| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ASIA GRAVITAS



GRAVITAS ASIA (2014)

01. Valkyrie
02. Gravitas
03. The Closer I Get To You
04. Nyctophobia
05. Russian Dolls
06. Heaven Help Me Now
07. I Would Die For You
08. Joe DiMaggio's Glove
09. Till We Meet again

日本版は3曲のボーナストラック入り。

SAM COULSON さんというギターリストが加入したアルバム。ジャケットデザインは、前作と同じように素晴らしいのだが、2回聴いてそれから聴いていない。

| 愛聴盤A | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA XXX



XXX ASIA (2012)

01. Tomorrow The World
02. Bury Me In Willow
03. No Religion
04. Faithful
05. I Know How You feel
06. Face On The Bridge
07. Al Gatto Nero
08. Judas
09. Ghost Of A Chance

日本版下記ボーナストラック入り
Reno(Silver and Gold)
I Know How You Feel (Midnight Mix)
Faithful(Orchestral Version)

久々に愛聴盤。

STEVE HOWE さんが、ASIA名義で残したアルバムの最後になるのか?

期待して聴いたが、2回ほど聴いて終わりだった。あ、愛聴盤ではないな。w

| 愛聴盤A | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA OMEGA



OMEGA / ASIA (2010)

01. FINGER ON THE TRIGGER
02. THROUGH MY VEINS
03. HOLY WAR
04. EVER YOURS
05. LISTEN, CHILDREN
06. END OF THE WORLD
07. LIGHT THE WAY
08. I'M STILL THE SAME
09. THERE WAS A TIME
10. DROP A STONE
11. I BELIEVE
12. DON'T WANNA LOSE YOU NOW



今日届いたばっかりなので聴いていないが 、解説を読むと、かなり良さそう♪

...聴いてみた! 全く変ってない~♪

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE : TRIBUTE TO AEROSMITH



TRIBUTE TO AEROSMITH / NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE (1999)

01. BACK IN THE SADDLE
02. RAG DOLL
03. CHIP AWAY THE STONE
04. LAST CHILD
05. SWEET EMOTION
06. DREAM ON
07. WALK THIS WAY
08. DRAW THE LINE
09. SAME OLD SONG AND DANCE
10. NO SURPRIZE
11. TOYS IN THE ATTIC



数多くのヘヴィ・メタル、ハードロックミュージシャンの有名どころが集められ、エアロスミスの楽曲を収録したアルバム。1999年当時、こういう「トリビュート」物が大流行した頃で「え~、こんなのも出るの?」ってなったこともあったが、このアルバムは中々良い。原曲の雰囲気を壊すことがなく収録されており、エアロスミスファンも機嫌を損ねることはないだろう。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AEROSMITH JUST PUSH PLAY





JUST PUSH PLAY / AEROSMITH (2001)

01. BEYOND BEAUTIFUL
02. JUST PUSH PLAY
03. JADED
04. FLY AWAY FROM HERE
05. TRIP HOPPIN'
06. SUNSHINE
07. UNDER MY SKIN
08. LUV LIES
09. OUTTA YOUR HEAD
10. DROP DEAD GORGEOUS
11. LIGHT INSIDE
12. AVANT GARDEN
13. WON'T LET YOU DOWN
14. I DON'T WANT YO MISS A THING




AEROSMITHの通算13枚目のアルバム。このアルバムからは"JADED"がヒットした。アメリカチャート最高2位を記録。

キャッチーなメロディなどで割と聴き易いが、これが「エアロスミス」でないというファンが続出したらしい...。私はこんなのもいいなあと思う。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PACO DE LUCIA AL DI MEOLA JOHN MCLAUGHLIN THE GUITAR TRIO



THE GUITAR TRIO / PACO DE LUCIA AL DI MEOLA JOHN MCLAUGHLIN (1996)

01. LA ESTIBA
02. BEYOND THE MIRAGE
03. MIDSUMMER NIGHT
04. MANHA DE CARNAVAL
05. LETTER FROM INDIA
06. ESPIRITU
07. LE MONASTÈRE DANS LES MONTAGNES
08. AZZURA
09. CARDEOSA



"PASSION, GRACE & FIRE"から14年ぶりに集結したギタートリオの作品。スタジオ録音版だが、これもまた強力。

私もそろそろ、夜、ほんのりと明かりを照らし、こういう音楽を聴きながら片手にバーボン...っていうスタイルが似合うように...そんなこと決してありません。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE AL DI MEOLA PROJECT KISS MY AXE



KISS MY AXE / THE Al Di Meola PROJECT (1991)

01. SOUTH BOUND TRAVELER
02. THE EMBRACE
03. KISS MY AXE
04. MOROCCO
05. GIGI'S PLAYTIME RHYME(Interlude #1)
06. ONE NIGHT LAST JUNE
07. PHANTOM
08. EROTIC INTERLUDE(Interlude #2)
09. GLOBAL SAFARI
10. INTERLUDE #3
11. PURPLE ORCHIDS
12. THE PROPHET(Interlude #4)
13. ORIANA(September 24, 1988)



前作の後同じレーベルから出されたアルバムで、今回はエレキギターサウンド、シンセサウンドが満載。複雑なリズムとメロディだが、そう感じさせないのは今回も同じ...。

こんな演奏を目の前で見ることができたら...熱くなるだろうなぁ。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA WORLD SINFONIA



WORLD SINFONIA / AL DI MEOLA (1991)

01. Perpetual Emotion
02. Orient Blue
03. Tango Suite Part I
04. Tango Suite Part III
05. Falling Grace
06. Last Tango For Astor
07. No Mystery
08. Lustrine
09. Little Cathedral
10. La Cathedral



"SCENARIO"から"Cielo e Terra" (1985年)、"Soaring Through a Dream" (1985年)、"Tirami Su" (1987年)というアルバム発表しているが我が家には無いので、今日はこれ。彼のアコースティックギターの凄まじい演奏を聴くことができる。

「バンドネオン」というアコーディオンに似た楽器を奏でるDino Saluzziとの絶妙な音の絡み合い...。こういうのを簡単に演奏してしまうのが凄い。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA SCENARIO



SCENARIO / AL DI MEOLA (1983)

01. MATA HARI
02. AFRICAN NIGHT
03. ISLAND DREAMER
04. SCENARIO
05. SEQUENCER
06. CACHACA
07. HYPNOTIC CONVICTION
08. CALLIOPE
09. SCOUNDREL



このアルバムでは、ギターの早弾きは全く聴こえない。ギターシンセを多用し、今までのアルバムからは作風を変え、よりワールドミュージック風に変化した。エフェクトも多用され、ゆったりとした曲調の中にも複雑な音階が絡み合う作品となっている。

ちなみにこのアルバムには、BILL BRUFORD, PHIL COLLINS, JAN HAMMER, TONY LEVINが参加している。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA, PACO DE LUCIA PASSION, GRACE & FIRE



PASSION, GRACE & FIRE / JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA, PACO DE LUCIA (1983)

01. ASPAN
02. ORIENT BLUE SUITE (Part I, II, III)
03. CHIQUITO
04. SICHIA
05. DAVID
06. PASSION, GRACE & FIRE



「激情、優雅、そして、情熱」...ライブ版で聴かせてくれた3人がまた集合して作り上げた傑作。まさに、彼らの激情、感情がぶつかり合い、壮絶な音の流れの中にも優雅さが漂っています。

こんなのがBGMで流れる店なら、絶対通うんだけどなぁ...。

| 愛聴盤A | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA TOUR DE FOECE-"LIVE"



TOUR DE FORCE-"LIVE" / AL DI MEOLA (1982)

01. ELEGANT GYPSY SUITE
02. NENA
03. ADVANTAGE
04. EGYPTIAN DANZA
05. RACE WITH DEVIL ON SPANISH HIGHWAY
06. CRUSIN'



前作を収録したメンバーで1982年2月4日に録音されたライブ版。

「凄まじい」の一言に尽きる。

| 愛聴盤A | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA ELECTRIC RENDEZBOUS



ELECTRIC RENDEZVOUS / AL DI MEOLA (1982)

01. GOD BIRD CHANGE
02. ELECTRIC RENDEZVOUS
03. PASSION, GRACE & FIRE
04. CRUISIN'
05. BLACK CAT SHUFFLE
06. RITMO DE LA NOCHE
07. SOMALIA
08. JEWEL INSIDE A DREAM



今日は久々にJAZZ系です。このアルバムもさらっと聴けば、あっという間に終わってしまうのですが、じっくり聴くととんでもないテクニックの嵐...。

タイトル01はあの懐かしい「勇者ライディーン」のライディーンがゴッドバードに変身する際の叫び声をヒントにタイトルにした訳ではない。

| 愛聴盤A | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA / Phoenix



Phoenix / ASIA (2008)

01. Never Again
02. Nothing's Forever
03. Heroine
04. Sleeping Giant / No Way Back / reprise
05. Alibis
06. I Will Remember You
07. Shadow of a Doubt
08. Parallel Worlds / Vortex / Deya
09. Wish I'd Known All Along
10. Orchard of Mines
11. Over and Over
12. An Extraordinary Life
13. I Will Remember You [acoustic remix] (BONUS TRACK FOR JAPAN)



久々に愛聴盤です。

昨年の例の事件のちょうど今頃、アメリカ人の20代の方にこのバンドのことを聞いたら、「クラシックロックだね。俺は、そんなの聴かないよ。」と言われ、ムカッとしたので「このバンドは聴くべきだ。こんなに緻密な音を表現できるバンドはそうそうないぞ。」と答えたことがあります。

1980年代の勢いはありませんけれど、やはり、彼らの音。最初にスピーカーから聴こえてきた音に、心震えました。もちろん、1曲目からノックアウトされました。

体型は「メタボ」になってしまったけれど、音は正反対。研ぎ澄まされています。

騙されたと思って聴いてみて!

| 愛聴盤A | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA AURA



AURA / ASIA (2001)

01. AWAKE
02. WHEREVER YOU ARE
03. READY TO GO HOME
04. THE LAST TIME
05. FORGIVE ME
06. KINGS OF THE DAY
07. ON THE COLDEST DAY IN HELL
08. FREE
09. YOU'RE THE STRANGER
10. THE LONGEST NIGHT
11. AURA



本日は私のCDコレクションから。彼ら通算12枚目となるアルバムで、アルバムジャケットがALPHAのような雰囲気(色使いは全く違いますが)を醸し出しているので、これを購入する際も、「半分期待大・半分期待薄」の気持ちでした。参加ミュージシャンも錚々たるメンバー...期待せざるを得ませんでした。

が、一度聴いた後の感想は「ああ、やっぱり...」という感じ。音は綺麗なのですが、何かこない。

ですが、今、これを聴きなおしてみると、結構、面白い。いい曲も揃っています。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA ARENA



ARENA / ASIA (1995)

01. INTO THE ARENA
02. ARENA
03. HEAVEN
04. TWO SIDES OF THE MOON
05. THE DAY BEFORE THE WAR
06. NEVER
07. FALLING
08. WORDS
09. U BRING ME DOWN
10. TELL ME WHY
11. TURN IT AROUND
12. BELLA NOVA




1曲目に布袋寅泰氏がギター・ソロを弾いている曲が入ったアルバム。"AQUA"、"ARIA"に比較すると、極めて穏やかにしかも綺麗に聴こえる曲ばかり。コーラスの厚み、ボーカルの力の抜けた感じ...プレーヤーで回しっぱなしにしておけば、仕事をしていてもイライラすることがないでしょう。

アルバムジャケットと曲の印象が全く違うのには疑問。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA ARIA


ARIA / ASIA (1994)

01. ANYTIME
02. ARE YOU BIG ENOUGH?
03. DESIRE
04. SUMMER
05. SAD SITUATION
06. DON'T CUT THE WIRE (BROTHER)
07. FEELS LIKE LOVE
08. REMEMBRANCE DAY
09. ENOUGH'S ENOUGH
10. MILITARY MAN
11. ARIA



ジョン・ペインがボーカルの頃のASIAでは、私にはこれが一番。良い作品だと思います。が、「ASIAを名乗る以上...」っていうのが、頭のどこかにちらついてしまいます。何で別の名前にしなかったのだろう...。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA AQUA



AQUA / ASIA (1992)

01. AQUA PART 1
02. WHO WILL STOP THE RAIN?
03. BACK IN TOWN
04. LOVE UNDER FIRE
05. SOMEDAY
06. LITTLE RICH BOY
07. THE VOICE OF REASON
08. LAY DOWN YOUR ARMS
09. CRIME OF THE HEART
10. A FAR CRY
11. DON'T CALL ME
12. HEAVEN ON EARTH
13. AQUA PART 2



本日は私のCDコレクションから。

ASIAという名を継いでいますが、ボーカルが変わるとこうも変わるのかという典型的なバンド。ジョン・ペインという綺麗でかつ男性的な声を持つボーカリスト...曲そのものは良い感じなのですが、やはり"ASIA"というバンドを聴くとなると、ジョン・ウェットンを期待せざるを得ないのは、摂理なのでしょうか?

どちらかというと、後期"TOTO"の雰囲気が漂っていますが、間違いでしょうか?

一言で表するのならば

「華がない。」

落ち着きたいときに聴くのには一番のアルバムです。

| 愛聴盤A | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA LIVE MOCKBA 09-X1-90



LIVE MOCKBA 09-X1-90 / ASIA (1991)

01. TIME AGAIN
02. SOLE SURVIVOR
03. DON'T CRY
04. KEYBOARD SOLO (Inc Video Killed the Radio Star)
05. ONLY TIME WILL TELL
06. ROCK AND ROLL DREAM
07. STARLESS
08. BOOK OF SATURDAY
09. THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES (Parts I & II)
10. THE HEAT GOES ON
11. GO
12. HEAT OF THE MOMENT
13. OPEN YOUR EYES
14. KARI-ANNE



このライブだけに参加したギター・リストのパット・スロール...あえて、何も書かないでおきましょう。

私の評価は75点。厳しくいきます~。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA THEN & NOW









THEN & NOW / ASIA (1990)

01. ONLY TIME WILL TELL
02. HEAT OF THE MOMENT
03. WILDEST DREAMS
04. DON'T CRY
05. THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES
06. DAYS LIKE THESE
07. PRAYIN' 4 A MIRACLE
08. AM I IN LOVE?
09. SUMMER (CAN'T LAST TOO LONG)
10. VOICE OF AMERICA



ASIAALPHAASTRAという3枚のアルバムを発表した後、自然消滅していたASIAの「区切りをつけて頑張ります」アルバム。このアルバムの中での新曲は06、07、08、09の4曲で、全てギター・リストが違います。

06は「スティーブ・ルカサー」、07は「ロン・コミー」、08は「マンディ・メイヤー」、09が「スコット・ゴーハム」というプレイヤーたち...。

発売当初、新曲が入っているということで飛びついて購入したのですが、少し期待はずれ。

私の評価は79点。本当は80点をつけたいのですが。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

McLAUGHLIN, DI MEOLA, DE LUCIA-FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO



FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO / McLAUGHLIN, DI MEOLA, DE LUCIA (1981)

1. MEDITERRANEAN SUNDANCE / RIO ANCHO
2. SHORT TALES OF THE BLACK FOREST
3. FREVO RASGADO
4. FANTASIA SUITE
5. GUARDIAN ANGEL



元祖「ギター・トリオ」のライブ版。一人ずつでもとんでもない演奏技術とセンスを持ったギター・リストが3人も揃えば、もうこれは黙って聴くしかないでしょう。

ライブということもあり、「俺、こんな音も出せるよ~」という顔をしながら、お互いを見やって「お、そう来たなら、俺はこう弾いてやる~」って雰囲気がぷんぷんします。

まぁ、現在はこんな便利なものがあるので↓でご堪能下さい。

MEDITERRANEAN SUNDANCE・・・You Tube

それにしても凄い観客だこと...。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ALCATRAZZ ALCATRAZZ



ALCATRAZZ (NO PAROLE FROM ROCK 'N' ROLL) / ALCATRAZZ (1983)

01. ISLAND IN THE SUN
02. GENERAL HOSPITAL
03. JET TO JET
04. HIROSHIMA MON AMOUR
05. KREE NAKOORIE
06. INCUBUS
07. TOO YOUNG TO DIE, TOO DRUNK TO LIVE
08. BIG FOOT
09. STARCARR LANE
10. SUFFER ME



本日は私のCDコレクションから。このバンドについてのことはこちらからどうぞ。

私には1曲目に強烈にやられ、それにこれ"HIROSHIMA MON AMOUR"...。



ギターってこういう風にも弾く事ができるんだと思った瞬間でした。
私の評価は85点。いい感じです、これ。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA Phoenix



PHOENIX / ASIA (2008)

01. Never Again
02. Nothing's Forever
03. Heroine
04. Sleeping Giant / No Way Back / reprise
05. Alibis
06. I Will Remember You
07. Shadow of a Doubt
08. Parallel Worlds / Vortex / Déyã
09. Wish I'd Known All Along
10. Orchard of Mines
11. Over and Over
12. An Extraordinary Life
13. I Will Remember You [acoustic remix]



ようやく聴くことができました!先日、日本国内でも発売になったオリジナルメンバーによるASIAの新アルバム!!彼らがクラシックロックと言われようと、私にとっては、永遠の輝きを放つ(大袈裟ですか?)グループです。再結成して日本にやって来た時は( 2007(平成19)年3月6日の記事で書きました。 )、同窓会的なもので、まさか、アルバムまで製作するとは思いませんでした。

プレーヤーにCDを乗せ、再生ボタンを押すと、私が彼らのアルバムを初めて聴いた時に感じたあの「ときめき」が、1曲目から私の脳内で爆発してしまいました。こんな瞬間って最近、ほとんどありません。かつての私の思い出、体験...そういうものが余計にそう思わせてしまったのかもしれませんけれど。

確かに彼らの声や演奏している音は、より大人に聴こえますが、1stアルバムを彷彿させ、2ndアルバムの荘厳さをより煌びやかに...そんなアルバムです。

"You are my HERO, All that matters to me..."

やっぱり、音楽っていいですね。

私の評価は88点。微妙~。

| 愛聴盤A | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE ALAN PARSONS PROJECT THE BEST OF THE ALAN PARSONS PROJECT



THE BEST OF THE ALAN PARSONS PROJECT / THE ALAN PARSONS PROJECT (1983)

01. I Wouldn't Want to Be Like You
02. Eye in the Sky
03. Games People Play
04. Time
05. Pyramania
06. You Don't Believe
07. Lucifer
08. Psychobabble
09. Damned If I Do
10. Don't Let It Show
11. Can't Take It With You
12. Old and Wise



本日は、我が家にあるTHE ALAN PARSONS PROJECTの1枚で、彼らの7枚目のアルバムです。彼らの曲を初めて聴いたのは、1984年...MTVがTV地上波で放映されていた頃で、その曲はこのアルバム未収録。思い出深いこの曲は、例によって例のサイトからです。

"Don't Answer Me"



曲の爽やかさと、アメリカンコミックの映像が不思議で何故か惹かれてしまいました。この頃から「プログレ」というジャンルの音楽があることを知り、私は少しずつですがのめり込んでいくのです...。

で、私が大学生の頃、アルバイトしていたレコード店にあったこのアルバム。入っている曲目も見ずに買ってしまったため、"Don't Answer Me"が入っていないのに気づいたのは、しばらく後でした。

私の評価は81点。

| 愛聴盤A | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AIR SUPPLY IT'S NOT TOO LATE~THE BEST OF AIR SUPPLY



IT'S NOT TOO LATE : THE BEST OF AIR SUPPLY / AIR SUPPLY (1992)

01. IT'S NOT TOO LATE
02. LOST IN LOVE
03. EVEN THE NIGHTS ARE BETTER
04. THE ONE THAT YOU LOVE
05. MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL
06. SWEET DREAMS
07. I'LL NEVER GET ENOUGH OF YOU
08. ALL OUT OF LOVE
09. EVERY WOMAN IN THE WORLD
10. HERE I AM
11. CHANCES
12. LATE AGAIN



本日も我が家のCDコレクションから。いやぁ、何故これが我が家にあるのか分からないです。ラブソングばっかりです。切なくなりたいときは、是非。

私の評価は82点。ベスト版としてはいい感じかも。

で、例のサイトから探してきましたが、埋め込むことができないので、リンク↓。

それにしてもアルバム出し過ぎ...。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ANTHRAX PERSISTENCE OF TIME



PERSISTENCE OF TIME / ANTHRAX (1990)

01. Time
02. Blood
03. Keep It In The Family
04. In My World
05. Gridlock
06. Intro To Reality
07. Belly Of The Beast
08. Got The Time (Joe Jackson's Cover)
09. H8 Red
10. One Man Stands
11. Protest And Survive
12. Discharge



本日も私のCDコレクションから。このCDは彼らの5枚目のもので、我が家に唯一あるものです。1度聴いてみたかったんですよね、当時は。

Anthrax=「炭疽菌」ですが、これは、メンバーが高校時代に受講した衛生学の講義から採ったようです。また、2001年、アメリカで炭疽菌を用いたテロ事件が発生した際には、バンド名の使用が問題視されたことも有名です。同時期にデビューしたメタリカ、メガデス、スレイヤーと共に4大スラッシュメタルバンドと称されていましたが、主要メンバーが抜けたりして活動が危うくなっていましたが、まだ活動は行っているようです。

私の評価は、81点。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ALICE IN CHAINS FACELIFT



FACELIFT / ALICE IN CHAINS (1990)

01. We Die Young
02. Man in the Box
03. Sea of Sorrow
04. Bleed the Freak
05. I Can't Remember
06. Love, Hate, Love
07. It Ain't Like That
08. Sunshine
09. Put You Down
10. Confusion
11. I Know Somethin (Bout You)
12. Real Thing




本日も私のCDコレクションから。1990年頃からロックの流れが色々と交差し、「オルタナティブ=alternative直訳すれば“代わりの、代用の、二者択一”」という言葉が音楽の世界に生まれました。Wikipediaによると...

現在の商業的な音楽や流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的なものを追い求める精神や、前衛的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽シーンのことである。しばしばロックの一ジャンルとして思われがちであるが、厳密にはジャンルではない。「alternative」とは英語で、通常「代わりの」「代用の」という意味であるが、「型にはまらない」という意味もある。本来は音楽的な特徴や性格をあらわす言葉としては使わないのが普通だが、この場合は後者の「型にはまらない」あるいは「既存のポップ・ミュージックの概念を打ち壊す」という意味で「alternative」が使われている。


で、このバンドを初めて聴いたのは、やはりMTVでした。その時のPVが強烈に印象に残っています。とにかく「暗い」。



私の評価は80点。暗くてもいい感じ!

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AC/DC THE RAZORS EDGE



THE RAZORS EDGE / AC/DC (1990)

01. Thunderstruck
02. Fire Your Guns
03. Moneytalks
04. Razor's Edge
05. Mistress for Christmas
06. Rock Your Heart Out
07. Are You Ready
08. Got You By the Balls
09. Shot of Love
10. Let's Make It
11. Goodbye and Good Riddance to Bad Luck
12. If You Dare



私のCDコレクションの中で、AC/DCのアルバムの中で唯一存在するものです。他のも色々聴きたいんですけれど、中々...。

1曲目のイントロからやられてしまいます。これは強烈。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AEROSMITH O, YEAH!


O, YEAH! / AEROSMITH (2002)

01. Mama Kin
02. Dream On
03. Same Old Song And Dance
04. Seasons Of Wither
05. Walk This Way
06. Big Ten Inch Record
07. Sweet Emotion
08. Last Child
09. Back In The Saddle
10. Draw The Line Remix
11. Dude (Looks Like A Lady)
12. Angel
13. Rag Doll
14. Janie's Got A Gun
15. Love In An Elevator
16. What It Takes
17. The Other Side
18. Livin' On The Edge
19. Cryin'
20. Amazing
21. Dueces Are Wild
22. Crazy
23. Falling In Love (Is Hard On The Knees)
24. Pink (The South Beach Mix)
25. I Don't Want To Miss A Thing
26. Jaded
27. Just Push Play (Radio Remix)
28. Walk This Way (Performed By Run-D.M.C.)
29. Girls Of Summer
30. Lay It Down
31. Train Kept A Rollin'
32. Toys In The Attic
33. Come Together
34. Theme From Spiderman



私のCDコレクションから。このCDは2枚組でAEROSMITHを知らない人で「聴いてみたいな!」と思う方にオススメです。日本版は34曲も入っているのでオトクやし。

これに「Rats In The Cellar」が何で入ってないのか不思議です...(ちなみに学生時代にコピーしてました)。

同じ時期に誕生したバンドでローリング・ストーンズも有名ですが、私はAEROSMITHが好きです。バカ騒ぎが好きだから?

彼らについての詳細はこちらのサイトで

私の評価は90点!オトクでっせ~。

| 愛聴盤A | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASIA AURORA









AURORA / ASIA (1986)

1. TOO LATE
2. RIDE EASY
3. DAYLIGHT
4. LYING TO YOURSELF

本日は、あと残り少なくなってきた私のレコードコレクションの中からです。過去にこのバンドのアルバムをご紹介してきましたが(2006年4月16日の記事2006年4月19日の記事2006年11月17日の記事)、現在となっては、本当に(?)希少価値なもので、日本だけでリリースされた4曲入りのミニアルバム(レコード)。A面1曲目以外の3曲は、シングルレコードのB面でその当時のアルバムに未収録の曲を集めたものです。

私の評価はもちろん95点!もうちょっと曲数を入れて欲しかったため減点10点。

ちなみに、2曲目は、シングル「HEAT OF THE MOMENT」のB面。3曲目はシングル「DON'T CRY」のB面。そして、4曲目は「THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES(嘘わりの微笑み)」。現在、デジタルで聴くことができるものは彼らのベストアルバム(輸入版)に入っているようです。

で、なんで「またASIAやのん?」というお声もあるかと思いますが、来年(2008年)5月に再び日本で彼らのステージを観る事ができるのです!何と彼らはスタジオアルバム(ニューアルバム)の製作に入っているとか...(詳細はASIA公式サイトで!)。

今年(2007年)3月6日の大阪厚生年金会館大ホールで彼らの再結成ステージを観て来ましたが、この時は「オリジナルメンバーが揃って日本に来るのは結成以来はじめて」という話題がありました...ご存知の方も多いと思いますが、このバンド、昔は人間関係がややこしかったのか、主要メンバーが抜けては入っての繰り返しで、レコードを録音したメンバーで来日したことは無かったんですね。当時はMTVが全盛期の頃で、日本でのステージが全世界に中継されるという時も、ボーカル・ベースのジョン・ウェットン氏が抜けて代役を立てられて、その後、ギターのスティーブ・ハウ氏も抜けて...。と、色々あった訳です。次回はどうなるのでしょうか?

ちょっと気になったので、本日ご紹介したアルバムの1曲目のギターリスト、マンディ・メイヤー氏を検索してみたら、現在もご活躍の様子です(Mandy Meyer 公式ページはこちらから)。

ちなみに今回のレコードジャケットは、これ↓。

Aurora01.jpg


Aurora02.jpg


| 愛聴盤A | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL DI MEOLA SPLENDIDO HOTEL



SPLENDIDO HOTEL / Al Di Meola (1980)

01. Alien Chase on Arabian Desert
02. Silent Story in Her Eyes
03. Roller Jubilee
04. Two to Tango
05. Al Di's Dream Theme
06. Dinner Music of the Gods
07. Splendido Sundance
08. I Can Tell
09. Spanish Eyes
10. Isfahan
11. Bianca's Midnight Lullaby



*******************************************************

もう少し我が家にはレコードがあるのですが、久々にCDコレクションからのご紹介です。以前、2006年4月15日の記事2006年7月7日の記事、そして、2006年7月23日の記事でもこの方のアルバムをご紹介しましたが、約1年半強ぶりですね。

このアルバムでは、エレクトリックな曲からアコースティックへと重みをおいている感じがします。アコースティックでもブリブリ弾いていらっしゃいますけれど。

輸入版で私はこれを購入しましたが、珍しくインナースリーブに「解説」があって(もちろん英語)、彼のデビュー当時の頃から80年代後半にかけての活動や言葉が書かれています。それによると...

"There was a time when I really wanted to become the fastest guitarist in the world", he recalls.

とあります。

でもこの人は、技術だけではありませんから。

私の評価は80点。

| 愛聴盤A | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT