| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

CINDERELLA STILL CLIMBING

Still Climbing

STILL CLIMBING / CINDERELLA (1994)

01. BAD ATTITUDE SHUFFLE
02. ALL COMES DOWN
03. TALK IS CHEAP
04. HART TO FIND THE WORDS
05. BLOOD FROM A STONE
06. STILL CLIMBING
07. FREEWHEELIN
08. THROUGH THE RAIN
09. EASY COME EASY GO
10. THE ROAD'S STILL LONG
11. HOT & BOTHERED

このバンドの4作目(3枚目は何故か我が家にはありません)。今、聴いてみると、かなり格好良い。1曲目のイントロなんてゾクゾクするし、2・3曲目は1作目にあったような...。

やっぱり80年代~90年代初めの音が好きですな。

| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CHRISTOPHER CROSS RENDEZVOUS

Rendezvous

RENDEZVOUS / Christopher Cross (1991)

01. RENDEZVOUS
02. DEPUTY DAN
03. NIGHT ACROSS THE WORLD
04. ANGRY YOUNG MEN
05. IN THE BLINK OF AN EYE
06. IS THERE SOMETHING
07. ISN'T IT LOVE
08. NOTHING WILL CHANGE
09. DRIFTIN' AWAY.
10. A FISHERMAN'S TALE

顔に似合わないハイトーン・ボーカルのオッチャンの5作目。4作目が我が家には何故か無い...。

このアルバム、完成度が高くてあっという間に終わってしまいます。

それほど心地良いということ。

たまにはこういうアルバムを聴きながら、バーボンも渋いぜ。

| 愛聴盤C | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CINDERELLA / LONG COLD WINTER

Long Cold Winter

LONG COLD WINTER / CINDERELLA (1988)

01. BAD SEAMSTRESS BLUES / FALLIN' APART AT THE SEAMS
02. GYPSY ROAD
03. DON'T KNOW THAT YOU GOT (TILL IT'S GONE)
04. THE LAST MILE
05. SECOND WIND
06. LONG COLD WINTER
07. IF YOU DON'T LIKE IT
08. COMING HOME
09. FIRE AND ICE
10. TAKE ME BACK

1980年代、"L.A.METAL"というジャンルに分類されたバンドの2作目。今、ジャケットの「帯」の裏面を久々に眺めていたら、「特別ゲスト:コージー・パウエル(Dr)」とあり、びっくりしています。どの曲を叩いているんだろう...。

現在では、解散はしていないようですが、活動停止中のようです。

前作の典型的な「明るいメタル」の曲の他、ブルースっぽい曲が数曲入って、当時は色々言われ賛否両論だった、このアルバム。今、聴いても色褪せていないと私は思います。

3曲目がヒットしたので、時々、今でもTVでBGMとして流れているときもありますね。

ヒットするには何か理由がある訳で、その理由が「作り出されたもの」か「自然と流行するもの」だったかは分かりませんが、良い物は良い。

で、久々に"You Tube"から。

DON'T KNOW THAT YOU GOT (TILL IT'S GONE)

冒頭のピアノのイントロが印象的ですね。

| 愛聴盤C | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CARPENTERS YESTERDAY ONCE MORE

イエスタデイ・ワンス・モア

YESTERDAY ONCE MORE / CARPENTERS (1985)

<DISC 1>
01. Yesterday Once More
02. Superstar
03. Rainy Days And Mondays
04. (Want You) Back In My Life Again
05. Ticket To Ride
06. Goodbye To Love
07. Bless The Beasts And Children
08. It's Going To Take Some Time
09. Calling Occupants Of Interplanetary Craft
10. Sweet, Sweet Smile
11. I Won't Last A Day Without You
12. For All We Know
13. Touch Me When We're Dancing
<DISC 2>
01. There's A Kind Of Hush (All Over The World)
02. This Masquerade
03. Hurting Each Other
04. Please Mr. Postman
05. I Need To Be In Love
06. Make Believe It's Your First Time
07. All You Get From Love Is A Love Song
08. Top Of The World
09. Because We Are In Love (The Wedding Song)
10. We've Only Just Begun
11. Those Good Old Dreams
12. Sing
13. Only Yesterday
14. (They Long To Be) Close To You

本日は皆様ご存知「カーペンターズ」のベスト版。彼らについては私が記述することは止めておきましょう。

何曲かヒット曲が漏れているような気がしますが、兄リチャードの選曲及びリミックスをしたこのアルバム、これだけで充分満足です。

で、例のサイトから。やっぱりこれでしょう、"Goodbye To Love"。歌詞が映像と共に流れてきますので、画面を見ながら歌ってみては!



| 愛聴盤C | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CAMEL MIRAGE

Mirage

MIRAGE / CAMEL (1974)

1. FREEFALL
2. SUPERTWISTER
3. NIMRODEL / THE PROCESSION / THE WHITE RIDER
4. EARTHRISE
5. LADY FANTASY: ENCOUNTER / SMILES FOR YOU / LADY FANTASY

本日は私のCDコレクションから。「キャメル」というプログレバンドの2作目です。ジャケットが、タバコの「キャメル」と同じデザイン(細かいところは違います)で印象的。「プログレ」ですが比較的聴きやすい(心地良い)サウンドで、このアルバムではエレキギターが「泣いて」います。

「プログレ」って何だろう?って方にオススメの一枚?

例のサイトから探してきましたよ、彼らのLive。曲名は"LADY FANTASY"。このギターのフレーズは、印象的ですね。



| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CHRISTOPHER CROSS EVERY TURN OF THE WORLD

Every Turn of the World

EVERY TURN OF THE WORLD / CHRISTOPHER CROSS (1985)

01. Every Turn Of The World
02. Charm The Snake
03. I Hear You Call
04. Don't Say Goodbye
05. It's You That Really Matters
06. Love Is Love (In Any Language)
07. Swing Street
08. Love Found a Home
09. That Girl
10. Open Your Heart

本日は、私のレコードコレクションから。以前、2006年4月22日の記事で彼の2枚目 ANOTHER PAGEをご紹介しましたが、これは3作目にあたります。シンセサウンド多用したためか、以前からのファンにあまり受け入れられなかったような記憶がありますが、このアルバムは1曲目のテンポが早い曲から始まり、あっという間に終わってしまう印象が強いためかもしれません。

彼は、AOR=Adult Oriented Rockの顔ですね。彼の綺麗なボーカルは誰もが一度は聴いたことがあるはずです。

1曲目のPVを例のサイトから。ちょうどこの頃、彼はレースにはまっていたようで、実際に彼が運転しているシーンが満載↓。



ちょっとしたネタ(その1):アメリカのビルボード誌では、AORはアダルト・コンテンポラリー(Adult Contemporary:AC)と呼ばれるそうです。

ちょっとしたネタ(その2):クリストファー・クロスの前作のアルバムに入っている「All Right」という曲が、ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」とにパクられたという噂も?どうでしょう?

"All Right"↓



| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CINDERELLA NIGHT SONGS

Night Songs

NIGHT SONGS / CINDERELLA (1986)

01. NIGHT SONGS
02. SHAKE ME
03. NOBODY'S FOOL
04. NOTHIN' FOR NOTHIN'
05. ONCE AROUND THE RIDE
06. HELL ON WHEELS
07. SOMEBODY SAVE ME
08. IN FROM THE OUT SIDE
09. PUSH, PUSH
10. BACK HOME AGAIN

80年代「LAメタル」という言葉が存在しましたが、このCDジャケットをご覧いただければ、この頃のバンドをやっている方々の風貌と、そしてそのファンたちは、こんな格好をしておりました(私も例に漏れず...ちょうどこの当時は高校生だったので髪を伸ばすことはできませんでしたので、卒業と同時に伸ばし始めましたが)。

高校3年の時、クラスのやつらと「秋の文化祭で何かしよう!」ということになり、私が始めて加入させられたのが「Rikkei(「りっけい」と読みます)」という名前のバンドでした(確かこんな綴りやったと思います)。名前の由来は、クラスが「理系」やったから。

文化祭では1曲しか演奏できないので、簡単そうな1曲を選んだのが、このバンドの7曲目↓。ちょうど私が入っていたクラブを引退後の夏休みから練習したことを思い出します。何故か夜中に家の近所の橋の上でビデオまで撮っていたことも...。

彼らはあの"Bon Jovi"に見出されたらしいのですが、最後にジョン・ボン・ジョビとリッチー・サンボラが出てきます。「ギター回し」やりたかったけど、回して身体に当たり痛かったのでできませんでした...。



画像の埋め込みができないのですが、これもいいですね。

SHAKE ME

う~ん、懐かしい。

| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE CARS THE CARS GREATEST HITS

Greatest Hits

THE CARS GREATEST HITS / THE CARS (1985)

01. Just What I Needed
02. Since You're Gone
03. You Might Think
04. Good Times Roll
05. Touch And Go
06. Drive
07. Tonight She Comes
08. My Best Friend's Girl
09. Heartbeat City
10. Let's Go
11. I'm Not The One
12. Magic
13. Shake It Up

以前(2007年10月7日の記事)に、このバンドのレコード"Heartbeat City"をご紹介しましたが、今回のは、その後すぐに発売されたものです。

これを購入した当時、前作のレコードは実家にあり、学生だった私の下宿にはレコードプレーヤーが無かったのですがく(CDラジカセは辛うじて持っていました)、時間つぶしに入ったレコード店で棚を物色していたら何故だか聴きたくなったのを思い出しました。廉価版で発売されていたことにしましょう(レコード会社の陰謀に引っかかったのでしょう)。

彼らの1作目から3曲、2~4作目からは1曲ずつ、そして5作目からは3曲と未発表1曲という、選曲にアンバランスな感じはします。

例のサイトから1曲目を探してきました...1985年の「Live Aid」の模様です。観客の数がものすごいです。






| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE CARS Heartbeat City

Heartbeat City

*******************************************************
Heartbeat City / THE CARS (1984)

01. Hello Again
02. Looking for Love
03. Magic
04. Drive
05. Stranger Eyes
06. You Might Think
07. It's Not the Night
08. Why Can't I Have You
09. I Refuse
10. Heartbeat City
*******************************************************
久々に「愛聴番」シリーズです。これもレコードで持ってます。このアルバムからは、下記のPV "You might Think"でしょうか?このビデオの映像...第一印象が気持ち悪いのとアップテンポで脳天気な曲とのアンバランスなところで強烈に覚えてます。う~ん、懐かしい。



このバラードも良い! "Drive"


このバンド、一度は解散したようですが、"The New Cars"として活動を続けているようですね。どんな音を出しているんでしょう。。。

| 愛聴盤C | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COLOSSEUM II WAR DANCE

War Dance

WAR DANCE / COLOSSEUM II (1977)

1. War Dance
2. Major Keys
3. Put It That Way
4. Castles
5. Fighting Talk
6. Inquisition
7. Star Maiden/Mysterioso/Quasar
8. Last Exit

前作よりわずか半年で発表されたもの。私はこちらの方が勢いがあって好きだ。

| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COLOSSEUM II ELECTRIC SAVAGE

Electric Savage

ELECTRIC SAVAGE / COLOSSEUM II (1977)

1. Put It This Way
2. All Skin & Bone
3. Rivers
4. Scorch
5. Lament
6. Desperado
7. Am I
8. Intergalactic Strut

*******************************************************

「しとしと」と雨が降る秋の夜は、こういう渋い(?)音をBGMにして、ゆったりとブランデーをちびりちびりとすすりながら聴くのは....


≫ Read More

| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COLOSSEUM II STRANGE NEW FLESH

Strange New Flesh

STRANGE NEW FLESH / COLOSSEUM II (1976)

1. Dark Side of the Moog
2. Down to You
3. Gemini and Leo
4. Secret Places
5. On Second Thoughts
6. Winds

*******************************************************

またマニアックな奴を一つ。音の洪水。良い音...。

| 愛聴盤C | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CHRISTOPHER CROSS ANOTHER PAGE

Another Page

Another Page / Christopher Cross (1983)

01. No Time for Talk
02. Baby Says No
03. What Am I Supposed to Believe
04. Deal 'Em Again
05. Think of Laura
06. All Right
07. Talking in My Sleep
08. Nature of the Game
09. Long World
10. Words of Wisdom

*******************************************************

この人の代表作は、映画「ミスター・アーサー」(1981年)の主題歌ですが、私はこちらの方が好み。

中身を取り出すと、内袋に本人の写真があって、声とのギャップに驚きましたが...。

何故か最初に買ったレコードは、全てレコードジャケットを見て、「あ、これ?」と中身をほとんど知らずに買った気もします。でも、正解がほとんど。当時、売る方も気合入ってたんでしょうね。

| 愛聴盤C | 13:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |