| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DIO THE LAST IN LINE

The Last in Line

THE LAST IN LINE / DIO (1984)

01. WE ROCK
02. THE LAST IN LINE
03. BREATHLESS
04. I SPEED AT NIGHT
05. ONE NIGHT IN THE CITY
06. EVIL EYES
07. MYSTERY
08. EAT YOUR HEART OUT
09. EGYPT (THE CHAINS ARE ON)

2010年5月16日午前7時45分(現地時間)、胃癌のため死去したロニー・ジェイムス・ディオ率いるバンドの2作目。

もうこの声を聴くことができないのか...と思うと。

"WE ROCK"・・・You Tube

"THE LAST IN LINE"・・・You Tube

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A Tribute to Deep Purple From Japan Who do They think We Are?

Who do They think We are ? -A Tribute to Deep Purple From Japan

Who do They think We Are? / A Tribute to Deep Purple From Japan (1996)

01. Burn
02. Speed King
03. Lay Down, Stay Down
04. Strange Kind Of Woman
05. Child In Time
06. Lazy
07. Lady Double Dealer
08. Woman From Tokyo
09. Fireball
10. Highway Star

日本人"ハードロック・へヴィメタル"ミュージシャン達が創り上げたアルバム。結構、面白い!

違和感なんて全くない!

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A Tribute To Deep Purple Smoke On The Water

Smoke on the Water

Smoke On The Water / A Tribute To Deep Purple (1994)

01. Speed King
02. Space Truckin'
03. Stormbringer
04. Rat Bat Blue
05. Lazy
06. Maybe I'm A Leo
07. Smoke On The Water
08. Fireball
09. Hush
10. Woman From Tokyo

ちょうどこの頃、「トリビュートもの」が流行りまくったときに出たアルバム。とんでもない面子が参加している。

なんだか楽しそうに演奏してるのが、一番良い!

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE THE BATTLE RAGES ON...

紫の聖戦

THE BATTLE RAGES ON... / DEEP PURPLE (1993)

01. The Battle Rages On
02. Lick It Up
03. Anya
04. Talk About Love
05. Time To Kill
06. Ramshackle Man
07. A Twist In The Tale
08. Nasty Piece Of Work
09. Solitaire
10. One Man's Meat

「紫の聖戦」と邦題がつけられたこのアルバム...こんなんもありかな...って思う。

でも、"DEEP PURPLE"と名前がつくと、どうも違和感があるのは何故?

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE SLAVES AND MASTERS

スレイヴス・アンド・マスターズ

SLAVES AND MASTERS / DEEP PURPLE (1990)

01. KING OF DREAMS
02. THE CUT RUNS DEEP
03. FIRE IN THE BASEMENT
04. TRUTH HURTS
05. BREAKFAST IN BED
06. LOVE CONQUERS ALL
07. FORTUNETELLER
08. TOO MUCH IS NOT ENOUGH
09. WICKED WAYS

「こんな感じもありなんかな...」という感じのアルバム。あんまり聴き込んでいない。

で、例のサイトから探してみたら...↓ 1度聴いてみて。

KING OF DREAMS・・・You Tube

LOVE CONQUERS ALL・・・You Tube

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE BURN

紫の炎(SHM-CD 紙ジャケットCD)

BURN / DEEP PURPLE (1974)

01. Burn
02. Might Just Take You Life
03. Lay Down, Stay Down
04. Sail Away
05. You Fool No One
06. What's Goin' On Here
07. Mistreated
08 "A"200

もう何も説明する必要はないだろう。他の人の解説を探した方が詳しいし、親切だと思う。

1曲目からやられてしまう。

そんな1枚。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE LIVE IN JAPAN

ライヴ・イン・ジャパン

LIVE IN JAPAN / DEEP PURPLE (1972)

01. Highway Star
02. Child In Time
03. Smoke On The Water
04. The Mule
05. Strange Kind Of Woman
06. Lazy
07. Space Truckin'

日本武道館でのライブ写真がジャケットに使われているが、実際はトラック01・02・03・05の4曲が大阪厚生年金会館で、トラック04・06・07の3曲が東京・日本武道館で収録されたものらしい。

昔から大阪は熱かった...。

これもROCKを聴くなら、「持っていなければならない」1枚。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAVID LEE ROTH A LITTLE AIN'T ENOUGH

A Little Ain't Enough

A LITTLE AIN'T ENOUGH / DAVID LEE ROTH (1991)

01. A LIL' AIN'T ENOUGH
02. SHOOT IT
03. LADY LUCK
04. HAMMERHEAD SHARK
05. TELL THE TRUTH
06. BABY'S ON FIRE
07. 40 BELOW
08. SENSIBLE SHOES
09. LAST CALL
10. THE DOGTOWN SHUFFLE
11. IT'S SHOWTIME!
12. DROP IN THE BUCKET

前の作品2枚が破天荒な印象で、それをイメージして1度目は聴いてみたが、これは少し?落ち着いた感じがして好きになれなかった。が、今はこういうのも好きだ。

VAN HALENに戻ったようだけれど、どうなるんかな...?

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAVID LEE ROTH SKYSCRAPER

Skyscraper

SKYSCRAPER / DAVID LEE ROTH (1988)

01. KNUCKLEBONES
02. JUST LIKE PARADISE
03. THE BOTTOM LINE
04. SKYSCRAPER
05. DAMN GOOD
06. HOT DOG AND SHAKE
07. STAND UP
08. HINA
09. PERFECT TIMING
10. TWO FOOLS A MINUTE

2曲目だけ、何故か日本語タイトル「まるっきりパラダイス」と名付けられているアルバム...おいおい。

これも聴くだけで元気になる1枚。

こういうヤツって最近、思いっきり減ったな...と思うのは私だけか?

JUST LIKE PARADISE・・・You Tube

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAMN YANKEES DON'T TREAD

Don't Tread

DON'T TREAD / DAMN YANKEES (1992)

01. DON'T TREAD ON ME
02. FIFTEEN MINUTES OF FAME
03. WHERE YOU GOIN' NOW
04. DIRTY DOG
05. MISTER PLEASE
06. SILENCE IS BROKEN
07. FIREFLY
08. SOMEONE TO BELIEVE
09. THIS SIDE OF HELL
10. DOUBLE COYOTE
11. UPRISING
12. COME AGAIN (RADIO MIX)
13. BONESTRIPPER

日本版とはジャケット写真が違う(私が持っているものは、メンバーが写っている)。

とんでもなくハチャメチャに元気になりたいときにこれを聴くのが良い。

ただ、1枚目のインパクトに何かが欠けている気がする。

ちなみにグループ名は同名のミュージカルからとか。この2枚目のアルバムを発表した後、メンバーが各自行動することになり消滅した。ちょっと残念?

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DURAN DURAN DECADE

Decade: Greatest Hits

DACADE / DURAN DURAN (1989)

01. PLANET EARTH
02. GIRLS ON FILM
03. HUNGRY LIKE THE WOLF
04. RIO
05. SAVE A PRAYER
06. IS THERE SOMETHING I SHOULD
07. UNION OF THE SNAKE
08. THE REFLEX
09. WILD BOYS
10. A VIEW TO A KILL
11. NOTORIOUS
12. SKIN TRADE
13. I DON'T WANT YOUR LOVE
14. ALL SHE WANTS IS

DURAN DURANの初めてのベストアルバムらしい。

80年代大好きな私は、これもあり。

中学時代、彼らの髪型を真似たヤツがクラスにいたな...。

A VIEW TO A KILL・・・You Tube

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DONALD FAGEN KAMAKIRIAD

Kamakiriad

KAMAKIRIAD / DONALD FAGEN (1993)

01. TRANS-ISLAND SKYWAY
02. COUNTERMOON
03. SPRINGTIME
04. SNOWBOUND
05. TOMORROW'S GIRLS
06. FLORIDA ROOM
07. ON THE DUNES
08. TEAHOUSE ON THE TRACKS

日本語の「かまきり」とは無関係の「ニュー・エイジ・カー」のブランド名らしいが、よく分からない。

仕事をしながらこれを聴いていると、穏やかに仕事ができる。

ちょっと物足りないような「ジャズ・ファンク・ロック」の1枚。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN DOKKEN

DOKKEN

DOKKEN / DOKKEN (1994)

01. WHAT PRICE
02. SHADOWS OF LIFE
03. LONG WAY HOME
04. THE MAZE
05. NOTHING LEFT TO SAY
06. LESSER OF TWO EVILS
07. INSIDE LOOKING OUT
08. SWEET CHAINS
09. TOO HIGH TO FLY

再結成"DOKKEN"の1枚目。復活作ということで、当時の記憶を遡ると、「期待して聴いてみた→全く別のバンドに生まれ変わってしまっていた。」という印象だ。「モダン・へヴィネス」という表現がピッタリ?1曲目からガツンとやられてしまう。他のバラードも素晴らしい。より「ライブ向き」の曲が収録されている。

私の評価は79点。これが"DOKKEN"でなかったら、もっと高評価...やはり、あのサウンドをどうしても求めてしまう自分がここにいる。

で↓例のサイトから探してみた。

SHADOWS OF LIFE・・・You Tube

LONG WAY HOME "LIVE"・・・You Tube

| 愛聴盤D | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DON DOKKEN UP FROM THE ASHES

Up from the Ashes

UP FROM THE ASHES / DON DOKKEN (1990)

01. Crash 'N Burn
02. 1000Miles Away
03. When Some Nights
04. Forever
05. Living A Lie
06. When Love Finds A Fool
07. Give It Up
08. Mirror Mirror
09. Stay
10. Down In Flames
11. The Hunger

1988年"DOKKEN"解散後、ボーカルのDON DOKKENが中心となってグループを組んだ"DON DOKKEN"(ややこしい...)。このグループでの発表は、このアルバムが1枚だけとなった。

以前の"DOKKEN"とは違い、「大人な雰囲気」を醸し出している曲が多数。良い曲が多いけれど、印象に残るのは↓で紹介する"Mirror Mirror"だけか...。

私の評価は、75点。バラードは素晴らしい。

Mirror Mirror・・・You Tube

| 愛聴盤D | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN BEAST FROM THE EAST

Beast from the East

BEAST FROM THE EAST / DOKKEN (1989)

DISC 1
01. UNCHAIN THE NIGHT
02. TOOTH AND NAIL
03. STANDING IN THE SHADOWS
04. SLEEPLESS NIGHTS
05. DREAM WARRIORS
06. KISS OF DEATH
07. WHEN HEAVEN COMES DOWN
08. INTO THE FIRE
09. MR. SCARY

DISC 2
01. HEAVEN SENT
02. IT'S NOT LOVE
03. ALONE AGAIN
04. JUST GOT LUCKY
05. BREAKNG THE CHAINS
06. IM MY DREAMS
07. TURN ON THE ACTION
08. WALK AWAY

1988年4月27日、30日の東京新宿厚生年金会館と、4月29日の東京NHKホールで行われた彼らのライブ音源。メンバー間の確執から解散が決まっていたらしいが、その衝突が良い意味で演奏に現れている。スタジオアルバムとのアレンジの違いを聴き比べてみるのも面白いが、この時の彼らの背景を想像しながら聴くのもいい。

私の評価は、85点。どうせなら、演奏順に収録して欲しかった。

| 愛聴盤D | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN BACK FOR THE ATTACK

バック・フォー・ジ・アタック(紙ジャケSHM-CD)

BACK FOR THE ATTACK / DOKKEN (1987)

01. KISS OF DEATH
02. PRISONER
03. NIGHT BY NIGHT
04. STANDING IN THE SHADOWS
05. HEAVEN SENT
06. MR. SCARY
07. SO MANY TEARS
08. BURNING LIKE A FLAME
09. LOST BEHIND THE WALL
10. STOP FIGHTING LOVE
11. CRY OF THE GYPSY
12. SLEEPLESS NIGHTS
13. DREAM WARRIORS

このアルバムは最高!ヴォーカルのドン・ドッケンとギターのジョージ・リンチの仲が最悪になった頃・・・そのエネルギーを見事に昇華させたものである。1曲目のスリリングなリフに始まり、途中、息切れ寸前まで行くが、何ともいえないこの運び...。聴いていない人は是非聴いて欲しい!

私の評価は90点!「メタルびと」が必携というのであるから間違いない!

でも、例のサイトでは、かつてのPVははじかれてるのよね~。見たいなぁ...。

DREAM WARRIORS・・・You Tube

| 愛聴盤D | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN UNDER LOCK AND KEY

アンダー・ロック・アンド・キー(紙ジャケSHM-CD)

UNDER LOCK AND KEY / DOKKEN (1985)

01. UNCHAIN THE NIGHT
02. THE HUNTER
03. IN MY DREAMS
04. SLIPPIN' AWAY
05. LIGHTNIN' STRIKES AGAIN
06. IT'S NOT LOVE
07. JADED HEART
08. DON'T LIE TO ME
09. WILL THE SUN RISE
10. TIL THE LIVING END

彼らのアルバムで私が2番目に好きなものがこれ。1曲目からどんどんやられてしまいます。キャチーな曲が多いと言われていますが、聴いた人に覚えてもらわないと意味がないのも事実。

私の採点は、89点。

で、例のサイトから。↓

THE HUNTER・・・You Tube

IN MY DREAMS・・・You Tube

中々、いい感じのやつを探すことができません。m(__)m

| 愛聴盤D | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DOKKEN TOOTH AND NAIL

トゥース・アンド・ネイル(紙ジャケSHM-CD)

TOOTH AND NAIL / DOKKEN (1984)

01. WITHOUT WARNING
02. TOOTH AND NAIL
03. JUST GOT LUCKY
04. HEARTLESS HEART
05. DON'T CLOSE YOUR EYES
06. WHEN HEAVEN COMES DOWN
07. INTO THE FIRE
08. BULLETS TO SPARE
09. ALONE AGAIN
10. TURN ON THE ACTION

ギターのアルペジオから始まる序曲のような1曲目から「おお!」と引き込まれる彼らの2枚目。前作"BREAKING THE CHAINS"よりもさらに曲のキャッチーさがUPし、より聴きやすくなり、格好よさも増している。

私の評価は90点。

TOOTH AND NAIL "LIVE" with Reb Beach・・・You Tube

JUST GOT LUCKY・・・You Tube

INTO THE FIRE・・・You Tube

いい時代だ...。

| 愛聴盤D | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD VAULT

Vault: Def Leppard Greatest Hits

VAULT GREATEST HITS 1980-1995 / DEF LEPPARD (1995) JAPANESE EDITION

01. PUR SOME SUGAR ON ME
02. PHOTOGRAPH
03. LOVE BITES
04. LET'S GET ROCKED
05. TWO STEPS BEHIND(Acoustic Version)
06. ANIMAL
07. ACTION
08. ROCKET
09. WHEN LOVE & HATE COLLIDE
10. ROCK! ROCK! TILL YOU DROP
11. ARMAGEDDON IT
12. FOOLIN'
13. HAVE YOU EVER NEEDED SOMEONE SO BAD
14. ROCK OF AGES
15. HYSTERIA
16. BRINGIN' ON THE HEARTBREAK
17. CAN'T KEEP AWAY FROM THE FLAME

彼らがデビューして15年間のヒットを集めた1枚。このアルバム、実は北米版、欧州版、日本版と収録曲が少し違っています。日本版はどれよりも多く曲が追加され、お得になっています。

これが発売された当時の新曲はこれ↓

"WHEN LOVE & HATE COLLIDE"・・・You Tube

こんなの作らせたら一番ですなぁ...。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD RETRO ACTIVE

Retro Active

RETRO ACTIVE / DEF LEPPARD (1993)

01. DESERT SONG
02. FRACTURED LOVE
03. ACTION
04. TWO STEPS BEHIND(Acoustic Version)
05. SHE'S TOO TOUGH
06. MISS YOU IN A HEARTBEAT
07. ONLY AFTER DARK
08. RIDE INTO THE SUN
09. FROM THE INSIDE
10. RING OF FIRE
11. I WANNA BE YOUR HERO
12. MISS YOU IN A HEARTBEAT(Electric Version)
13. TWO STEPS BEHIND(Electric Version)

このアルバム、未発表曲やらシングルB面などの曲を集めて収録したもの。アルバムジャケットを最初、パッとみた時「骸骨かいな...」と思っていましたが、良く見ると違いました。

で、例のサイトから。↓は映画「ラスト・アクション・ヒーロー」で使われたもの。

"TWO STEPS BEHIND"・・・You Tube

↓は、"Sweet"というバンドのコピー。

"ACTION"・・・You Tube

こちらが本家"Sweet"の↓

"ACTION" by Sweet・・・You Tube

聴き比べてみてください....。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD ADRENALIZE

アドレナライズ(紙ジャケット仕様)

ADRENALIZE / DEF LEPPARD (1992)

01. LET'S GET ROCKED
02. HEAVEN IS
03. MAKE LOVE LIKE A MAN
04. TONIGHT
05. WHITE LIGHTNING
06. STAND UP(KICK LOVE INTO MOTION)
07. PERSONAL PROPERTY
08. HAVE YOU EVER NEEDED SOMEONE SO BAD
09. I WANNA TOUCH U
10. TEAR IT DOWN
11. MISS YOU IN A HEARTBEAT
12. SHE'S TOO TOUGH

これは彼らの5作目で日本版ですから11曲目と12曲目に「おまけ」つき。このアルバム発表約1年前に彼らのメンバーのうちの一人が亡くなってしまうという大きな波が彼らにやってきましたが、それを跳ね返してしまったアルバムでしょう。1曲目から突っ走る彼らの曲に、これを購入した当時は涙したものです。

"LET'S GET ROCKED"・・・You Tube

"HEAVEN IS"・・・You Tube

"MAKE LOVE LIKE A MAN"・・・You Tube

"STAND UP(KICK LOVE INTO MOTION)"・・・You Tube

"HAVE YOU EVER NEEDED SOMEONE SO BAD"・・・You Tube

"I WANNA TOUCH U"・・・You Tube

まぁ、これくらいで。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD HYSTERIA

ヒステリア(紙ジャケット仕様)

HYSTERIA / DEF REPPARD (1987)

01. WOMEN
02. ROCKET
03. ANIMAL
04. LOVE BITES
05. POUR SOME SUGAR ON ME
06. ARMAGEDON IT
07. GOD'S OF WAR
08. DON'T SHOOT SHOTGUN
09. RUN RIOT
10. HYSTERIA
11. EXCITABLE
12. LOVE AND AFFECTION
13. LOVE AND AFFECTION(LIVE)

彼らの4枚目で、日本版。「おまけつき」ってやつです。このアルバムから「詰め込み過ぎ」って言われてましたが、そんなことは関係ありません。どんな音を入れても彼らの音です。

"WOMEN"・・・You Tube

"ROCKET"・・・You Tube

"ANIMAL"・・・You Tube

"LOVE BITES"・・・You Tube

これくらいにしておきましょう。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD PYROMANIA

Pyromania

PYROMANIA / DEF LEPPARD (1983)

01. ROCK ROCK (till you drop)
02. PHOTOGRAPH
03. STAGEFRIGHT
04. TOO LATE FOR LOVE
05. DIE HARD THE HUNTER
06. FOOLIN'
07. ROCK OF AGES
08. COMIN' UNDER FIRE
09. ACTION NOT WORDS
10. BILLY'S GOT A GUN

「炎のターゲット」と邦題が付けられた彼らの3作目。いやぁ、懐かしい。

"PHOTOGRAPH"・・・You Tube

"DIE HARD THE HUNTER"・・・You Tube ←1988年のライブ

"FOOLIN'"・・・You Tube

これも探せば沢山ありますが...。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEF LEPPARD HIGH 'N' DRY

High 'n' Dry

HIGH 'N' DRY / DEF LEPPARD (1981)

01. LET IT GO
02. ANOTHER HIT AND RUN
03. HIGH 'N' DRY (SATURDAY NIGHT)
04. BRINGIN' ON THE HEARTBREAK
05. SWITCH 625
06. YOU GOT ME RUNNIN'
07. LADY STRANGE
08. ON THROUGH THE NIGHT
09. MIRROR, MIRROR (LOOK INTO MY EYES)
10. NO NO NO
11. BRINGIN' ON THE HEARTBREAK(REMIX)
12. ME AND MY WINE(REMIX)

ちょっと、今日から自分を盛り上げるために、あるグループ特集をば。これは彼らの2枚目です。上記曲順は、1984年に再発されたもの。最初は11曲目と12曲目が入っていなかったのです。

このアルバムも思い入れが深く、1曲目と2曲目を学生時代バンドでやってました...。

で、例のサイトから。

"LET IT GO"・・・You Tube

"ANOTHER HIT AND RUN"・・・You Tube ←これは1993年のライブ

"HIGH 'N' DRY (SATURDAY NIGHT)"・・・You Tube

"BRINGIN' ON THE HERTBREAK"・・・You Tube

"ME AND MY WINE"・・・You Tube

他にも探せばいろいろとあるんですが、これくらいに。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEP PURPLE MACHINE HEAD

Machine Head

MACHINE HEAD / DEEP PURPLE (1972)

1. Highway Star
2. Maybe I'm A Leo
3. Pictures Of Home
4. Never Before
5. Smoke On The Water
6. Lazy
7. Space Truckin'

本日も私のCDコレクションから。ハードロックファンは必ず持っているという1枚です。最近は、このバンドの曲をカバーしたものがCM、ある缶コーヒーなどのBGMによく使われています。そんなのが流れると、あんまりTVを見ない方なのですが、TVの画面を見てしまいます。

何故か時々聴いてしまう1枚でした。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAVE WECKL MASTER PLAN

Master Plan

MASTER PLAN / DAVE WECKL (1990)

1. Tower Of Inspiration
2. Here And There
3. Festival De Ritmo
4. In Common
5. Garden Wall
6. Auratune
7. Softly, As In A Morning Sunrise
8. Master Plan
9. Island Magic

本日もCDコレクションから。久々に「ジャズ・フュージョン」の世界です。「超」凄腕のドラマーの作品ですが、もちろん私にはこんなに叩けるはずもなく。

このアルバムにもジャズ界の強烈な人達が参加しています。

ま、聴いてみそ↓"Garden Wall"



凄すぎです。



| 愛聴盤D | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DIRE STRAITS BROTHERS IN ARMS

Brothers in Arms

BROTHERS IN ARMS / DIRE STRAITS (1985)

1. So Far Away
2. Money For Nothing
3. Walk Of Life
4. Your Latest Trick
5. Why Worry
6. Ride Across The River
7. The Man's Too Strong
8. One World
9. Brothers In Arms

本日も私のCDコレクションの中から。MTVが日本でも放映され始めた頃、このアルバムの中に収録されている"Money For Nothing"が放映されていました。なんともいえないボーカルと演奏...。皮肉たっぷりの歌詞。しばらくこのアルバムにはまっていた時期がありました。

さすがにこれはUPされていましたね。↓"Money For Nothing"懐かしいなぁ。



何故か虚脱感を感じます。


| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Demon Kogure GIRLS' ROCK√Hakurai

GIRLS’ROCK√Hakurai

GIRLS' ROCK√Hakurai / Demon Kogure (2008)

01. ヒーロー (Holding Out For A Hero)
02. 愛が止まらない (Turn It Into Love)
03. ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)
04. Mr. サマータイム (Une Belle Histoire)
05. 今夜はANGEL (Tonight Is What It Means To Be Young)
06. 雨音はショパンの調べ (I Like Chopin)
07. NEVER
08. ランバダ (Lambada)
09. チェリー・ボンブ-悩殺爆弾- (Cherry Bomb)
10. SHOW ME
11. タフな気持ちで (Don't Cry)

本日は、つい最近我が家のCDコレクションに入ったこれ。彼の前作も我が家にありますが、それはまた何時の日か...。

今回の新作は、前作と同じようで少し違います。ご存知ない方にご説明いたしますと、欧米で発表された曲を日本の女性シンガー(?)達がかつて歌ったものを、彼がカバーしたというものです。

ただ、カバーするというのではなく、曲のアレンジもかなり変えてあり「うへぇ!」と思わず唸ってしまう...そんな曲ばかりになっています。いい意味で「非常に大袈裟」。私好みであります。原曲が想像できないようなアレンジがされていて、かつての曲を知らない人にとっては、全くの新曲でしょう。

それにしても私は全く知らなかったのですが11曲目の「タフな~」は、渡辺美里さんのデビューシングルのB面であり、ASIAの"Don't Cry"をカバーしていたとは...。

で、1曲目が例のサイトにUPされてました...えーんかいな...。



映画「フットルース」のボニー・タイラーのものとはいい感じで違います...。



| 愛聴盤D | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DARYL HALL & JOHN OATES ROCK'N SOUL PART 1

Rock 'n Soul, Pt. 1: Greatest Hits

ROCK'N SOUL PART 1 / DARYL HALL & JOHN OATES (1983)

01. Say It Isn't So
02. Sara Smile
03. She's Gone
04. Rich Girl
05. Kiss On My List
06. You Make My Dreams
07. Private Eyes
08. Adult Education
09. I Can't Go For That (No Can Do)
10. Maneater
11. One On One
12. Wait For Me (Live)

本日は私のCDコレクションから。やっぱり80年代のアーティストのものを聴くと、今でもウキウキしてしまいます。

私が彼らを初めて聴いたのは、ラジオ、しかも短波ラジオから流れてきた↓でした。
Maneater


その短波放送局は、確か"KYOI"だったか...ハワイ辺りから発信されていた日本語放送で、ずっと音楽を流していたラジオ局でした。短波放送でしたから、昼間は電波の状態が悪く、中々受信できませんでしたが、深夜になるといい感じで受信できたのを覚えています。現在は、どうか知りませんが、私が中学~高校生だった頃、田舎で受信できるFM局は某国営放送のみで、私が聴きたい音楽の番組は、本当に限られていました...。

まぁ、そんなことは置いておいて、やっぱり、これも外せませんね。
Private Eyes


ベースの人がいい感じ...。


| 愛聴盤D | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DWEEZIL ZAPPA CONFESSIONS

Confessions

CONFESSIONS / DWEEZIL ZAPPA (1991)

01. Earth
02. Bad Girl
03. F.W.A.K.
04. The Kiss
05. Anytime At All
06. Vanity
07. Helpless
08. Shoogagoogagunga
09. Stayin' Alive
10. Maybe Tonight
11. Confessions Of A Deprived Youth
12. Gotta Get To You
13. Pain Of Love
14. Obviously Influenced By The Devil
15. Return Of The Son Of Shoogagoogagunga

本日はまたマニアックなやつをご紹介。彼は「フランク・ザッパ」(1960年代後半から活動)...皆さんご存知「ディープ・パープル」の"スモーク・オン・ザ・ウォーター"という曲の中で歌われていますね。...その息子であり、ロック・ギターリスト。

このアルバムには有名ミュージシャンが多数参加しており、誰がどの部分を演奏しているかを探すのが、また楽しみ...ってそれだけかも知れないです。

9曲目は「ビージーズ」のカバー。楽しそうに演奏してますよ。

| 愛聴盤D | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT