| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

FRANK GAMBALE THUNDER FROM DOWN UNDER

Thunder from Down Under

THUNDER FROM DOWN UNDER / FRANK GAMBALE (1990)

01. Humid Being
02. Faster Than An Arrow
03. Samba Di Somewhere
04. Kuranda
05. Obsessed For Life
06. Leave Ozone Alone
07. The Land Of Wonder
08. Obrigado Fukuoka
09. Robo-Roo
10. Forgotten But Not Gone
11. Mambojambo
12. One Not Two

本日は私のCDコレクションから。これは、彼のソロ4枚目の作品。ギターリストのソロアルバムですからギターサウンドが中心ですが、比較的聴き易い1枚だと思います。聴いていて気持ち良いですから。

かつて「ギター・キッズ」だった頃、話の種にと思い買ってきたんですが、「音の粒」を綺麗に醸し出している彼の技術にびっくりさせられました。

私の文章では書き表せないので、例のサイトからこのアルバムの曲を探してきましたよ。
"Leave Ozone Alone"...彼の教則ビデオでの演奏です。



自然に聴けてしまうところが凄過ぎです。

で、今の彼はどうしているのか...と思い、検索してみると公式ページがありましたので載せておきますね。興味のある方はどうぞ。

Frank Gambale

これもびっくりです↑。

| 愛聴盤F | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |