさんですが、この頃はかなり激しいギターを弾いておりました。もうこんなギターは弾かないだろうなぁと思いながら、このアルバムを聴いていると収録されている曲は激しく、また、エキサイティングな曲ばかりなのですが、少し寂しくなってきます。が、それは本人の気持ちですからどうしようもありませんね。

まぁ、機会があれば聴いてみてください。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE GARY MOORE BAND GRINDING STONE

朝、仕事をしながら在阪FM局の番組を聴いているとこの人↓の曲が流れてきた。

Grinding Stone

GRINDING STONE / THE GARY MOORE BAND (1973)

1. Grinding Stone
2. Time to Heal
3. Sail Across the Mountain
4. Energy Dance
5. Spirit
6. Boogie My Way Back Home

このアルバムに入っている曲が聞こえてきたのではないがついでに。

今から33年前!?の作品。「なんでこんな展開になんねん?」と感じる曲が多いけれど、演奏している本人たちは楽しそうな一枚。

| 愛聴盤G | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Skid Row 34 HOURS

34 Hours

34 HOURS / SKID ROW (1971

1.Night of the Warm Witch
2.First Thing in the Morning
3.Mar
4.Go, I'm Never Gonna Let You, Pts. 1 & 2
5.Lonesome Still
6.Love Story, Pts. 1-4

*******************************************************

私が選ぶ3大ギターリストのうちの1人であるGary Mooreのメジャー2枚目のアルバム。ジャケットにTVでの演奏シーンを使っている。若干19歳でまだまだ彼の奏法が確立しているとは言えないが、バンドの雰囲気としては、今、イギリスを中心として流行っているバンドサウンドのような感じがする(でも音は古いど)。70年代初期の音源を好んで聴かれる方は揃えておいてもいいかも?

| 愛聴盤G | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |